青天を衝けはいよいよ明治編です。
スポンサーリンク

中村獅童が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる役は?

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

大河ドラマ2022「鎌倉殿の13人」で中村獅童が演じるは梶原景時です。

梶原野景時は、鎌倉幕府の御家人で、石橋山の戦いで源頼朝を救った事から重用された人物です。

「大悪人」のイメージも強いですが、なるほど…。残っている姿絵などを見ると、確かに性格が悪そうな…いえいえ、苦み走った良い面構えをしています。

もとは源の家人でしたが、平家にも付き従い、その後にまた源に仕えます。

まるで蝙蝠(こうもり)のようです。

しかし、石橋山の戦いで、追い詰められ自害をしようとする源頼朝を助け逃がしたという逸話は、あまりにも有名。

実は、情に熱い男なのか、はたまた後に頼朝が出世するであろうことを見越して助けた計算高い男なのか。

三谷幸喜さんの脚本で役者は中村獅童さんですからね。ただの嫌な男では終わらないですよね?

いや、もしかしたら大河史上最悪の嫌な男でくるか?どんな景時が来るのか、来年の放送が楽しみでなりません!

中村獅童が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる梶原景時とは?

「忠義なのか、計算なのか」

大悪人のイメージが先行している景時ですが、それには理由があります。

後に「景時の讒言」と呼ばれますが、簡単に言うと自分が認められるために他者を悪く言ったのです。

結局はそれが原因で、景時は失脚、最終的には自害に追い込まれます。

そう聞くと、「なんだ、やっぱり嫌な奴だったんだ」と納得してしまうのですが、これを景時の雇い主である源頼朝の立場から見ると、全く違う景時像が見えてくるのです。

例えば、報告書。

戦の時に他の武将たちは「勝ちました」という簡単な報告だけなのに対して、

景時の報告書には、敵将の討ち取られた場所や、その時の様子、敵方の武将の死者とそれを討ち取った者の名前などが詳細に記されていました。

めちゃくちゃ実務能力が高いのです!

これだけの報告書が書けるという事は、観察眼があるということ。

事実その能力が高く評価され、鎌倉幕府侍所所司の役を与えられます。

侍所とは、御家人たちの行動を観察し、勤務評定や取り締まりにあたる役目。

専制政治を執る頼朝にとっては、景時からの情報はとても重要なものであり、それを真摯に務める景時は忠臣です。

しかし一方、御家人側からは恨みを買いやすい立場という事になります。

上に忠実に尽くすと、下からは突き上げを喰らう…まんま現代の中間管理職!ですね。

東国の武士としては珍しく、教養が高く、武家百人一首にも選出されるほど和歌も達者だったとか。

忠義者なのか、計算高い男なのか、それともその両方を兼ね備えた男なのか。

「鎌倉殿の13人」で、中村獅童さんが見せてくれる梶原野景時を待ちましょう!

中村獅童が出演した大河ドラマは?

鎌倉殿の13人で7作目になりますね。

  • 1989年:春日局(稲葉正定 役)
  • 1997年:毛利元就( 尼子義久 役)
  • 2003年:武蔵 MUSASHI(徳川秀忠 役
  • 2004年:新選組!(滝本捨助 役)
2013年:八重の桜

2013年の大河ドラマ「八重の桜」では、「鬼の官兵衛」の異名をもつ佐川官兵衛を演じていました。

佐川官兵衛というと同時に有名なのが「寝坊して戦に遅刻した」というエピソード。

武士が深酒して戦に遅刻なんて、本当にとんでもない!

しかしながら、この官兵衛の人柄を知れば知る程好きなってしまうのです。

とんでもなく実直で、骨太でエネルギッシュ!

ちょっとしたこぼれ話では、「裸対決」なんていうのもありました。

「男らしい役だから脱いでもらうかも」と監督に言われた獅童さん。

軽い気持ちでOKを出していたら、先に八重の兄・覚馬役の西島秀俊さんが鍛え上げられた肉体を披露!

覚馬より強い設定の官兵衛役の獅童さんは「これは、まずい!やめましょう」と監督にお願いしたとか。

ところが監督からは「じゃあ獅童さんはプロレスラー体型にしてください」と言われてしまい、太マッチョで対抗する事になってしまったそう。

ドラマだけではなくこぼれ話までが、実直で愛嬌のある骨太さでした。

2019年:いだてん~東京オリムピック噺~

中村獅童さんと言えば、大河ドラマ!2019年に放送した「いだてん」では、主役である金栗四三の兄・実次役を演じています。

病弱だった父に代わって金栗家を支え、厳しい家計をやりくりし、四三の進学だけでなくストックホルムへ行く為の資金まで調達すします。

弟思いで、厳しくも優しく、時折暴走してしまう。声が大きいのも特徴でしたよね。

表立ちはしないけれど、陰で人を支える男らしい四三が、本当に素敵でした。

鎌倉殿の13人は2022年1月から放送ですが、いだてんや八重の桜をもう一度視聴したくなりましたらU-NEXTで視聴して下さい。

!鎌倉殿の13人を見るならU-NEXT!

!31日間無料体験!

中村獅童が出演したTVドラマ&映画は?

中村獅童さんは、歌舞伎だけでなく様々なドラマや映画に出演されています。

2002年に公開された映画『ピンポン』では、日本アカデミー賞や、新人賞など5冠を達成した実績の持ち主。

そんな中村獅童さんが出演している映画とドラマで個人的にオススメなのがこちら!

中村獅童が出演した映画1選

2006年:デスノート

こちらは、出演と言っても獅童さん本人がフィルムに登場するわけではなく、声のみの出演です。

名前を書いた人間を死なせることが出来るという「デスノート」の本当の持ち主である死神リューク役を担当しています。

独特のフォルムのリュークを、骨太で怪しさのある声色で好演。

ラストシーンのまさに「人間ではないもの」の冷血な声が最高でした!

チェック⇒映画を見るならU-NEXT

中村獅童ってどんな人?

歌舞伎の名門に生まれた中村獅童さんは「歌舞伎界の異端児」や「傾奇者」と表現される事が多いですよね。

それもそのはず、まずは歌舞伎役者としてのスタートが違います。

獅童さんのお父様が廃業していたため「師匠不在」という珍しい状態。

その為、なかなか良い役が付きません。

そんな中でも丁寧に実績を積み上げ、TVや映画でも名を挙げ、ついには歌舞伎座で主役を務めあげるまでになります。

そんなパワフルで実力もある男性を女性がほっておくわけもなく、モテにモテます。

2015年に竹内結子さんと結婚した後も、オイタはあったとか、なかったとか。

残念ながらこの結婚は長く続かず、わずか3年で破局。

その後、再婚されましたが、お子様に恵まれた瞬間に獅童さんご自身の肺腺ガンがみつかります。

ガンをきかっけに、自分を見つめ直して、「やっぱり歌舞伎が好きだ」と再認識したという獅童さん。

復帰後の舞台は今まで以上にエネルギッシュでパワフルです!

「きみは歌舞伎を知らない人を振り向かせる事が出来る人」と、18代目勘三郎さんに言わしめた中村獅童さん。

ギラリとした輝きを持つ俳優さんです。

まとめ。

主役というよりは、脇をがっちりとかためる役が多い中村獅童さん。

地味目な役でも、何とも言えない存在感を放つ役者さんですよね。

いつも堂々として自身に満ち溢れているように見える獅童さんですが、実は相当な緊張屋で、出番前はいつも震えるのだそう。

そんな繊細さと舞台で見せる豪快さが、梶原景時としてどう生かされてくるのか、刮目せよ!ですね。

U-NEXT

大河ドラマを視聴するなら「U-NEXT」がお得です。
無料お試し期間が31日間ありますし、登録時に
1000ポイントが付与されます。
NHKオンデマンドは990円ですので
ポイントを使って実質無料で視聴できます。
見逃した「大河ドラマ」を無料で視聴して下さい。

アマゾンプライムビデオで「大河ドラマ」を視聴する。

アマゾンプライム会員(500円/月)の方は
アマゾンプライムビデオにNHKオンデマンド
のチャンネルがあります。
チャンネル購入して大河ドラマを視聴して
下さい。

NHKオンデマンドの見逃しパックは
月額990円です。

2022年鎌倉殿の13人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました