8月7日の放送は第30話は「全成の確率」です。
「鎌倉殿の13人」は“予測不能”のエンターテイメント大河。

見逃し配信は「NHKオンデマンド」。

見逃し配信は31日間無料【U-NEXT】のNHKオンデマンド

大河ドラマ倶楽部。

Pocket

大河ドラマ倶楽部は大河ドラマのあらすじとキャストを紹介しています。

2022年の大河ドラマは「鎌倉殿の13人」で、時代は平安時代後期から鎌倉時代初期です。

大泉洋さんが演じる鎌倉幕府初代将軍・源頼朝から統治のすべてを学んだのが小栗旬さんが演じる二代目執権・北条義時です。

義時は武士の世を盤石にし鎌倉幕府を築き上げた人物です。ドラマは義時の生き様と彼の周囲の人々を描き出しています。

脚本は『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けています。

大河ドラマを視聴して日本史に興味を持ち、演じるキャストさんから史実の歴史人物をもっと詳しく知りたくなった方も多いと思います。

さて、8月7日の放送は第30話は「全成の確率」です。義時の変化に注視しながら視聴していきましょう。

大河ドラマ2022年は「鎌倉殿の13人」

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のことです。「13人」とは頼朝亡き後に幕府運営の為に作られた制度です。

主人公の北条義時は、頼朝が落馬で命を落とす26話までは野心とは無縁だった北条家の次男坊でした。

しかし、2代目の鎌倉殿は頼家に移ります。頼朝亡き後の若き2代目鎌倉殿の苦悩を金子大地が演じています。

27話以降は義時がいかにして武士の頂点に上り詰めるのか?新都・鎌倉を舞台に、13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げていきます。

北条義時が宿老たちを束ね、鎌倉殿の13人で最後まで残るのが義時と栗原英雄さんが演じている「大江広元」なのです。

「鎌倉殿の13人」のあらすじ(ネタバレ)とキャスト一覧。

脚本の三谷幸喜は2004年「新選組!」、2016年「真田丸」に続く6年ぶり3作目となります。

小栗旬は8作目にして大河初主演です。

三谷さんは誰もが知る歴史上の人物ではなくそれでも日本史として重要な役割を果たし人物にスポットを当て書いてくれるのでとても勉強になりますよね。

前回の2016年に放送した「真田丸」も真田家の武将たちにスポットを当ててくれました。

三谷幸喜さんが描いた前作「真田丸」の「天正壬午の乱」も「本能寺の変」の後、関東の武士たちの勢力図を細かく分析し描いていました。

歴史的な重要人物だけでない武将も取り上げ歴史の深さを教えてくれましたね。

「鎌倉殿の13人」のあらすじ。

7月3日の「鎌倉殿の13人」第26話「悲しむ前に」では静かな頼朝の最期が政子と一緒に描かれました。

「鎌倉殿の13人」の長い、長い序曲が終わり御家人たちの権力争いが27話から始まります。

7月31日の「鎌倉殿の13人」は⇒第29話「ままならぬ玉」です。

「鎌倉殿の13人」のオールキャスト。

「鎌倉殿の13人」の13人って誰?。

さて、大河ファンは地上波なら夜8時はNHKだと思います。

でも、友人からの誘いや外せない用事で出かけ録画を忘れることってあると思います。

その場合NHKプラスで1週間なら再視聴できますが「NHKオンデマンド」なら1週間経過しても視聴できます。

ただ、「NHKオンデマンド」は有料で月額990円です。「視聴方法」はアマゾンプライムビデオ経由とU-NEXT経由の二つあります。

アマゾンプライムビデオ(月額500円)経由の「NHKオンデマンド」は30日間無料です。

アマゾンプライムビデオで大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を視聴する。

U-NEXT(月額1200円)経由の「NHKオンデマンド」は31日間無料です。

「鎌倉殿の13人」を見逃したなら「U-NEXT」でまずは無料で視聴!

先ずは無料期間内で大河ドラマをイッキ見しましょう。

大河ドラマ2021年は「青天を衝け」

2021年放送の「青天を衝け」吉沢亮さんが91歳までの渋沢栄一を演じました。座長としてご苦労さまでした。

青天を衝けのあらすじ一覧

注目
「青天を衝(つ)け」視聴後の感想一覧。
「青天を衝け」の各話のあらすじ一覧です。

2021年はオリンピック、パラリンピックの開催で9月12日から放送が再開しました。

明治編からでした。

「青天を衝け」を1話から一覧で紹介しています。

「青天を衝け」のキャストを一覧で紹介しています。

「青天を衝け」のキャスト徳川慶喜を草彅剛が演じています。

第20話では慶喜が第15代将軍となりました。第23話ではついに「大政奉還」です。

このあと、栄一だけでなく慶喜の人生も大きく変わっていきます。そして慶喜の晩年まで青天を衝けでは描いてくれました。

青天を衝けのキャスト一覧。

注目
2021年大河ドラマ「青天を衝(つ)け」のキャスト一覧。
2021年の大河ドラマは吉沢亮さんが演じる渋沢栄一の一生を描いています。 江戸幕府15代将軍徳川慶喜は草なぎ剛が演じました。

大河ドラマ2020年は「麒麟がくる」

戦国時代を代表する武将と言えば織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ですよね。

その時代、信長の側に光秀がいなかったなら?

明智光秀の人生を少し角度を変え放送した「麒麟がくる」は最高峰の大河ドラマでした。

「麒麟がくる」あらすじ一覧。

おすすめ
大河ドラマ2020年「麒麟がくる」のあらすじと感想まとめ一覧。

「麒麟がくる」女性キャスト一覧。

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の“女性キャスト”一覧

「麒麟がくる」男性キャスト一覧。

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の“男性キャスト”一覧

麒麟ロスになった大河ファンはぜひ再視聴を!

大河ドラマ2019年は「いだてん」

大河ドラマ2018年は「西郷どん」

大河ドラマ2017年は「おんな城主直虎」

大河ドラマ2016年は「真田丸」

2016年の大河ドラマは「真田丸」です。12月18日の第50話をもってついに完結しましたが、しばらく「真田ロス」になっていましたね。

脚本は三谷幸喜さんで、原作なしのオリジナル作品です。主人公は大河ドラマでは初となる真田信繁(幸村)で演じた堺雅人が大好きになりました。

タイトルの「真田丸」は大坂の陣で信繁が築いたと言われる出城「真田丸」に由来しています。

大河ドラマ2016年「真田丸」キャスト一覧。

大河ドラマ2015年は「花燃ゆ」

大河ドラマ2008年は「篤姫」

大河ドラマ歴代のキャスト。

竹内結子は大河ドラマ2016「真田丸」で茶々を演じた。しかし・・・
大河ドラマ「歴代の秀吉」。2002年「利家とまつ」は香川照之。
大河ドラマ「歴代の秀吉」。2006年「功名が辻」は柄本明。
大河ドラマ「歴代の秀吉」。2009年「天地人」は笹野高史。
大河ドラマ「歴代の秀吉」。2011年「江~姫たちの戦国」は岸谷五郎。
大河ドラマ「歴代の秀吉」。2014年「軍師官兵衛」は竹中直人。
大河ドラマ「歴代のキャスト茶々(淀殿)」を演じた女優一覧。
大河ドラマ「歴代の秀吉」2016年「真田丸」は小日向文世。
永作博美は大河ドラマ2006年「功名が辻」で茶々を演じる。

茶々はその時代の活躍女優が必ずキャスティングされていますよね。

その「茶々を演じた女優人」を一覧で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました