「鎌倉殿の13人」第19話「果たせぬ凱旋」ついに義経逃亡。
スポンサーリンク

大泉洋が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる役は源頼朝。

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

大河ドラマ2022年「鎌倉殿の13人」で大泉洋さんが演じるキャストは源頼朝です。

愚痴が多く、女性関係も緩い「鎌倉殿の13人」の頼朝は三谷幸喜作のコミカルと非情が混じりあっています。

さて、源頼朝は歴史上で初めての武家政権である、鎌倉幕府を作った人物として有名です。

「鎌倉殿の13人」の主役である、小栗旬さん演じるキャスト北条義時は、頼朝の死後に鎌倉幕府の実権を握りました。

源頼朝は誰もが知る有名な人物ですが、大泉洋さんが今作で頼朝をどのように演じていくのか、とても楽しみですね。

大泉洋さんは三谷さんの大河ドラマ前作「真田丸」で真田昌幸の嫡男・真田信幸(信之)を演じましたね。

後半は家康のご機嫌もとらなければならない真田家の“お兄ちゃん”の苦労を魅せてくれました。

弟の信繁(幸村)とは関ケ原では敵味方になりますが、三谷さんは兄弟愛を描いていました。

さて、今回は征夷大将軍になる源頼朝ですね。個人的には大泉さんの頼朝と小池さんの女将軍・政子の演技に注目しています。

「鎌倉殿の13人」で大泉洋が演じる超有名な源頼朝を何話まで観る事ができるのでしょうか?

とても楽しみです。

それでは、頼朝の生涯と演じる大泉洋さんをご紹介します。

スポンサーリンク

大泉洋が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる役は源頼朝。

フォトは伊豆山神社、伊豆の地名の発祥地で源頼朝と北条政子が結ばれた場所
(〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山708−1)

源頼朝の名前は誰もが知っていますよね。鎌倉幕府の初代征夷大将軍です。

大泉洋が演じる源頼朝とは?

源頼朝は鎌倉幕府を作った、初代の鎌倉幕府将軍です。

1147年に源義朝の三男として生まれた頼朝は、平治の乱で義朝が平清盛に負けると、伊豆に島流しにされました。

伊豆では北条時政の娘、北条政子と出会い結婚します。

その後、1180年に平氏打倒のため東国の武士と共に兵を挙げ、各地で戦いを重ねていきます。

当時は平氏が勢力を伸ばしていたため武士を集めるのに苦労しましたが、頼朝は領地の支配権を与えることを約束に、見方を増やしていきました。

弟の源義経らとも手を組み、遂に1185年、壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼします。

1192年に頼朝は征夷大将軍に任じられ、初めての武家政権を立ち上げて鎌倉を拠点に政治を行います。

鎌倉を本拠として関東を制圧し戦功のあった末弟・源義経を追放します。

その後、諸国に守護と地頭を配して力を強め、奥州合戦で奥州藤原氏を滅ぼします。

そして、建久3年(1192年)に征夷大将軍に就くのです。

ですので昔は「(いいくに=1192)作ろう鎌倉幕府」って覚えましたよね。

しかし最近ではこの文が教科書には載っていないようです。教科書も変わるのですね。

その後、1199年に落馬で亡くなってしまいました。

頼朝の死後、源氏の世は長くは続かず、やがて北条氏が実権を握っていくこととなります。

鎌倉殿の13人ではどのように描くのでしょう?

それはさておき鎌倉幕府は約150年続きました。しかし、1333年足利尊氏や新田義貞らによって滅ぼされ歴史は次の時代に入るのです。

大泉洋が演じる源頼朝の鎌倉入り。

治承4年(1180)に打倒平家の兵を挙げた源頼朝。

鎌倉殿の13人では、第10話「根拠なき自信」で描かれています。

上総広常ら坂東武士たちの支持を得て、富士川の戦いで平家と戦わずして追い返すことに成功した第9話「決戦前夜」

その後、東国の反対勢力(佐竹氏ら)を討伐し、頼朝はおおむね東国の主だった豪族を配下に収め御家人と鎌倉殿になりました。

同年12月、頼朝は鎌倉に邸宅を建築しました。鎌倉幕府の原型ですね。

第11話「許されざる嘘」で御家人に論功行賞を行い平家打倒の一歩を築くのです。

大泉洋が演じる源頼朝と坂東武士の関係。

第11話「許されざる嘘」の放送時は平家打倒を目的とした坂東武士たちと主従関係を結ぶことになりました。

坂東武士は頼朝の「御家人」となりました。

やがて「御家人」は、身分的な呼称として定着し御家人の統制と鎌倉市中の警備する侍所が設置されるのです。

侍所の長官は「別当」といい、初代の別当は横田栄司さんが演じる和田義盛が務めました。

侍所の次官に相当するのが「所司」です。初代の所司は中村獅童さんが演じる梶原景時が務めたのです。

二人とも鎌倉殿の13人の一人ですね。

大泉洋が演じる源頼朝はヒールなのか?

「頼朝は歴史上のヒールだ」という歴史学者の方もいますよね。

「鎌倉殿の13人」でも第15話「足固めの儀式」で頼朝のために尽くしてくれた上総広常を謀殺(ぼうさつ)しています。

又、敵意のない従兄弟の木曽義仲第16話「伝説の幕開け」で描いているように討ち取ってしまのです。

さらに自分の長女・大姫(南沙良、幼少期は落井実結子)と婚約させた義仲の息子・義高も殺してしまうのです。

第17話「助命と宿命」で描かれています。

そして、ついに平家滅亡の立役者である弟の源義経も死に追い込んでいくのです。

敵になりそうな人間は片っ端から殺してしまってはヒールと呼ばれてもしかたがありません。

でもそれが坂東武士(北条家)が権力を握る歴史的な1ページだったのかもしれません。

スポンサーリンク

大泉洋とSONGS。

大泉さんは東京に進出してからの芸歴も多岐に渡っているのですが、一番印象に残っている番組はNHKのSONGSです。

大泉洋のSONGS。

2018年の第459回で番組「SONGS」の責任者に選ばれましたね。

直近では第584回で「青天を衝け」で初代総理大臣役の山崎育三郎を迎えての番組責任者の任はとても面白かったです。

歌も上手でしたよね。

でも番組後半で東京は大きな揺れが(地震)あったのでビックリ。放送はニュースに切り替わっていました。

大泉洋さんは、2020年の第71回NHK紅白歌合戦で白組司会を担当しました。2021年も司会を担当します。

紅組は「麒麟がくる」で帰蝶役を演じた川口春奈です。

川口春奈さんは2022年の朝ドラ「ちむどんどん」で比嘉良子役も演じています。

さて、大泉洋さんが責任者の「SONGS」は時代を象徴するアーティストに焦点を当てた大人のための音楽番組です。

ナレーションは2022年の朝ドラ「ちむどんどん」の沖縄編で登場した「戸次重幸」さんが担当しています。

NHKオンデマンドでは最新の放送を配信していますが配信期間は長くはないです。

最近は期間限定で1回分をオンデマンドで視聴できます。

ですので過去の「SONGS」を聴くことができなくなりました。私が見逃し配信で視聴したのは、YOASOBIとあいみょんでした。

最近では番組600回記念として「Mr.children」30周年記念を2022年5月29日23:59までNHKオンデマンドで見逃し配信しています。

16年間の秘蔵映像もありファンの方は必見ですよ。

桜井さんの”いい曲を奏でることに誠実でありたい”との言葉にはグッときましたね。

NHKオンデマンド登録は⇒「鎌倉殿の13人」を見逃したなら「U-NEXT」でまずは無料で視聴!

大泉洋の頼朝も大泉洋のSONGSもNHKオンデマンド見逃し配信で2度楽しんで下さい。

大泉洋が出演した大河ドラマは龍馬伝。

2010年:龍馬伝( 近藤長次郎 )

主役:坂本龍馬(福山雅治)

2010年の龍馬伝では土佐の餅菓子屋・大里屋の長男・近藤長次郎を演じました。

長次郎は江戸に行き勝海舟の弟子となります。

龍馬とともに航海術を学びながら、薩長同盟のために奔走しますがイギリスへの密航計画が発覚し切腹。

大泉洋が出演した大河ドラマは真田丸。

2016年:真田丸(真田信之)

主役:真田信繁(通称:幸村)「堺雅人」

2016年の真田丸は真田家の嫡男で関ケ原の戦いで徳川の東軍として働きます。

真田家の兄弟愛を描き弟の信繁とは敵味方になりますが、その結果真田家は生き残ります。

この真田丸の脚本も「鎌倉殿の13人」と同じ三谷幸喜です。

大泉洋が出演した朝ドラ。

2015年:まれ(3月30日 – 9月26日)(津村徹 )

キャスト:土屋太鳳、大泉 洋、常盤貴子、葉山奨之

テーマ曲:「希空〜まれぞら〜」語り:戸田恵子

2019年:なつぞら 最終週(9月25日)(松武博 )

大泉洋さんの朝ドラ出演経験は、2015年に放送された「まれ」と、2019年放送の「なつぞら」です。

“まれ”では、夢ばかり語る父・徹役でダメ親父を演じていました。

“なつぞら”では最終週で、北海道の食品工場の社長、松武博の役で登場しました。

大泉洋ってどんな人?

大泉洋のプロフィール。

  • 大泉 洋(おおいずみ よう)
  • 生年月日:1973年4月3日
  • 出身:北海道江別市大麻
  • 大学:北海学園大学経済学部卒業
  • 職業:俳優
  • 愛称は「洋ちゃん」
  • 所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE
  • 業務提携先はアミューズ

芸歴が長く、映画やドラマ、テレビ番組や声優など、多方面で活躍している大泉洋さん。

さまざまな役を演じ分けるその個性豊かな一面は、多くの人が知っているのではないでしょうか。

過去の作品を振り返ってみても、コメディの役から生真面目な人物の役まで、さまざまな役者経験があることがわかります。

映画やドラマでは、主演からその脇を固める登場人物まで、幅広い役と演技を見せてくれるところが魅力ですよね。

そんな大泉洋さんですが、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰もが知る歴史上の人物、源頼朝を演じます。

役者歴が長く実力派の大泉洋さんがどのような源頼朝像を演じるのか、今からとても楽しみですね。

さて、大泉洋さんは元々は北海道でローカルタレントとして活動し、1996年、北海道内でのタレント活動が活発化しました。

過酷な旅を行う番組が人気となり、高視聴率(最高18.6%)を得ました。

深夜枠でしたが全国に番販されて、大泉洋は全国に知られるようになりました。

妻はフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子さん。

大泉洋が出演している映画1選。

大泉洋さんは映画にも多数出演しています。

ここでは「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」を紹介します。

この作品は2020年2月に公開されたもので、太宰治の未完の遺作、「グッド・バイ」をもとにしたコメディドラマです。

主演を大泉洋さんが、相手役を小池栄子さんが演じています。

小池栄子さんは「鎌倉殿の13人」でも、北条政子として大泉さんと夫婦を演じますね。

まとめ。

前作の三谷幸喜作・真田丸では「おかしみと愛しさを感じる」真田信之でしたが、今回の源頼朝はどんな演技を魅せてくれるのでしょうか?

頼朝は鎌倉幕府を作った初代の鎌倉幕府将軍であり、物語を始める重要な人物ともいえるでしょう。

「鎌倉殿の13人」の主役、北条義時は、頼朝が亡くなった後に鎌倉幕府を動かしていく人物です。

源頼朝の生涯をおさらいすることで、「鎌倉殿の13人」の登場人物も、少しずつ見えてきたのではないでしょうか。

大泉さん演じる源頼朝がどのようにドラマの幕開けを作るのか、期待が高まりますね。

期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました