大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト。

2023年どうする家康

2023年大河ドラマ「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」のあらすじ(ネタバレ)感想と主なキャストをお届けします。

先週の「どうする家康」は第23話「瀬名、覚醒」でした。武田の患者・千代が瀬名の築山へ出入りするシーンが描かれていました。

信長の娘・五徳が信長へ密告する文も「ちくやま」の文字にアップするなど築山事件へのプロローグでした。

さて、第24話「築山へ集ゑ!」は、

  • 家康が瀬名の謀反計画を知る。
  • 信長が家康に命を出す。
  • 瀬名の覚悟
  • 於愛の無邪気さ

が描かれます。

瀬名と信康が各地に密書を送り、武田方をはじめ多くの者が築山を訪ねていることを知った家康。信長に伝われば、命より大事な妻子を失うことになります。

苦悶の末、家康は数正らと共に築山へと踏み込みますが、瀬名は、家康が来るのを待ち構えていたのです。

内々に進めていた途方もない計画を明かした瀬名は、「同じ夢を見てほしい」と訴えますが、それに対して家康は・・・24話も「どうする家康」の連続です。

項目 内容
2023大河ドラマ どうする家康
放送話 第24話
放送日 2023年6月25日(日)
週タイトル 築山へ集ゑ!
視聴率 10.0%(先週比:▼0.2%)

さて、「どうする家康」は家康(リーダー)と家臣達(部下)との絆を描いた物語とも言えます。

個性的な家臣達(部下)をどう活かすのか?「リーダー」であるあなたも共感していると思います。

もう一度「どうする家康」を再視聴し「リーダーとは」を知って下さい

そこで、あなたがアマゾンプライム会員なら、アマゾンのNHKオンデマンドがお得です。
「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画)

アマゾンを利用していない方はU-NEXTのNHKオンデマンドです。

大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」のキャスト。

出演者 松本潤(役:徳川家康)
  阿部寛(役:武田信玄)
  有村架純(役:瀬名)
  細田佳央太(役:徳川信康)
  久保史緒里(役:五徳)
  立川談春(役:佐久間信盛)
  松本まりか(役:女大鼠)
  山田孝之(役:服部半蔵)
  眞栄田郷敦(役:武田勝頼)
  板垣李光人(役:井伊直政)
  大森南朋(役:酒井忠次)
  松重豊(役:石川数正)
  山田裕貴(役:本多忠勝)
  杉野遥亮(役:榊原康政)
  古川琴音(役:千代)
  岡田准一(役:織田信長)
  北川景子(役:お市)
  ムロツヨシ(役:秀吉)
  古田新太(役:足利義昭)
  中村勘九郎 (役:茶屋四郎次郎 )
  大貫勇輔 (役:浅井長政)
  酒向芳 (明智光秀)
  音尾琢真(役:鳥居元忠)
  岡部大(役:平岩親吉)
  小手伸也(役:大久保忠世)
  甲本雅裕(役:夏目広次)
  広瀬アリス(役:於愛の方)
  田辺誠一(役:穴山梅雪(信君))
  野村萬斎(役:今川義元)
  溝端淳平(役:今川氏真)
  志田未来(役:糸)
  関水渚(役:お田鶴)
   
脚本 古沢良太 

大河ドラマ2023年「どうする家康」のキャスト一覧。

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」のあらすじ。

天正4年(1576年)冬

築山に関する悪い噂が家康の耳に届き、家康は動揺しています。石川数正はその噂を信長が知っていると感じ取っていました。

そんな時、信長から鷹狩の誘いがきました。

天正5年(1577年)春

家康は左衛門尉と数正とともに、築山を探らせていた服部半蔵から報告を受けていました。

第24話「築山へ集ゑ」イントロ。

幸せになるために奪い合うという考えが腑に落ちない瀬名は、ある壮大な計画を思いつきます。

「すべてをかけてそれを成す覚悟が出来ている」と、その計画の子細を信康に話し、信康もそれに心から賛同しました。

「世のこと、国のこと、この先の夢のことを語り合いたい」という瀬名の出す密書は瞬く間に広がり、「築山へ集い給へ」という言葉にこたえるものも出てきました。

やがて、瀬名の想いは滅敬(穴山)や千代の心をも動かし、壮大な『はかりごと』は動き出したのです。

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」のネタバレ。

「民の声を広くお聞きになるためにお作りになられた憩いの地「築山」。

しかし、今は怪しげな連湯が蠢く謀略の地なのでは」と言われるほどに、閉鎖された空間となってしまった「築山」。

変わり果てた「築山」を攻撃するために武装した家康と家臣たちが大樹寺に集まっています。

信長の警告。

信康も築山に入り浸っていると聞いても、家康の中には『信じたい』という気持ちが大きいのが見て知れました。

ただ数正の「信じれば物事が落着するものではござらぬ」という言葉も尤(もっと)もですよね。

そして流石、信長は見事に『お見通し』でした。家康を鷹狩りに呼び出し「五徳がいろいろ申しておる」とおもむろに切り出すのです。

嘘をつきとおす家康に「水野のようなことは。あれで最後にしたいものじゃ」と最大級の警告を与えます。

信長の怖さと、なんとしても家康を自分の傍においておきたい気持ちが感じられたシーンでした。

岡田准一が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるキャストは織田信長。

築山に集る人々。

そして、久々に登場の大鼠!大鼠の傍聴で築山に出入りしている人物が家康に伝わります。於大とその夫の久松、氏真と妻の糸…。ここまでくれば家康もほっておくわけにはいきません。

家康は数正と左衛門尉を連れ築山へと突入します。そこでは、瀬名と信康は家康たちを迎えるように待っていました。

2人の表情には、家康らの来訪を恐れる様子もなければ、その場を取り繕おうとする様子もありません。

松本潤が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるキャストは徳川家康。

築山に梅雪と千代が。

家康らの前には瀬名と信康の他に敵側(武田側)の穴山梅雪と千代がいました。梅雪は「確かに拙者、奥方様をたぶらかすつもりでここに参りました。

と言い、「逆にたぶらかされたのは拙者の方でございまして」「どうか、奥方様のお考えをお聞きくだされ」と丁重な姿勢を家康に見せるのでした。

田辺誠一が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じる「穴山梅雪」とは。

瀬名の謀。

乗り込んだ家康に話された、瀬名の壮大な「はかりごと」は、端的に言ってしまえば貿易をしようというもの。

『奪い合うのではなく与えあう』しかし、そんな簡単に事は進まないと数正は言います。互いに恨みを持っているのだから…という説は確かに一理あります。

しかし、恨みはあってももう誰も殺したくないという信康の言い分も尤もですし、

久松の「恨みなど捨ててしまえばいい。そのものは何も生み出さない。このはかりごとになら命を捧げられる」という言葉が印象的でした。

事実、平和へ向かう「心弾むはかりごと」ゆえに、このはかりごとに参加した人々の表情は信康はじめ皆穏やかでした。

細田佳央太が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるキャストは「徳川信康」

武田勝頼の武士道。

しかし、勝頼は違ったのです。

仲間になったふりをして、頃合いを見てこの計画をぶちまけ、徳川と織田を一気に潰すという策を1人温め、そして実行しようとしています。

勝頼は「おなごのままごとのごとき諜にはのれん。仲良く手を取って生き延びるくらいなら、戦い続けて死にたい」と驚くほどに『自分のお気持ち最優先』でした。

人心が離れても構わないと言い「わが夢は父がなしえなかったことを成すこと。天下を手に入れ武田信玄を超えることのみじゃ」と話す勝頼。

見えているのは民でもなんでもなく『父よりもすごい自分』。そのためなら、民がどんなに苦しもうがかまわない。と思っているのでしょうか?

でも当時の武士の精神はこの勝頼でしょう。

眞榮田郷敦が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるキャストは「武田四郎勝頼」(初出演)

信玄はあの世で、どんな気持ちで今の勝頼を見ているのだろうかと切なくなりました。

自分を超させるために勝頼を育てたわけでなく、成しえて欲しいことがあったからその志を託したはずだったのに…。

そんな勝頼を見つめる千代の表情が、諦めと落胆、そして怒りが入り混じった複雑なものに見えたのが印象的でした。

古川琴音が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるキャストは「謎の女・千代」(大河初出演)

エンディング近くで家康の一家が家族とともに過ごすシーンがあります。これまで以上に平穏で幸せなものに映っていました。

「どうする家康」の家康は心優しい家康で、家族とのシーンは家康本来の姿なのでしょう。脚本家の古沢さんはそんな家康を描きたかったようです。

弱い心をそのまま受け入れてくれる瀬名の前で、家康は瀬名と同じ夢を見ることに決めたのか。

「どうする家康」のあらすじまとめはこちらです。

大河ドラマ2023年「どうする家康」のあらすじ(ネタバレ)と感想のまとめ一覧。

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」の見逃し配信は?

アマゾンでお買い物をする大河ファンは、貯まったポイントで「どうする家康」を視聴しましょう。

アマゾンプライムビデオで大河を観る

アマゾン(amazon)プライムビデオで大河ドラマを視聴する。(無料動画/見逃し配信)

  • アマゾンプライムは30日間無料です。無料期間中に「どうする家康」を観よう!!

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」の紀行。

そして、今週は細田さんと板垣さんが掛川市の高天神城跡を訪れていましたね。

掛川市には掛川城もありますから、愛知県の旅なら・・・
ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)

「どうする家康」第24話「築山へ集ゑ!」の感想。

毎話、役者さんの技量がひしめき合う凄い回ではありますが、24話はやはり瀬名役の有村架純さんが印象に残りましたね。

瀬名が落ち着いて事を進めれば進めるほど勝頼のプライドを刺激するし、徳川一門には瀬名のすばらしさが浸透します。

そして同時に、どこかで「しょせんおなごのままごと・絵空事」という雰囲気も醸し出さなければいけません。

悪女と言われた築山殿を古沢さんの新解釈で演技した有村架純。とても難しいことだと思うのですが、見事に演じられていましたね!

有村架純さんと松本潤さんの初共演は2014年。ドラマで兄妹役を演じ得られていました。当時は、松本潤さんが30歳で有村架純さんが21歳。

そこから9年。なんと立派な女優さんになられたのかと感動もひとしおでした!

有村架純が大河初出演の「どうする家康」で演じるキャスト瀬名(築山殿)とは?

視聴者の感想。

引用:ヤッフーニュース。

自分も幼い頃から大河を観てきましたが、子ども時代の記憶はたった一度観ただけでも深く刻まれることがあります。

それだけに今回の大河の描いている時代感覚、人々の価値観などが誤って子どもたちに伝わらないといいなと思います。

戦国時代には、戦国時代の正義があり人間愛があり、今の人が見れば違うと思うかもしれないけど、そうだったのだと知ることも大切です。

平和を強く望む今、また女性の声が今以上に小さかったあの時代に、こんな発想ができた女性がいたとしたら凄いですし、

セリフとして少し挟むのはいいのかもしれませんが、夫の家康も夫の家臣も、更には瀬名に会ったこともない武田勝頼までもが(途中までですが)いとも簡単に説得されるのは非現実的過ぎました。

今回の描き方はあまりに幼かったと感じました。

引用:ヤッフーニュース

個人的には こういうファンタジーというか、お花畑的な展開は好きじゃない。 史実に近いもっとドロドロの人間ドラマが見たかった。

特に瀬名とか美化されすぎている。 まぁ、キャスティング見た時からこうなるんだろうなとは想像できたけども。有村架純も演技の幅を広げるためには挑戦させるべきだったと思う。

まとめ。

次週は第25話「はるかに遠い夢」です。

勝頼の手で暴かれた、瀬名と信康の計画。それはやがて信長の知るところとなります。2人の始末をつけなければ織田と戦になる展開。

それでも家康は信長の目をあざむき、妻子を逃がそうと決意するというストーリー。

瀬名自ら五徳に「責任は全て姑(瀬名)」にあると手紙に書かせるなど、新解釈の「築山殿事件」が見られそうです。

家康の悲痛な鳴き声がこだましていて、それだけでも胸が張り裂けそう。タイトルからしても、後の家康に大きく影響する出来事になるであろう「はるかに遠い夢」。

楽しみです!

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2023年どうする家康
大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。
U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました