2023年大河ドラマ「どうする家康」のキャスト一覧

大河ドラマ2023年「どうする家康」のあらすじ(ネタバレ)と感想一覧。

2023年どうする家康
Pocket

大河ドラマ2023年「どうする家康」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場するキャストを一覧(まとめ)でお届けします。

「どうする家康」は、誰もがしる歴史上の有名人・徳川家康の生涯を、人気脚本家・古沢良太氏が新たな視点で描く波乱万丈のエンターテイメント作品です。

国を失い、父を亡くし、母とも離された少年・竹千代は、今川家の人質としてひっそりと生涯を終えるはずでした。

しかし、故郷・三河の家臣たちの熱意に突き動かされて戦国の乱世に飛び込むことになりました。

織田信長・武田信玄・豊臣秀吉…戦国の化け物たちが暴れまわる中で、家康が持っているのは個性派揃いの家臣だけ。

生きるか死ぬかのピンチの連続!核となるテーマは夫婦であり、家族です。

一人の弱き少年が乱世を終わらせた奇跡と希望の物語「どうする家康」。スピード感あふれるエンターテイメント作品の幕開けです。

第1話の放送は2023年1月8日。

次回の放送は2月5日⇒「どうする家康」第5話「瀬名奪還作戦」です。駿府の今川氏真にもてあそばれている「瀬名」を元康は救出することができるのか?

新たなキャストも登場します。

どうする家康」は室町時代後期から江戸時代までを描いています。

大河ドラマ2023年「どうする家康」のあらすじ(ネタバレ)まとめ。

「どうする家康」第6話「」のあらすじ(ネタバレ)と感想。
「どうする家康」第5話「瀬名奪還作戦」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。
注目
「どうする家康」第4話「清須でどうする」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。
木下藤吉郎初登場、お市の方も初登場です。
注目
「どうする家康」第3話「三河平定戦」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。
家康の伯父・水野信元が登場。家康の母・於大が家康と対面する。
注目
「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。
元康が覚醒。本多忠勝とのシーンに注目です。家康第一回の切腹(自害)シーン。
注目
「どうする家康」第1話「どうする桶狭間」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして退場キャストは。
始まりました。どうする家康。今川義元討ち死に。

「どうする家康」第5話「瀬名奪還作戦」のあらすじ(ネタバレ)

放送:2月5日
視聴率:

「どうする家康」第5話「瀬名奪還作戦」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。

「どうする家康」第4話「清須でどうする」のあらすじ(ネタバレ)

放送:1月29日
視聴率:13.9%(▼0.9%)

「どうする家康」第4話「清須でどうする」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。

「どうする家康」第3話「三河平定戦」のあらすじ(ネタバレ)

放送:1月22日
視聴率:14・8%(▼0.5%)

「どうする家康」の第3話「三河平定戦」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ(ネタバレ)。

放送:1月15日
視聴率:15.3%(▼0.1%)

「どうする家康」の第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ(ネタバレ)

「どうする家康」第1話「どうする桶狭間」のあらすじ(ネタバレ)。

放送:1月8日
視聴率:15.4%

時代は戦国時代。

今川家の人質で松平元康と名乗っていた幼少時代から始まり、ある日、心優しい「瀬名」と恋に落ちるのです。

祝言をあげ、楽しい生活でしたが、一変してしまいます。織田信長が領地に攻め込んできたのです。

第1話からどうする家康!です。

第1話「どうする桶狭間」のあらすじ(ネタバレ)

さて、「どうする家康」の見逃し配信は、 NHKプラスで1週間なら再視聴でき、「NHKオンデマンド」なら1週間経過しても視聴できます。

その「NHKオンデマンド」の視聴は「アマゾンプライムビデオ」と「U-NEXT」の二つがあります。

アマゾンプライムビデオ(月額500円)経由の「NHKオンデマンド」は30日間無料です。

詳しくはアマゾンプライムビデオで大河ドラマ「どうする家康」を視聴する。

ただ、「NHKオンデマンド」は有料で月額990円です。

U-NEXT(月額2189円税込み)経由の「NHKオンデマンド」は31日間無料で、ポイントを利用すれば「NHKオンデマンド」は実質無料です。

詳しくは「どうする家康」を見逃したなら「U-NEXT」でまずは無料で視聴!

どちらかに決めて見逃し配信で「どうする家康」を再視聴しましょう。

大河ドラマ2023年「どうする家康」演出スタッフ。

脚本は古沢良太。

脚本はいま最も期待されている古沢良太が新たな視点で描く大河ドラマです。

ちなみに私が好きな古澤作品代表作は「ALWAYS 三丁目」シリーズです。

ALWAYS 三丁目の夕日:(2005年)

 

プライムビデオで視聴⇒「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 続・三丁目の夕日:(2007年)

 

プライムビデオで視聴⇒「ALWAYS続・ 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日’64:(2012年)

 

プライムビデオで視聴⇒「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

古沢 良太のプロフィール。

古沢良太(こさわりょうた)
誕生日:1973年8月6日
出身地:神奈川県厚木市
テレビドラマ: 『ゴンゾウ 伝説の刑事』 『外事警察』 『相棒』 『鈴木先生』 『リーガル・ハイ』 『デート〜恋とはどんなものかしら〜』 『コンフィデンスマンJP』

映画:『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ 、『キサラギ』、 『探偵はBARにいる』シリーズ 、『コンフィデンスマンJP』シリーズ

アニメ:『GREAT PRETENDER』

2002年、28歳の時に『アシ!』で第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞しデビューしました。

タイトルとURLをコピーしました