青天を衝けはいよいよ明治編です。

2021年青天を衝(つ)け

2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第28話「篤太夫と八百万の神」の視聴後の感想。

青天を衝け第28話「篤太夫と八百万(よろず)の神」視聴後の感想です。 慶喜のいる駿府で銀行と証券会社を兼ねた商工会議所を作り、産業を発達させようとした篤太夫です。 そこに篤太夫のフランスでの実績をうわさに聞きつけた明治政府が篤太夫を呼び...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第27話「篤太夫、駿府で励む」視聴後の感想。太政官札とは?

青天を衝け第27話「篤太夫、駿府で励む」で、その視聴後の感想です。 駿府にとどまった篤太夫は、駿府藩の財政を立て直すため、『コンパニ―』なるものを作ろうと必死に努力します。 その背景にあるのは、徳川幕府が消滅したために路頭に迷う多くの旧...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第26話「篤太夫、再会する」の視聴後の感想。

青天を衝け第26話「篤太夫、再会する」のあらすじと感想です。 血洗島に帰ってきた篤太夫の内面を探りながら、この時代では当然と思われていた女性は「家内」を守ることを橋本愛さんが篤太夫の妻「千代」で演じていますよね。 第26話ではあえてこの...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第25話「篤太夫、帰国する」視聴後の感想。

青天を衝け第25話「篤太夫、帰国する」のあらすじと視聴後の感想です。 1868年、ようやく渋沢篤太夫と徳川昭武は横浜に帰国しました。 しかし、そこに待っていたのは、消滅した幕府と、戊辰戦争によって変わり果てた世の中、東京と名を変えた江戸...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第24話「パリの御一新」視聴後の感想。そして戊辰戦争とは?

青天を衝け第24話「パリの御一新」のあらすじと感想です。遂に戊辰戦争勃発ですね。 「青天を衝け」は明治維新に入りました。慶応4年明治元年(1868年)です。 フランスの日本に対する借款も無くなり、幕府財政が貧窮する中でも、なんとか篤太夫...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」のあらすじと感想。大政奉還。

青天を衝け第23話「篤太夫と最後の将軍」のあらすじと感想です。第23話は遂に大政奉還の週でした。 フランスから幕府への借款が立ち消えとなり、窮乏している幕府の財政の中でどのように留学を続けるか四苦八苦し続ける篤太夫。 一方日本で...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第22話「篤太夫、パリへ」の感想。パリ万博使節団とは?

青天を衝け第22話「篤太夫、パリへ」のパリ万博使節団とは?のあらすじと感想です。  いよいよ慶喜の命令を受けて、パリに留学することになった渋沢篤太夫。 万博で蒸気機関・エレベーターなど様々なものに関心を示しつつも、展覧会に日本=...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第21話「篤太夫、遠き道へ」のあらすじと視聴後の感想。

青天を衝け第21話「篤太夫、遠き道へ」のあらすじと感想です。 (今週の注目スポットは東照大権現様の遺訓を篤太夫と慶喜が合唱するカットですね) 慶喜が徳川幕府第15代将軍に就任する中で、篤太夫は上様の弟・昭武の名代としてフランスに...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第20話「篤太夫、青天の霹靂」のあらすじと感想。

青天を衝け第20話「篤太夫、青天の霹靂」のあらすじと感想です。 第14代将軍・徳川家茂は脚気衝心で倒れ、慶喜に自分に本音を打ち明け、後のことを頼む形で世を去ることになりました。 渋沢栄一は慶喜が次期将軍になるのを必死に止めようと...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第19話「勘定組頭渋沢篤太夫」のあらすじと視聴後の感想。

青天を衝け第19話「勘定組頭渋沢篤太夫」のあらすじと視聴後の感想です。 渋沢篤太夫は一橋家の勘定組頭となり、一橋家の財政を立て直すために、銀札の作成や銀札交換所の設立などを行います。 現在の紙幣やクーポン券にもつながる銀札の発想...
タイトルとURLをコピーしました