大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

音尾琢真(キャスト)が「どうする家康」で演じるは鳥居元忠。

2023年どうする家康

2023年大河ドラマ「どうする家康」で「鳥居元忠」を演じるキャスト音尾琢真と「鳥居元忠」を紹介します。

鳥居元忠と言えば、人質時代から家康に付き従い生涯を通して主君を守り続ける忠義者です。

「血天井」でも有名ですよね。命をかけて家康に仕えた鳥居元忠を、音尾琢真さんがどう演じていくのかが楽しみです。

さて、「どうする家康」の見どころは各キャストの役の活躍ですね。

「リーダー」のあなたも共感することってないですか?もし大好きなキャストを見逃したなら・・・

アマゾン(amazon)プライムの会員の方はチャンネル「NHKオンデマンド」を購入して観て下さいね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

U-NEXTの会員の方も同じくチャンネル「NHKオンデマンド」を購入して観て下さいね。

大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXTのNHKオンデマンド。

音尾琢真が「どうする家康」で演じるキャストは鳥居元忠。

徳川家の家臣団の一人です。第1話「どうする桶狭間」から登場しています。

「どうする家康」第1話から登場となった鳥居元忠。音尾さんの演技からはとっても明るい忠義者というイメージが伝わってきましたよね。

設定としても「徳川ラブ」となっています。

田舎の優しい青年、というイメージを受けましたが、この鳥居元忠、実はかなりの強者で、戦場ではスイッチが入ったように活躍を見せます。

三方が原の戦いで傷を負い、足に障害を抱えますが、その後も合戦に参加し続け徳川に尽くした武将です。

最後の最後まで、家康に尽くし、徳川のために命も惜しまなかった、まさに「三河武士の鑑」と言われる存在です。

鳥居元忠とは?

松平家の家臣・鳥居忠次の三男として生まれた元忠。13歳頃から竹千代(家康の幼名)に仕えたと言われています。

忠義者としても、武将としても名高く、姉川の戦いや三方ケ原の戦いなど数々の合戦で武功をあげ、家康からの信頼も厚かった武将です。

鳥居元忠を語る上で欠かせないのは「伏見城の戦い」と「血天井」。伏見城の戦いは、関ヶ原合戦の前哨戦ともいわれる戦いです。

家康こそが天下統一を成し得ると信じる元忠は、上杉征伐へ向かう家康のために多くの兵士を付従わせ、自分はわずかな兵とともに伏見城に残り、時間を稼ぎます。

最初から玉砕覚悟で戦いに挑んだ元忠は、敵方からの降伏勧告の使者を斬殺して送り返し、戦い続けました。

そして、籠城して13日間目に、鈴木重朝と一騎打ちになり、討ち死にしたと言われています。

家康は、この武功と忠義を讃え、伏見城に残された血染めの畳を江戸城の伏見櫓の階上に置き、登城する大名たちの頭上に掲げたと言われています。

「どうする家康」で登場する他のキャストの一覧はこちら
大河ドラマ2023年「どうする家康」のキャスト一覧。

音尾琢真が「どうする家康」で演じる鳥居元忠の登場話。

第42話「天下分け目」元忠の最期。

関ケ原の戦いの前哨戦・伏見城の戦いで壮絶な最期が描かれました。

「どうする家康」第42話「天下分け目」のあらすじ(ネタバレ)感想。

第41話「逆襲の三成」家康を守る。

大阪城の西の丸で政務を行っていた家康。その家康から伏見城の守りを任されます。

関ケ原の戦いがいよいよ始まります。

「どうする家康」第41話「逆襲の三成」のあらすじ(ネタバレ)感想。

第36話「於愛日記」では千代を匿っていた。

真田との戦いで武田の忍びであった「千代」と知り合ったのかは定かではありませんが、忍びではなく百姓をしていた千代を匿います。

しかし、その事実を家康が知ることに。そして、千代に家康第一の忠義者・鳥居元忠を託すのでした。

「どうする家康」第36話「於愛日記」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト/動画配信

第1話「どうする桶狭間」で登場。

第1話で次郎三郎(家康)は父の法要のため、三河・岡崎に里帰りします。出迎えたのは個性あふれる三河家臣団です。

その中の一人、松平家筆頭家老・鳥居忠吉は「此度のおひゃとげえり、ほほろよりお喜び申しゃげまひゅる」と、

何を言っているのか分かりません。そこで、息子の鳥居元忠が「此度のお里帰り、心よりお喜び申し上げまする」と通訳するのです。

「どうする家康」の第1話「どうする桶狭間」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

どうする家康のあらすじ一覧はこちら
大河ドラマ2023年「どうする家康」のあらすじ(ネタバレ)と感想のまとめ一覧。

音尾琢真とは。

音尾 琢真(おとお たくま)さんは、俳優業を含めて芸能活動全般で大活躍している俳優さんです。

元は北海道のローカルタレントとして演劇ユニット「TEAM NACS」で森崎博之・安田顕・戸次重幸大泉洋と共に活動していました。

妻は女優の春日井静奈です。

プロフィール。

本名:音尾 琢真
生年月日:1976年3月21日
出身地:北海道旭川市
身長:170 cm
血液型:O型
活動期間:1996年~
配偶者:春日井静奈(2008年~)
所属劇団:TEAM NACS(1996年~ )
劇団イナダ組:(1995年~2004年)
事務所:CREATIVE OFFICE CUE(2000年~ )
アミューズ:(2004年~ /業務提携)
公式サイト:CREATIVE OFFICE CUE

北海道旭川西高等学校卒業後、大阪芸術大学を受験し合格するも親から入学を反対され、1994年、地元の北海学園大学に入学(経済学部卒業)します。

声良し、歌が好き、そしてバク転もできることから俳優業を目指しました。

演劇研究会で仲の良かった、森崎博之・安田顕・戸次重幸大泉洋と共に演劇ユニット「TEAM-NACS」を結成し現在も活動しています。

音尾琢真が出演した大河ドラマ。

2010年「龍馬伝」

2010年:龍馬伝(役:望月亀弥太)

音尾琢真さんは、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」の望月亀弥太役で大河デビューしています。

亀弥太は竜馬(福山雅治)の幼馴染で、土佐勤王党に加盟。龍馬の紹介で勝海舟に弟子入りし、航海術を学びます。

しかし、その後、武力討幕派となり、池田屋で新選組に襲撃され、敵の包囲を突破するも力尽きて自刃しました。

2015年「花燃ゆ」

2015年:花燃ゆ(役:品川弥二郎)

音尾琢真さんは、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」にも出演しています。

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上真央)が、時代に翻弄されながらも、家族と松下塾を守るため、女としての戦いを生き抜いていく様子を描いた作品。

音尾琢真さんは、松下塾の塾生・品川弥次郎を演じました。

音尾琢真の映画二選。

音尾琢真さん出演の映画でお勧めなのは、2021年4月23日公開の『るろうに剣心 最終章 The Final』。

るろうに剣心 最終章 The Final

佐藤健主演で和月伸宏作の大人気漫画を実写映画化した『るろうに剣心』シリーズ最終章2部作の第1弾です。

U-NEXTで視聴するには⇒U-NEXTでおすすめのNHKオンデマンド(大河ドラマ)と映画配信。

主人公の剣心(佐藤健)と、シリーズ最恐の敵・雪代縁(新田真剣佑)との死闘を描き出すストーリー。

この中で音尾琢真さんは中国マフィアの副官・呉黒星(ウーヘイシン)を演じています。

組織のトップである縁の座を奪おうと欲望をたぎらせる様と、クセの強さを見事に演じ切り、「悪役が似合い過ぎる!」との前評判でした。

アマゾンプライムビデオで予告編をるろうに剣心 最終章The Final

レジェンド&バタフライ

2023年1月27日(金)より公開。

木村拓哉が織田信長、綾瀬はるかが信長の正室・濃姫を演じる映画『レジェンド&バタフライ』で豊臣秀吉を演じるのは音尾琢真です。

徳川家康役は斎藤工で、三英傑が揃いましたね。

まとめ。

個性派で実力のある俳優が集まっている「TEAM NACS」の一員でもある音尾琢真さん。

気さくで優しい雰囲気が特徴です(一部では「顔が怖い」という評判も?!)

TEAM NACSのメンバーからは「集中力がなくて、大事な事に気が付かないおバカちゃん」とからかわれたりもするようです。

でも、ユニークな人柄と真面目な仕事ぶりで人望の厚い俳優さんだとも言われています。

大物演出家から継ぐ次ラブコールを受けるほどの表現力を持つ音尾琢真さんが演じる鳥居元忠。

「殿ラブ」を前面に出しつつ、戦での強者ぶりを見せつけてくれるのではないかと期待しています!

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2023年どうする家康
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました