2023年大河ドラマ「どうする家康」のキャスト一覧

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ(ネタバレ)と感想そして初登場キャスト。

2023年どうする家康
Pocket

「どうする家康」の第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ(ネタバレ)と感想をお届けします。

先週の第1話「どうする桶狭間」では、次郎三郎(家康)が瀬名と夫婦に、そしてあの有名な「桶狭間の戦い」が描かれました。

今川義元が第1話「どうする桶狭間」でまさかの討ち死でした。(はやすぎます)

第2話「兎(うさぎ)と狼」では織田信長の大軍に取り囲まれ、絶体絶命のどうする松平元康です。

ついに猛(もう)き“狼の信長”がか弱き“兎の家康”に迫ってきます。

しかし織田信長は突然、退却を始めるのです。そこで元康は大高城を捨て、瀬名が待つ駿府に帰ろうとします。

しかし、家臣たちは故郷の三河に戻りたいと猛反対するのです。

元康は渋々三河へ向かういますが、敵の罠にはまり、鳥居忠吉が大けがを負ってしまいます。

松平軍は大混乱に陥り、何とか岡崎の松平家の菩提樹・大樹寺に逃げ込みます。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のあらすじ。

放送:1月15日
視聴率:15.3%(▼0.1%)

第2話「兎(うさぎ)と狼」のイントロ。

時はさかのぼり、12年前の三河・岡崎城。

天文12年(1543年)

天文12年、岡崎城で家康が産声を上げました。

松平の嫡男の誕生に家臣たちが歓声を上げる中、家康の母・於大の方も晴れやかな声をあげます。

「寅の年、寅の日、寅の刻に生まれし嫡男・竹千代にある。まさに虎のごとき猛将となるに相違ない。

ガオー!」しかし、虎の化身とされた竹千代は、長じた今、大高城で織田信長の来襲を聞き兎のようにガタガタと震えているのでした。

さて、大河ドラマ2023年の「どうする家康」の見逃し配信は「アマゾンプライムビデオ経由」と「U-NEXT経由」の二つがあります。

  • アマゾンプライムビデオ(月額500円)経由の「NHKオンデマンド」は30日間無料です。

アマゾンで買い物を多くする方はこの機会に配送料が無料になるプライム会員になりましょう。

詳しくはアマゾンプライムビデオで大河ドラマ「どうする家康」を視聴する。

それと・・・。

  • U-NEXT(月額2189円税込み)経由の「NHKオンデマンド」は31日間無料です。

U-NEXTの魅力は豊富なコンテンツです。無料期間で確かめて下さい。

詳しくは「どうする家康」を見逃したなら「U-NEXT」でまずは無料で視聴!

どちらも、お仕事の移動時間でも見ることができますね。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のネタバレ。竹千代誕生。

竹千代(家康)誕生。

元康(家康)の誕生がイントロで描かれました。寅の年、寅の日、寅の刻に生まれし嫡男・竹千代の誕生です。

元康の母・於大の方は我が子を抱きながら・・・。

「この子はきっと強い武者になりましょう。 何せ、寅の年、寅の日、寅の刻に生まれましたゆえ、寅の化身のように逞しくなるに違いありません」

と笑顔で夫の松平広忠に話しています。しかし、広忠はエンディングで・・・。

「そうか、寅の化身。ん?於大よ、年が明けて、今年は兎(卯年)じゃ。となると、兎の…」

と気づくのです。

しかし、於大の方は「しっ」と制し・・・。

「寅です。数日早く生まれたことにすればよいのです。 この子は寅の生まれ、寅の子です。兎などいけませぬ。狼に狩られてしまいます」と言い切るのでした。

松島菜々子は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト於大の方を演じる。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のネタバレ。大高城の元康。

元康の選択肢は2つ。

さて、桶狭間の戦いで義元が討ち死にした後、松平軍は城に残って織田軍と戦うか、城を捨てて逃げるのか、選択肢は2つしかありません。

家臣たちが思い思いの考えを述べながら元康に決断を迫ります。

一刻の猶予もない状態に元康に指図を乞うと、

徳川家康
徳川家康

儂は決めようと思っておるのに、お前達がぐちゃぐちゃと申すから

と子どものように言い返す始末です。

しかし、その騒ぎは数正の言葉で終わりを迎えます。「もはやご決断は無用!手遅れでござる」

松重豊は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト石川数正を演じる。

信長の大軍勢が大高城に姿を見せたのでした。

桶狭間の戦い後の大高城内。

織田軍に包囲され、松平元康は絶体絶命です。しかし、夕方になり、異変が起きるのです。織田軍が全軍、引き上げていきました。

余力のない織田軍が大高城を取り囲んだのは三河勢への脅しだったのかも知れません。いずれにせよ元康は安堵しました。しかし・・・。

松本潤は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト徳川家康を演じる。

元康は駿府に戻りたい!のだが。

「今川が負けた以上、ここに籠っていても仕方がない。夜半に城を出て駿府を目指す」駿府へ向けて出立の支度を整えている元康のもとに、三河から知らせが届きました。

城代の山田が討ち死にし、家来たちは駿府へ逃げ出したというのです。

城代がいない今なら、元康が岡崎城に入るべきだ・元々自分達の本領である岡崎を守るべく岡崎に向かうべきだという家臣団に対し、

妻と子を駿府に残している元康は煮え切りません。

業を煮やした鳥居忠吉が「駿府、駿府、駿府!そんなに駿府がお好きか!」と声を荒げると「ああ好きじゃ!岡崎なんぞよりよっぽど好きじゃ!」とやり返し、

はんば子供のような喧嘩がはじまりそうに。

岡崎城に入るべきと主張する家臣と、駿府城に戻りたいと元康と意見は対立します。

家臣と元康が三河に向かう。

三河領に入ったら、家臣たちを三河へ帰し、自分は駿府に戻ると決めます。しかし三河領に入ったその時、松平昌久率いる軍勢が現れます。

助けに来たと言う昌久ですが、数正や忠吉を始め家臣たちは口々に昌久を信用してはならないと進言します。

しかし、元康は昌久を信用する事に。

このシーンでも元康は判断を誤ってしまいます。敵の罠にハマり(松平昌久を信じて)、重臣・鳥居忠吉が大ケガを負ってしまいます。

自分こそが、松平元康であると前に進み出た元康に、昌久は銃を放ちました。

家臣たちが身を挺して元康を守る横で、忠吉が被弾。元康たちは命からがら大樹寺に逃げ込むのです。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のネタバレ。元康が大樹寺で覚醒。

元康は松平家の菩提寺・大樹寺に逃げ込む。

松平軍は大混乱の中、大樹寺に逃げ込むことができました。

元康と一緒にいるのは、酒井忠次石川数正、鳥居忠吉、鳥居元忠、本田忠真、本田忠勝など約40人ほどです。

しかし、そこにも騙した大草松平家当主の松平昌久の軍勢が押し寄せていました。

だまし討ちによって多くの犠牲者を出してしまった元康率いる松平軍。

徳川家康
徳川家康

わしのせいじゃ。わしが判断を誤った。

と皆に告げるのです。

【岡崎城の北にある松平家の菩提寺・大樹寺】

本多忠勝の主従感。

元康たちが逃げ込んだ大樹寺は、松平家の菩提寺でもあります。その大樹寺も昌久の軍勢にぐるりと取り囲まれてしまいました。

「儂のせいじゃ。儂が判断を誤った…」自分の首を差し出せば、家臣たちは助かるのではないかと考えた元康は、一族の墓前で腹を切ろうとします。

※)第一回目の自害。

その姿を見た本田忠勝は「俺で良ければ介錯をしてやる」と声をかけました。

山田裕貴は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト本多忠勝を演じる。

話す内に、元康は、忠勝の父は元康の父を守って死に、祖父は元康の祖父を守って死んだということを知ります。

自分の命を捨ててでも守る値打ちのある御方を主君と仰ぎたいと言う忠勝に、元康は、今度は自分が死んで家臣を守ると言いました。

しかし、それを聞いた忠勝は激怒します。

「俺の真の望みは、いつの日かお主を主君と仰ぎ、お主を守って死ぬ事であった」それでも、元康の決意は変わらず、小刀を持つ手に力を籠めたその時、幼い頃の記憶が蘇ったのでした。

竹千代時代の記憶。

竹千代の事を白うさぎと呼び、『弱ければ死ぬだけじゃ』と言って、暴力ともとれる方法で武術を教えていた信長に、初めて立ち向かい組み伏せ「竹千代は虎じゃ!」と宣言した時の記憶でした。

岡田准一は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト織田信長を演じる。

生気を取り戻した元康は、小刀をおろしまます。

元康の威厳。

大樹寺の門を開き、騙し討ちに遭った松平昌久に吠えながら威厳を示したのです。

堂々と名を名乗り「我ら是より、本領・岡崎へ入る」と宣言し、知略に長けた大演説をします。

「必ずやこの元康が平定し、いかなる敵からも護ってみせる!織田からも武田からも護ってみせる!」

昌久はその言葉に圧倒されて腰を抜かし、元康の家臣たちは元康の力強い言葉に歓喜しました。

「道をあけぃ!」そう叫ぶ元康に続き、家臣たちも叫びます。

まっすぐに進み出てくる元康にあわせるように、気圧された昌久の軍勢は道をあけていくのでした。

第2話「兎(うさぎ)と狼」のドラマ後半でのこのシーンはクライマックスで、何回観ても泣けるシーンです。

徳川家康
徳川家康

松平蔵人佐元康である。我らこれより、本領岡崎へ入る。我が首欲しければ取ってみるがよい。かかってまいれ!

徳川家康
徳川家康

ただし!ただし、岡崎で我が帰りを待つ千の兵たちが怒りの業火となって、貴殿の所領に攻め入るであろうからしかと覚悟せよ。

徳川家康
徳川家康

また、いったんは敗れたる今川であれど、新当主・氏真様のお力で早晩立ち直るは必定!その今川と我らを一度に相手できるならばやってみよ!三河は我が父祖が切り取った国じゃ。

徳川家康
徳川家康

 必ずやこの元康がいま一度平定し、いかなる敵からも守ってみせる。 織田からも武田からも守ってみせる!わしは(振り返り、家臣団に)寅の年、寅の日、寅の刻に生まれた武神の生まれ変わりじゃ!そなたたちのことは、このわしが守る!わしが守るんじゃ!」

この時、元康の後ろ姿をジーと見つめていた青年が後の四天王になる杉野遥亮さんが演じる榊原康政です。

杉野遥亮は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト榊原康政を演じる。(大河初出演)

岡崎に帰還した元康。

元康は岡崎に帰還しました。そして、力強く民に呼び掛けるのです。

徳川家康
徳川家康

「皆の者!案ずることはない。今川様は必ずよみがえる。 そして、この元康は寅の化身じゃ!いかなる敵も、恐るるに足らず。織田信長など蹴散らしてくれようぞ!」

と。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」のネタバレ。竹千代は織田家の人質。

竹千代は尾張の人質となる。

「可愛いのぅ。白い子兎のようじゃ」戸田から竹千代を奪い取った織田信長は、竹千代を白兎と呼び、自分の配下と共に訓練をつけます。

信長の父・信秀は人質として竹千代を使おうとしましたが、その価値がなくなったと知るとすぐさま竹千代を殺そうとしました。

しかし信長は「生かしておけば役に立つこともありましょうぞ」そう言って竹千代を自分の傍におきます。

「この世は地獄よ」そう言って暴力のような稽古をつける信長の姿は、幼い竹千代には恐怖でしかありませんでした。

竹千代と信長の出会い。

元康(竹千代)と信長の出会いは幼少期までさかのぼります。元康(竹千代)は尾張に人質として送られ、信長の父・織田信秀と出会います。

信秀が竹千代を斬るよう家臣に命じると、そこに信長の一団が現れ、

織田信長
織田信長

親父殿、こやつは俺のおもちゃじゃ。 勝手なことをされては困りますな

織田信長
織田信長

生かしておけば、使い道もありましょうぞ、竹千代はこの信長が預かりまする。

と竹千代の命を救うのです。しかし、その後は竹千代にとって地獄でした。

織田信長
織田信長

かわいいのう。白い子兎のようじゃ。食ってやろうか!。

相撲を取らされ、投げ飛ばされる日々を過ごすのです。竹千代は「地獄じゃ…」と言いながら・・・。

信長は「そりゃあいい。その通り、この世は地獄じゃ!と竹千代に言い聞かされるのです。

竹千代は兎ではない。

日々、地獄のような相撲をさせられる竹千代ですが、ある日、信長を倒します。

その時、信長は竹千代の目を見て「そうだその目だ、その目を忘れるな」と幼い竹千代にこの世は強くなければ滅ぼされることを教えるのでした。

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」劇的な登場キャストは?

大樹寺に逃げ込んだ元康は自害を試みますが、本田忠勝の言葉で我に返ります。

元康と榊原康正との出会い。

その一部始終を見ていた榊原康正が、ひょうひょうと「怖れながら、間違いにございます」と進み出ました。

自分は大樹寺で勉強をしている者だと元康に言います。

元康が「汚れたこの世を離れ、極楽浄土へ行け」という意味だと言っていた「厭離穢土欣求浄土(おんりえどごんぐじょうど)」

その意味は、「汚れたこの世をこそ浄土にすることを目指せ」という意味だと伝えたのです。

その言葉を聞いた元康は何かを決心したような表情になり、大樹寺の扉を開き、自ら敵前に進み出るのです。

杉野遥亮は2023年大河ドラマ「どうする家康」でキャスト榊原康政を演じる。(大河初出演)

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」の感想。

2023年大河ドラマ「どうする家康」第二話「兎と狼」。放送中から、織田信長に関するワードがトレンドを席巻していましたね!

今までにない弱々しい家康に、「俺の白兎」「食ってやろうか」というBL要素満載の信長の言葉。

軽いノリに見えるドラマですが、根底に流れているものが骨太過ぎて驚きます。

冒頭、「於大の方」がなぜあんなに急いで生みたがるのだろう…と思っていたら「寅」に拘っていたからなのですね!

竹千代のお披露目はライオンキング。

竹千代のお披露目シーンはさながらライオンキングのプライドロックの場面のようで、古沢良太氏らしい遊び心が楽しいです。

 
 

プライムビデオで視聴ライオンキング

大変な環境に育ったにも関わらず、お人好しの元康がどんな風に古だぬきと言われる人物になっていくのだろうと思っていましたが、

まさにひとつづつ、経験を積み上げていくのだろうな、と。

家臣団の一人になったような気持ちで「殿!しっかり!」とヤキモキしたり、覚醒した場面では「殿!ご立派になられて!」と感動したり(元康の雄姿を見る忠勝の瞳がキラキラしてましたね!)で、とっても楽しいです。

岡崎に入ったあとも大演説をぶちかました元康が、部屋に入った瞬間「これからどうしよう~」と転がる様子にも大笑いしてしまいました。

それもそのはず、寅の年、寅の日、寅に刻に生まれ虎の化身のはずの元康は、実は兎の年の生まれ。そんな冒頭シーンの回収にも大笑いでした。

それと、幼い竹千代と信長の出会いはとても激しい「動の世界」が描かれていましたね。

岡田信長の圧に立ち向かう幼少期の竹千代(家康)でした。

しかし、同時代を描いた「麒麟がくる」では信長と竹千代は静かに「碁」を打つシーンが描かれていました。

麒麟がくる第10話「一人ぼっちの若君」のあらすじと感想。

「どうする家康」視聴者の感想。

引用:ヤッフーニュース

2話まで見たけど、正直今のところ微妙な大河だなあという印象。鎌倉殿がめちゃくちゃ面白かっただけに、落差がね…。一番違和感持ったのは、家康と信長の関係ってあれでいいの?ってこと。いくらなんでも信長を極度に恐れすぎでは。織田家の人質時代、あそこまでトラウマになるほどの状況だったなんて話は申し訳ないが聞いたことがない。あと家康にしても信長にしてもキャラを誇張しすぎ。

引用:ヤッフーニュース

これはこれで楽しい、その通り! 「西郷どん」の時も史実と違うという人がいたし、「麒麟が来る」でも駒や太夫は余計だとか言った人居たけど、ドラマでしょ? 覚醒が2話では早いと思ったが、最後に「どうしよう」と困るとこは良かった。 見ますよ

引用:ヤッフーニュース

若い頃の家康はこんなもんかもと思ったりもします。試行錯誤で苦しい中をくぐり抜けてきたかな。良い部下にも恵まれた。いろいろ過去を想像してこれはこれで楽しんで視ています

「どうする家康」第2話「兎(うさぎ)と狼」の紀行。

本編放送後に縁の史跡などを紹介する「紀行」は、第2話でも、主演キャストの松本潤自ら縁の地を訪ねています。

ナレーションは石川数正役の松重豊です。第2話は、愛知県岡崎市の「岡崎城」と「龍城神社」そして本文でも登場する「樹大寺」です。

その樹大寺の紹介では、後に徳川の旗印になる「厭離穢土欣求浄土」の欣求浄土の土を強調するため「圡」と書かれていましたね。

まとめ。

次週は第3話「三河平定戦」です。

岡崎に戻った元康ですが、今川から援軍は来ず、織田には全く歯が立たず…。

織田に下るべきだと言う家臣の意見もあるなか、瀬名が駿府にいる事を考えるとそれも出来ずという状態。

予告での於大の方の「家臣と国の為ならば己の妻と子ごとき平気で討ち捨てなされ!」という言葉が強いです。

さらに、まさかの本田忠勝討ち死に?!一体どんな「どうする?!」が待っているのでしょうか。楽しみです!

2023年どうする家康
U-NEXT
U-NEXT

大河ドラマの見逃し配信は「U-NEXT」
経由のNHKオンデマンド契約をお勧め
します。

「U-NEXT」は無料お試し期間が31日間
あります。

無料期間中で見逃した「大河ドラマ」
をイッキ見して下さい。

ただ、局の事情で「真田丸」など配信
していない大河もありますので、「公式」
から最新情報を確認して下さい。

アマゾンプライムビデオで「大河ドラマ」を視聴する。

アマゾンプライム会員(500円/月)の方は
アマゾンプライムビデオにNHKオンデマンド
のチャンネルがあります。
チャンネル購入して大河ドラマを視聴して
下さい。

NHKオンデマンドの見逃しパックは
月額990円です。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました