大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

酒向芳が2023年大河ドラマ「どうする家康」で演じるはあの「明智光秀」

2023年どうする家康

2023年大河ドラマ「どうする家康」で明智光秀を演じるのは、俳優の酒向芳さこうよしさんです。

明智光秀と言えば、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公でしたよね。

「麒麟がくる」の明智光秀は長谷川博己さんが演じていました。過去の大河で登場する明智光秀のイメージとは異なり話題を呼びました。

しかし「どうする家康」は、どうやら従来の明智光秀のイメージに近い感じになるのかな、と想像できるキャスティング。

酒向芳さんは、明智役への意気込みを、「明智がやる気満々では、どうかなと……(笑)奥の奥の奥に秘めた思いは、決して人には語らぬものでしょう。

明智はそう言っているようです」と語り、一筋縄ではいかなさそうな独特な印象を与える酒向芳さんに期待が高まります!

酒向芳が「どうする家康」で演じる役は「明智光秀」

明智光秀と言えば、織田信長の家臣で、あの「本能寺の変」の首謀者。狡猾で、陰気なイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

あの信長が評価していたので、間違いなく「シゴデキ」な男ではあったはずですよね。

足利義昭に仕えていたものの、地位が危うくなると自分を高く評価してくれている信長の配下にするりと入ります。

悪く言えば、自らが得をする方へ動く男…という言い方になります。

が、誰だって自分を高く評価してくれて、それ相応の碌をくれる上司に仕えたいという気持ちはあるはずです。

世渡り上手とも言い換えられるかもしれません。

「どうする家康」の設定の中でも、

『笑顔の中にも、常に鋭いまなざしがあり、家康や秀吉のささいな仕草も見逃さない。信長には媚びへ つらうが、その本心はどこにあるのか?』

とあるので、観察眼の鋭い人物であることは確かですね。

それゆえに、自分が天下を獲れると思ったのか、他に理由があっての「本能寺の変」なのか?。

家康にとっても間違いなくキーマンとなる人物です。

「明智光秀」の最期は29話「伊賀を超える!」

明智光秀は「本能寺」で信長に謀反を起こしますが、その後、坂本城を目指して落ち延びる途中で落ち武者狩りに殺害されました。

「どうする家康」第29話「伊賀を越える!」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト/動画配信

「明智光秀」の本能寺は第28話「本能寺の変」

「ときは今 あめが下知る 五月かな」

第28話では信長が本能寺に入ったことを知った光秀がこの句を詠んでいました。ただ、光秀が本能寺の変を起こした動機は謎のままです。

物語の光秀は信長に「できるのかキンカン頭!おまえに俺の代わりがァ!」と言われ逆上して「信長の首を取れー!」と命じました。

光秀は「キンカン頭」のあだ名が嫌いだったようですね。

「どうする家康」第28話「本能寺の変」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト。

明智光秀「麒麟がくる」の本能寺の変。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも最終話は「本能寺の変」でした。

染谷将太さんが演じる織田信長から下された命は「義昭殺害」でした。受け入れられない光秀は、苦渋の決断で信長を討ったのです。

でも、光秀の最期は描かれていませんでした。

麒麟がくる第44話最終話「本能寺の変」のあらすじ(ネタバレ)キャストと感想。

「明智光秀」の失態は第27話。

家康の膳に毒を仕込むことも可能という光秀。しかし家康への接待は大失敗でした。

家康は「淀の鯉」が匂うという仕草。光秀を罠にかけたのか?その様子を見ていた信長は激怒します。

光秀は信長が失敗を許さないことは重々承知。光秀の出世の道は絶えたのです。

第27話「安土城の決闘」

「明智光秀」の初登場は13話「家康、都へゆく」

家康が上洛する第13話で幕府に挨拶するシーンで初登場します。

「どうする家康」第13話「家康、都へゆく」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト。

「どうする家康」に出演しているキャストの一覧はこちら。
大河ドラマ2023年「どうする家康」のキャスト一覧。

脚本が変われば武将像も変わりますね。「麒麟がくる」で主人公・明智光秀を演じたのは長谷川博己さんでした。

長谷川博己は大河ドラマ2020年「麒麟がくる」でキャスト明智光秀を演じる。

酒向芳が過去に出演した大河ドラマ。

2010年:『龍馬伝』枡屋虎吉 役

坂本龍馬を主人公とする大河ドラマです。主人公の坂本龍馬は福山雅治が演じています。枡屋虎吉は長崎の商人です。

2014年:『軍師官兵衛』生駒親正 役

天下人・豊臣秀吉の軍師として名を馳せることになる男・軍師官兵衛。主役は「どうする家康」で信長を演じた岡田准一です。

生駒親正は織田信長の従兄弟です。

2021年:『青天を衝け』利根吉春 役

大河ドラマ出演経験も豊富な酒向芳さん。その中でも印象的だったのは、2021年放送『青天を衝け』の利根義春役です。

吉沢亮さんが演じた主人公・栄一が住む血洗島村を治める岡部藩の代官・利根吉春役でしたね。

横柄な態度で、栄一の父・市右衛門(小林薫)や伯父の宗助(平泉成)に無理難題とも言える莫大な御用金や人足を要求したり、横柄な態度で馳走をむさぼったりする代官でした。

つまり、上下左右どこからみても「百姓の敵!」と言う言葉しか出てこない利根吉春を見事に演じた酒向芳さん。

利根吉春の憎々しい悪代官ぶりに「時代劇と言えば悪代官!」「これぞ悪代官!!」と大きな反響を呼びました。

「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一を演じたのは吉沢亮さんでしたね。

大河ドラマ2021年「青天を衝け」の渋沢栄一を演じる吉沢亮。

酒向芳が出演した映画一選。

数々の映画にも出演されてきた酒向芳さんですが、お勧めは2018年に公開された、「検察側の罪人」です。

検察側の罪人。

公開日 2018年8月24日
監督/原作 原田眞人/雫井脩介

プライムビデオ⇒検察側の罪人

エリート検事役の木村拓哉さんと、若手検事役の二宮和也さんの共演が話題を呼んだ作品ですが、その華やかな競演を更に際立たせたのが酒向芳さんでした。

酒向芳さん演じる松倉は、ある老夫婦殺人事件の被疑者であり、時効を迎えた未解決殺人事件の重要参考人。

右のこめかみから頬にかけての大きな痣と、話すときに「ぱっ」と妙な音を出す癖があり、時折タップダンスのようにも見える奇妙なステップを踏むという強烈なキャラクターです。

いかにも!という悪人設定を、実にリアルに見せる酒向芳さんの演技は狂気を感じるほどです。

酒井芳さんの真骨頂ともいえる役柄をU-NEXTの配信でお楽しみ下さい。
大河ドラマを見るなら見逃し配信(無料動画)の「U-NEXT」

まとめ。

『酒向芳』という名前を聞いてピンと来なくても、顔を見れば「ああ、あの俳優さん!」とわかるのが酒井芳さんの凄いところ。

ドラマや映画、出演作ごとに全く違う顔を見せる俳優さんです。

確かな演技力と、あの独特な雰囲気。

そんな酒向芳さんが演じる明智光秀!狡猾なのか、それとも実は人情派なのか、酒向さんの『怪演』を楽しみに登場を待ちます!

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2023年どうする家康
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました