大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

大森南朋(キャスト)が「どうする家康」で演じる酒井忠次とは。

2023年どうする家康

2023年大河ドラマ「どうする家康」で登場する酒井忠次とキャストの大森南朋を紹介します。

酒井忠次はどんな武将だったのか?とても気になりますよね。

忠次は家康の人質時代から、常に家康を心配し、自分のことよりもとにかく家康のことを考え、守っていこうとする人物です。

さて、「どうする家康」の見どころは各キャストの役の活躍ですね。

「リーダー」のあなたも共感することってないですか?もし大好きなキャストを見逃したなら・・・

アマゾン(amazon)プライムの会員の方はチャンネル「NHKオンデマンド」を購入して観て下さいね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

U-NEXTの会員の方も同じくチャンネル「NHKオンデマンド」を購入して観て下さいね。

大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXTのNHKオンデマンド。

大森南朋(キャスト)が「どうする家康」で演じるは酒井忠次。

誕生 1527年(大永7年)酒井忠親の次男として生まれる。
享年70歳。 1596年(慶長元年)10月28日、京都桜井屋敷で死去。

酒井忠次とは。

2023年大河ドラマ「どうする家康」で、徳川家家臣団のリーダー的存在・酒井忠次を演じるのは、俳優の大森南朋さんです。

個性派揃いの家臣団のまとめ役になる重鎮ですが宴会の席などでは自らが盛り上げ役を買って出る一面もあったと言われています。

織田信長の前でも踊ったといわれている『えびすくい』は、現在絶賛練習中で前半すぐ登場します。

「とにかく殿を愛し、殿を守り、殿と共に生きて行こうと思っているので、ぜひオンエアを楽しみにして下さい」と放送前から話していました。

大森南朋さんの酒井忠次が楽しみですね!

酒井忠次は「徳川四天王」の一人。

徳川家康が天下統一を成し遂げることが出来た陰には、優秀な4人の武将がいたからだと言われています。

その「徳川四天王」と呼ばれる面々のなかの一人が、酒井忠次なのです。若くして家督を継いだ忠次は、武将としての能力も早くから認められていきます。

家康の人質時代も、今川義元にその才覚を認められ織田家との戦いにも駆り出されます。

数々の武功をあげ、武将として一目おかれる忠次は、三河平定にも手腕を振るいました。

家康に影のように付き従い、家康のために武功を挙げていく。家康からの信頼も厚かったとされる人物なのです。

酒井忠次のエピソード1,「酒井の太鼓」

「酒井の太鼓」のエピソードが有名です。

徳川家康は信玄との戦「三方ヶ原の戦い」で敗走し「浜松城」に帰ってきます。その時、酒井忠次が城の櫓上で太鼓を大音量で鳴らして味方の士気を上げたという逸話。

「どうする家康」ではどのような演出になるのか?視聴後のネタバレで掲載します。

酒井忠次のエピソード2,「徳川信康」切腹事件

家康は嫡男の信康を織田信長の命で殺さねばならなくなります。この展開は何話になるのか分かりませんが、妻の「築山殿」と悲しい事件です。(視聴前)

「どうする家康」ではどのような演出になるのか?信康や築山殿事件は25話で古沢良太さんの新発想で描かれました。

「どうする家康」第25話「はるかに遠い夢」のあらすじ(ネタバレ)感想とキャスト。

大森南朋(キャスト)が「どうする家康」で演じる酒井忠次の登場話。

ドラマの登場シーンは何話なのか?現段階ではまだわかりません。(放送前)

家康(竹千代)が人質時代からの設定であれば早い段階で家臣団の長として登場するかも知れませんね。

大森さん演じる酒井忠次は、松平広忠(家康の父)に仕えていた父を早くに亡くし、わずか10歳で家督を継いでいる人物です。

竹千代(家康)は8歳から今川家の人質となっていましたが、そこにも一緒に行っていました。

初登場シーンは、人質の竹千代に従って今川家に上がるところになるかもしれませんね。

実力はあるのに実直すぎて、上司への忖度がへたくそだと言われる酒井忠次。

そこに家康への愛情が加わると、もしかしたら意外とコメディチックな登場シーンになるのかもしれません。

第39話「秀吉、くたばる」が最期。

京で隠居生活をおくっていた忠次も70歳。第39話では忠次の最期が描かれます。

「どうする家康」第39話「太閤、くたばる」のあらすじ(ネタバレ)感想。

第1話「どうする桶狭間」から登場

想像通り、元康(竹千代時代)から登場しました。でも忠次は岡崎で竹千代を待っていました。

ドラマでは元康(竹千代)が今川家から許されて父の法要で三河の国に帰ったとき、忠次は家臣団のみんなと「えびすくい」を踊って竹千代を歓迎していました。

「どうする家康」第1話「どうする桶狭間」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

「どうする家康」で登場する他のキャストの一覧はこちら
大河ドラマ2023年「どうする家康」のキャスト一覧。

大森南朋とは?

引用:wik

父の俳優・舞踏家の麿赤兒、母の桃枝の次男として生まれる。兄は映画監督の大森立嗣。妻は女優の小野ゆり子。

大森南朋のプロフィール。

俳優デビューは、1993年公開の映画「サザンウィンズ日本編 トウキョウ・ゲーム」。

生年月日:1972年2月19日
出生地:東京都
身長:178 cm
血液型:A型
父:麿赤兒(まろあかじ)舞踏家
母:小林桃枝
兄:大森立嗣(映画監督)
配偶者:小野ゆり子(2012年 – )
事務所:アパッチ
公式サイト⇒ Apache Official Site 

長い下積みを経て、2003年に公開の映画「赤目四十八瀧心中未遂」への出演をきっかけに、演技力や存在感が評価されるようになります。

その後もテレビドラマやCM、ナレーターなど幅広く活躍しています。才能あふれる大森南朋さんですが、ご家庭は芸能一家なんだそうです。

父は俳優・舞踏家の麿赤兒、兄は映画監督の大森立嗣と豪華な顔ぶれです。幼い頃から表現することが身近にある環境で育ったのかもしれませんね。

その影響からか、高校時代からバンド活動をしたり、最近ではアパレルブランドを手掛けたりと、マルチな才能を発揮しています。

表現力の高さが、演技はもちろん音楽やファッションにもつながっているのかもしれません。

また、2012年に大森さんは女優の小野ゆり子さんと結婚し、2019年には第一子が誕生しています。お子さんが生まれた2019年のインタビューでは、

「父親が僕に思わせてくれているのと同じように、子どもにもかっこいいなって思ってもらえる存在でありたい」

と語っており、仕事のモチベーションになっていることが伺えます。

50歳を迎えた大森さんですが、その表現力と独特の存在感で今後もさらなる活躍が期待できます。

ファミリーミステリーで大森さんの家族を紹介していましたね。NHKオンデマンドでもしばらく視聴できましたが今は視聴できません。

大森南朋が出演した大河ドラマ。

2010年:龍馬伝

2010年:龍馬伝(役:武市半平太)

大森南朋さんは、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」に武市半平太役で出演されています。

土佐に生まれた名もなき男・坂本龍馬の33年の生涯を幕末から明治にかけて描いた「龍馬伝」

龍馬が薩長同盟に尽力し、その後明治維新を大きく進める原動力となっていく姿が描かれています。

大森南朋さんは、龍馬の幼馴染で文武とも優れた人物・武市半平太を演じました。

武市半平太と言えば、竜馬の幼馴染で文武に優れた人物として有名で攘夷の気運が高まるなか、土佐勤王党を結成する人物です。

生真面目で融通が利きませんが、面倒見が良い兄貴分ですね。一時は土佐藩以外にも朝廷を動かす力を握るほど実力のある人物です。

失脚し、切腹を命じられる運命にはなってしまいますが、大森南朋さんの演技力の高さで存在感を放ちました。

面倒見がよく、兄貴分として慕われる姿は、大森南朋さんの優しく温かい演技が活きているように感じます。

武市半平太の生真面目さや正義感が見事に表現されている演技で、見ごたえのある役どころです。

放送当時は「演技が芸術の域!震えた!」「彼がいてこその龍馬伝だ」などなど好評を博しました。

U-NEXTでおすすめのNHKオンデマンド(大河ドラマ)と映画配信。

大森南朋が出演した朝ドラ。

2022年4月11日から始まったNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。

沖縄本土復帰50年の節目に合わせて放送される本作は、自然豊かなやんばる地域を舞台に、黒島結菜演じるヒロイン・比嘉暢子とその家族の物語を描いています。

大森さんは暢子の父・賢三を演じています。

2022年「ちむどんどん」初出演。

大森南朋さん演じる比嘉賢三は、ヒロイン・暢子とその兄弟、あわせて4人の子どもを育てる一家の大黒柱。

唄三線をこよなく愛し、穏やかな性格で家族をやさしく包み込みます。

沖縄の故郷の村で妻・比嘉優子と共にサトウキビ農家を営んでます。

若い頃に大工や飲食業などさまざまな仕事もしてきたようで、その経験が父親や農家の経営に活きているのかもしれません。

農閑期には、家族を支えるため出稼ぎ仕事に行ったり、時折家族のために料理を振る舞ったりと、家族を一番に大切にしている様子。

家族や唄三線を愛し、まっすぐに生きる父・賢三の姿は、子どもたちの手本となり、言葉なしでも生きることを教えているように思います。

子どもたちがそれぞれに夢を持ち、家族思いに成長するのも、父・賢三の存在は大きく影響していそうです。

また、ヒロイン・暢子が料理人を志す少しのきっかけとしても、父・賢三の料理好きが関係していたのかもしれませんね。

明るくのんきな娘・暢子と穏やかな性格で家族を愛す父・賢三。温かい親子の関係が想像されます。

賢三の生き様を子どもたちが受け継ぎ、家族が支え合っていくことに期待したいと思います。

大森南朋が「ちむどんどん」で演じるキャスト比嘉賢三とは。

第1週で比嘉賢三が倒れる。

第1週「シークワーサーの少女」5話のエンディングで比嘉賢三はサトウキビ畑で作業中に倒れてしまいます。

心筋梗塞かも知れませんね。

賢三は1週で今後のドラマの伏線を残していました。

先ず戦前は中国にいて終戦後は神奈川の鶴見の闇市で働いていたことを沖縄にやってきた青柳氏と話していました。

次は子供たちと朝日を見ながら「謝らなければいけない」と賢秀に言いますが、なぜ「謝らなければいけない」のか?

最後に5話で「いつか子供たちに話てやんなといけない。昔のことを」と言います。

「鶴見、謝る、昔のことを話す」。この3つが今後のちむどんどんのキーワードですね。

続きはU-NEXTのNHKオンデマンドで観て下さいね。

U-NEXTでおすすめのNHKオンデマンド(大河ドラマ)と映画配信。

大森南朋の映画二選。

スイートリトルライズ

大森南朋さんが出演の映画で、是非見て頂きたいのは「スイートリトルライズ」です。

江國香織さんの同名小説を映画化した大人のラブストーリーで、甘えん坊で優柔不断な軽い男を演じています。

続きはU-NEXTのNHKオンデマンドで観て下さいね。

U-NEXTでおすすめのNHKオンデマンド(大河ドラマ)と映画配信。

アマゾンプライム会員の方はプライムビデオでも「スイートリトルライズ」を配信しています。

男の心の揺れを見事に表現された大森さんの演技を是非ご覧になってみてください。

その他にも数多くの作品に出演したいますね。

ハゲタカ

大森さんと言えば、「笑う警官」「ハゲタカ」「ゴールデンスランバー」など、社会派の作品に多く出演されています。

大森南朋さん出演の映画でおすすめしたいのが、2009年公開の「ハゲタカ」です。

この作品は、企業買収をテーマに作られたドラマがヒットし、映画化されたものです。

大森南朋さんは、日本企業を次々に買い叩き、一時は一世を風靡した天才ファンドマネージャー・ハゲタカこと鷲津政彦を演じました。

あるとき鷲津のもとに盟友が訪れ、大手自動車メーカーを中国系巨大ファンドによる買収危機から救ってほしいと頼まれます。

その後、突如現れたのは赤いハゲタカこと劉一華。ハゲタカ対赤いハゲタカの買収戦争が繰り広げられます。

日本が中国に買い叩かれるという危機に立ち向かう姿が描かれた作品です。大森南朋さん演じる鷲津は、冷徹な企業買収をやってのける凄腕の持ち主。

冷静で落ち着いたキャラクターは大森南朋さんがまとう雰囲気にぴったりです。

もちろんドラマから見るのがおすすめですが、映画のみでも作品の魅力が味わえますよ。

続きはU-NEXTのNHKオンデマンドで観て下さいね。

U-NEXTでおすすめのNHKオンデマンド(大河ドラマ)と映画配信。

まとめ。

恐ろしい人物から優しい人物…どんな役でもこなしてしまう演技力を持つ大森南朋さん。

演技への熱い情熱のなか、時折見せる茶目っ気もたまらない魅力ですよね。

そんな大森さんが演じる酒井忠次。

武将としての強さ・凄みを見せつつ「殿LOVE!」な一面も見せてくれるのではないかと期待が高まります。

役者陣が出そろった2023年大河ドラマ「どうする家康」初回の放送から酒井忠次の最期までを楽しく見させていただきます。

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2023年どうする家康
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました