三谷幸喜の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」放送開始。

2021年青天を衝(つ)け

スポンサーリンク
2021年青天を衝(つ)け

朝倉あきが「青天を衝け」で演じる大隈綾子とは?

大河ドラマ2021年「青天を衝け」の明治編で朝倉あきが演じるの大隈重信の妻・大隈綾子です。 主人公の栄一が明治政府に出仕するきっかけを作ったのは、大隈重信でした。その大隈の妻が大隈綾子です。 綾子は、気が短く頑固な夫をいつもそばで献身的...
2021年青天を衝(つ)け

橋本愛が大河ドラマ「青天を衝け」で演じる千代とは?

大河ドラマ『青天を衝け』で、橋本愛が演じるは主人公・渋沢栄一と同郷の千代です。 同じ武蔵の豪農の生まれとして、地縁血縁で結婚し、渋沢栄一が志士を志して家を飛び出した時も、文句の一つも言わずに必死に家を守り続けようとした栄一の妻・千代。 ...
2021年青天を衝(つ)け

大島優子が大河ドラマ2021「青天を衝け」に初主演する役は?

大河ドラマ2021「青天を衝け」に栄一と深い関係の役柄で出演する大島優子。 なんと大河ドラマは初出演なんですね。 明治政府の下で働いていた栄一ですが、やがて政府の元を去り、在野で商工会議所を設立するなどの形で、明治日本の経済の発展に努め...
2021年青天を衝(つ)け

吉沢亮が大河ドラマ「青天を衝け」で演じる渋沢栄一とは?

大河ドラマ2021年「青天を衝け」の主人公は渋沢栄一です。吉沢亮さんが演じています。 渋沢栄一は武蔵の農村地主の生まれでありながら、やがて幕臣に取り立てられ、ヨーロッパにも留学し、幕府の財政を支えました。 明治維新後はその経験を買われて...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第29話で「志尊淳」が演じた杉浦愛蔵の郵便制度とは?。

いよいよ武士としての名前であった篤太夫の名を捨て、再び栄一と名乗った渋沢栄一。 『改正係』を設立し、『日本郵便の父』と呼ばれた前島密の他、杉浦愛蔵(志尊淳)などの元幕臣を呼び寄せ、経済の発展に貢献していきます。 今回紹介するのは、杉浦愛...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第28話「篤太夫と八百万の神」の視聴後の感想。

青天を衝け第28話「篤太夫と八百万(よろず)の神」視聴後の感想です。 慶喜のいる駿府で銀行と証券会社を兼ねた商工会議所を作り、産業を発達させようとした篤太夫です。 そこに篤太夫のフランスでの実績をうわさに聞きつけた明治政府が篤太夫を呼び...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第27話「篤太夫、駿府で励む」視聴後の感想。太政官札とは?

青天を衝け第27話「篤太夫、駿府で励む」で、その視聴後の感想です。 駿府にとどまった篤太夫は、駿府藩の財政を立て直すため、『コンパニ―』なるものを作ろうと必死に努力します。 その背景にあるのは、徳川幕府が消滅したために路頭に迷う多くの旧...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第26話「篤太夫、再会する」の視聴後の感想。

青天を衝け第26話「篤太夫、再会する」のあらすじと感想です。 血洗島に帰ってきた篤太夫の内面を探りながら、この時代では当然と思われていた女性は「家内」を守ることを橋本愛さんが篤太夫の妻「千代」で演じていますよね。 第26話ではあえてこの...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第25話「篤太夫、帰国する」視聴後の感想。

青天を衝け第25話「篤太夫、帰国する」のあらすじと視聴後の感想です。 1868年、ようやく渋沢篤太夫と徳川昭武は横浜に帰国しました。 しかし、そこに待っていたのは、消滅した幕府と、戊辰戦争によって変わり果てた世の中、東京と名を変えた江戸...
2021年青天を衝(つ)け

青天を衝け第24話「パリの御一新」視聴後の感想。そして戊辰戦争とは?

青天を衝け第24話「パリの御一新」のあらすじと感想です。遂に戊辰戦争勃発ですね。 「青天を衝け」は明治維新に入りました。慶応4年明治元年(1868年)です。 フランスの日本に対する借款も無くなり、幕府財政が貧窮する中でも、なんとか篤太夫...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました