大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

黒木華(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる源倫子とは。

2024年光る君へ

2024年大河ドラマ「光る君へ」で「源倫子ともこ」を演じるのは「黒木華」さんです。

「源倫子」はどんな女性なのか?彼女を演じるキャストの「黒木華」さんの大河ドラマや朝ドラ出演歴は?

数々の名作ドラマや映画でファンを魅了してきた「黒木華」さんの出演映画やTVドラマも紹介させていただきます。

さて、「光る君へ」は、雅で華麗な舞台に素敵なキャストの皆さんが導いてくれます。あなたが大好きなキャストは誰ですか?

もし見逃したなら「NHKオンデマンド」をチャンネル登録しイッキ見して下さい。

アマゾンを良く利用する方は貯まったポイントで「NHKオンデマンド」を利用すれば、実質無料でイッキ見できますね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

アマゾンをあまり利用しない大河ファンは【U-NEXT】

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

黒木華(キャスト)が「光る君へ」で演じる「源倫子」とは。

源倫子の生誕は、康保元年(964年)で天喜元年6月1日(1053年)に没しています。

平安時代中期の貴族女性で、後の権力者・藤原道長の正室になります。父は左大臣源雅信、母は藤原穆子。

宇多天皇のひ孫という血筋の良さで貴族の姫たちの中心人物です。想い人だった道長と結婚し、道長の出世を支えていきます。

源倫子とは?

左大臣源雅信の娘である源倫子はとても恵まれた環境で育ちました。お姫様で心に余裕があり頭のいい女性です。

紫式部(まひろ)が和歌を学んでいるサロンに参加したことで倫子はまひろと出会います。サロンは家柄のよいお嬢様方が集まる場所で「まひろ」には異質な場所です。

しかし、倫子はまひろにも平等に接します。和歌の読解力に引かれたようなセリフもあり、倫子にはない部分に興味を持ったのかも知れません。

さて、倫子は道長の正室になりますが、ドラマでは正室になるシーンは何話で描かれるかは現在では分かりません。

NHK公式では「打きゅう=ポロのような球技」をしている姿に一目ぼれとあります。柄本さんが演じる道長が打きゅうをしている映像がありましたね。

ともかく道長が出世するに伴って倫子も変わっていくと思いますし、まひろとの関係も面白くなっていくことでしょう。

黒木華が「光る君へ」で演じる「源倫子」の主な登場シーン。

第3話「謎の男」で登場。


華やかなサロンが描かれる、第3話「謎の男」で登場します。偏継(へんつぎ)カルタのシーンで、

源倫子
源倫子

すごーい!まひろさんは漢字がお得意なのね。
衛門のよいお相手になりそう。うふふ。

とのシーンです。ほめているのか嫌味なのかの本音は分かりませんが、黒木さんが演じているので心優しい姫君との印象が残りますね。

⇒「光る君へ」第3話「謎の男」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

まひろが左大臣・源雅信の屋敷を訪ねます。そこは雅信の娘である「源倫子」ら身分の高い姫君たちの遊びの場でもありました。

まひろの身分の低さに戸惑いを見せる姫たちでしたが、倫子はおおらかに招き入れるのです。

「光る君へ」に出演する他のキャスト一覧はこちら
大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト一覧&相関図。

黒木華とは。

母の影響で映画や芝居を幼い時から見て育った環境から兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められました。

そのことがきっかけで演技が好きになり、演劇の名門・追手門学院高等学校に進学し演劇部に所属します。

「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていました。

女優を志して演劇大学へ進学。自宅から通える京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学します。

女優デビュー。

2011年に「東京オアシス」にメインキャストとして映画デビューします。東京に生きる人々のふとした出会いと触れあいを描いたアンソロジードラマです。

黒木華は美術大学を目指している浪人生ヤスコを演じています。

U-NEXTで見放題です。

プロフィール。

名前は「華」と書いて「はる」と読みます。「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いがあります。

本名:黒木 華
生年月日:1990年3月14日
出身地:大阪府高槻市
身長:164cm
血液型:B型
活動期間:舞台デビュー2010年~
活動期間:映画デビュー2011年~
事務所:パパドゥ

黒木華の大河ドラマ出演作。

2016年:真田丸。

真田丸の主人公真田信繁の側室・梅を演じています。第13話「決戦」の上田合戦に巻き込まれて退場しました。

大河ドラマ初出演です。梅は平民の娘でとても優しい心を持っていますが、実は気も強い女性です。

第13話「決戦」シーンは「NHKオンデマンド」でぜひ見て欲しいですね。

大河ドラマ2016年「真田丸」のキャスト一覧。

2018年:西郷どん

西郷の三番目の妻・糸を演じています。

黒木華の朝ドラ出演作。

2012年:純と愛

役:田辺千香

2014年:花子とアン

役:安東かよ

黒木華のおすすめ映画は。

2016年:海賊と呼ばれた男

公開:2016年12月10日、東宝
役:小川初美

「U-NEXT」で見放題「映画とテレビドラマ」おすすめの作品一覧。

まとめ。

黒木華が「光る君へ」を演じる演技に、多くの大河ファンが注目していると思います。

黒木華のイメージは派手さはなく、どちらかと言えば“地味”ですが、温かみや素朴さを感じる“和風美人”ですよね。

しかし、「芯が強く意志を貫くまっすぐさ」「人間としての器量の大きさ」を感じさせるような品位を持っているので「源倫子」とリンクしますよね。

今回の「光る君へ」で黒木華の上級お姫様を早く見たいですね。大河ドラマは三度目の出演で初出演した時の「梅」役でも芯がしっかりした女性でした。

確実に実力をつけ女優さんとして光り輝いている黒木華と主人公のまひろを演じる吉田由里子さんとの息のあった演技を魅せてくれるでしょう。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2024年光る君へ
大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。
U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました