大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト一覧。キャスト変更有り。

2024年光る君へ

2024年のNHK大河ドラマは吉高由里子が主演を務める「光る君へ」です。ここでは出演キャストを一覧で紹介します。

また、出演者の不祥事で一人配役の変更がありました。代役を紹介しています。

主人公の紫式部は、千年の時を超えるベストセラー「源氏物語」を書きあげた女性で、「光る君へ」では紫式部(まひろ)の人生を描いています。

キャッチコピーは「この想い1000年前も1000年後も」です。

1000年前の雅な日本の平安中世を表現力豊かな俳優陣で表現してくれるのか、とても楽しみですね。

変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性・紫式部の愛と人生物語で脚本は大石静氏が務めます。

放送予定 2024年1月〜12月 (放送開始は2024年1月7日)
大石 静(オリジナル作品)
制作統括 内田ゆき
演出 中島由貴/佐々木善春

さて、「光る君へ」は、雅で華麗な舞台に素敵なキャストの皆さんが導いてくれます。あなたが大好きなキャストは誰ですか?

もし見逃したなら「NHKオンデマンド」をチャンネル登録しイッキ見して下さい。

アマゾンを良く利用する方は貯まったポイントで「NHKオンデマンド」を利用すれば、実質無料でイッキ見できますね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

アマゾンをあまり利用しない大河ファンは【U-NEXT】

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

  1. 大河ドラマ2024年「光る君へ」、制作スタッフ。
    1. 脚本(オリジナル作品):大石静。
    2. 制作統括(内田ゆき)が語る「源氏物語」の扱い。
  2. 大河ドラマ2024年「光る君へ」主人公紫式部のキャストは。
    1. 吉田由里子(役:紫式部=まひろ)
    2. 落井実結子(子役:まひろ)
  3. 大河ドラマ2024年「光る君へ」紫式部(まひろ)家族のキャスト。
    1. 佐々木蔵之介(役:藤原宣孝=まひろの夫)
    2. 岸谷五郎(役:藤原為時=まひろの父)
    3. 国仲涼子(役:まひろの母・ちやは)第1話で退場。
    4. 高杉真宙(役:まひろの弟・藤原惟規)
  4. 大河ドラマ2024年「光る君へ」オリジナルキャラクターのキャスト。
    1. 三遊亭小遊三(役:絵師=えし)
    2. 毎熊克哉(役:直秀)
    3. 矢部太郎(役:乙丸=おとまる)
    4. 野村麻純(役:さわ)
    5. 信川清順(役:いと)
    6. 本多力(役:百舌彦=もずひこ)
  5. 大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原道長家族のキャスト。
    1. 柄本佑(役:藤原道長)
    2. 木村皐誠(子役:三郎「後の道長」
    3. 黒木 華(役:道長の嫡妻・源倫子)
    4. 渡邊圭祐(役:道長の嫡男・藤原頼通)
    5. 見上 愛(役:道長の長女・藤原彰子)
    6. 益岡徹(役:倫子の父・源雅信(みなもとのまさのぶ)
    7. 石野真子(役:倫子の母・藤原穆子(ふじわらのむつこ)。
    8. 瀧内公美(役:源明子)
  6. 大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原兼家家族のキャスト。
    1. 段田安則(役:道長の父・藤原兼家)
    2. 三石琴乃(役:道長の母・時姫)
    3. 財前直見(役:兼家の妾・藤原寧子)
    4. 玉置玲央(役:兼家の次男・藤原道兼)
    5. 吉田羊(役:道長の姉・藤原詮子)
  7. 大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原道隆家族のキャスト。キャスト変更有り。
    1. 井浦新(役:道長の兄で、兼家の嫡男・藤原道隆)
    2. 板谷由夏(役:道隆の嫡妻・高階貴子)
    3. 三浦翔平(役:藤原伊周=ふじわらのこれちか)
    4. 高畑充希(役:道隆の長女・藤原定子=ふじわらのさだこ)
    5. 上地雄輔(役:道長の異母兄弟・藤原道綱)
    6. 竜星涼(役:藤原隆家=道隆の次男)キャスト変更。
  8. 大河ドラマ2024年「光る君へ」歌人のキャスト。
    1. ファーストサマーウイカ(役:ききょう/清少納言=せいしょうなごん)
    2. 凰稀かなめ(役:赤染衛門=あかぞめえもん)
  9. 大河ドラマ2024年「光る君へ」道長政権下のキャスト。
    1. 渡辺大知(役:藤原行成)
    2. 本田大輔(役:源俊賢)
    3. 金田哲(役:藤原斉信=ふじわらのただのぶ)
    4. 町田啓太(役:藤原公任=ふじわらのきんとう)
    5. 宮川一朗太(役:藤原顕光=ふじわらのあきみつ)
  10. 大河ドラマ2024年「光る君へ」ライバルキャスト。
    1. 橋爪淳(役:藤原頼忠)
  11. 大河ドラマ2024年「光る君へ」道長関係者のキャスト。
    1. 秋山竜次(藤原実資=ふじわらのさねすけ)
  12. 大河ドラマ2024年「光る君へ」天皇と親族のキャスト。
    1. 木村達成(役:67代・三条天皇)
    2. 塩野瑛久(役:66代・一条天皇)
    3. 坂東巳之助(役:64代・円融天皇)
    4. 本郷奏多(役:65代・花山天皇=師貞)
    5. 井上咲楽(役:藤原忯子=ふじわらのよしこ)
    6. 高橋光臣(藤原義懐=ふじわらのよしちか)
  13. 大河ドラマ2024年「光る君へ」学者と外来人のキャスト。
    1. ユースケ・サンタマリア(役:安倍晴明=あべのはるあきら)
    2. 浩歌(ハオゴー)(役:朱仁聡)
    3. 松下洸平(役:周明)
  14. 大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト発表と相関図。
    1. キャスト発表第7弾。
    2. キャスト発表第6弾。
    3. キャスト発表第5弾。
    4. キャスト発表第4弾(キャスト変更有り)
    5. 永山絢斗は降板。
    6. キャスト発表第3弾。
    7. キャスト発表第2弾。
    8. キャスト発表第1弾。
  15. まとめ。

大河ドラマ2024年「光る君へ」、制作スタッフ。

脚本(オリジナル作品):大石静。

脚本の大石静も「なぜ紫式部があんなに奥深くて、行間に人生哲学や権力批判や文学論を込めた作品を書けるようになったのか」と「光る君へ」のテーマを語っています。

ただ、源氏物語ファンにも楽しめるようなオマージュが所々にちりばめられているらしいので、大河を観ながら「源氏物語」の勉強にもなりますね。

大石静「過去の大河ドラマ」の脚本は2006年の「功名が辻」です。

脚本家「大石静」が描く2024年大河ドラマ「光る君へ」の見どころ。

制作統括(内田ゆき)が語る「源氏物語」の扱い。

放送前から注目を集めていたのが作中での「源氏物語」の扱いですが、制作統括の内田ゆき氏は「源氏物語を描くことはありません」ときっぱりと述べています。

その理由は「紫式部自身が、彼女が感じる思いをどのようにフィクションにしていくか、それが後半の見どころになる」とコメントしています。

内田氏のコメント:

紫式部(まひろ)や藤原道長と長く関わる人々、そしてドラマの前半を動かす貴族たちを演じる皆さんを発表いたしました。特別な絆で結ばれている紫式部と藤原道長ですが、それぞれの配偶者が加わって展開していく人間模様、是非ご注目ください。

平安の男女は優雅なうえにもアクティブで、お互いに影響を与えながら濃密な人生を生きていました。喜んだり悲しんだり、笑ったり怒ったりと、人間くさい魅力にあふれた平安貴族たちを、個性豊かな俳優陣がどのように演じられるか、どうぞお楽しみに。

大河ドラマ2024年「光る君へ」主人公紫式部のキャストは。

主人公である紫式部(まひろ)を演じるキャストは「吉高由里子」さん、藤原道長を演じるキャストは「柄本佑」さんです。

それでは「光る道へ」で多く登場する他の藤原姓のキャストと、また朝廷を題材にした大河で外せないのは「天皇」ですので、天皇のキャストは誰なのか?

キャスト一覧で確認して下さい。

吉田由里子(役:紫式部=まひろ)

武家台頭の時代を目前に、華やかに開いた平安文化の花。きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性が紫式部(まひろ)です。

10世紀後半、京で生まれた一人の女の子は「まひろ」と名付けられます。父の藤原為時ふじわらのためときは漢学や和歌に秀でた文人の家系です。

ですが、下級貴族である一家の暮らしぶりはけっして豊かではありません。

まひろの文学の素質は幼いころから際立ったものがあり、弟への講義を横で聞くだけで、漢学も和歌も覚えてしまうほどでした。

学問はまひろにとって、心の中の豊かな世界観の礎となっていたのです。少女のまひろが出会った運命のひとがのちの最高権力者となる藤原道長ふじわらのみちながです。

まひろと道長はやがてお互いにかれていきますが、両家の家格の違いと、まひろの母の死にまつわる秘密が、二人の関係に影を落とすのです。

吉高由里子(キャスト)が「光る君へ」で演じるは紫式部(まひろ)。

落井実結子(子役:まひろ)

第1話「約束の月」で登場しますが、第2話のまひろは吉高さんにバトンタッチです。

「光る君へ」第1話「約束の月」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

大河ドラマ2024年「光る君へ」紫式部(まひろ)家族のキャスト。

佐々木蔵之介(役:藤原宣孝=まひろの夫)

佐々木蔵之介は紫式部を温かく見守る夫・藤原宣孝を演じます。

紫式部(まひろ)は藤原宣孝と結婚し、一女を授かるも僅か2年数ヶ月で宣孝が病に倒れ亡くなります。

夫の死後に紫式部は「源氏物語」の執筆します。二人の出会いや、短いですが夫婦として過ごした時間に想像を膨らませています。

ドラマでの藤原宣孝は第2話「めぐりあい」でまひろの成人を祝う裳着もぎの儀式に立ち会います。「世渡り上手で華やか、押しの強いキャラ」です。

佐々木蔵之介(キャスト)が「光る君へ」で演じるのは藤原宣孝。

岸谷五郎(役:藤原為時=まひろの父)

紫式部(まひろ)の父。

藤原一門であるが、下級の貴族で、裕福な生活とは縁遠く、和歌や漢籍に通じる文人であり、まひろに文学の素養を授けます。

岸谷五郎(キャスト)が「光る君へ」で演じるのは藤原為時。

国仲涼子(役:まひろの母・ちやは)第1話で退場。

紫式部(まひろ)の母。

不器用ゆえに官職に恵まれない夫・藤原為時に尽くし、衣服を食べ物に換えるなどして暮らしを支えています。

豊かとはいえない暮らしの中でも、家族の前では笑顔を絶やさず幼いまひろや弟の太郎を、愛情深く育てる優しい女性です。

しかし、早くして死んでしまいます。まひろにもっといっぱい教えたいことはあったと思います。

ちはやの死は「まひろ」にとって大きな出来事になったことでしょう。

ドラマでは第1話で退場です。不条理にも道長の兄であり藤原兼家次男の道兼に殺されてしまうのです。

「光る君へ」第1話「約束の月」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

高杉真宙(役:まひろの弟・藤原惟規)

紫式部(まひろ)の弟で、幼名は太郎。

勉学が苦手で、文学の才がある姉としょっちゅう比較されています。のんびり、ひょうひょうとした性格です。

大河ドラマ2024年「光る君へ」オリジナルキャラクターのキャスト。

三遊亭小遊三(役:絵師=えし)

絵を描くかたわらで、文や歌の苦手な者のために代筆業を営む男。実は、まひろが文や歌を作っている。まひろが創作することへの、最初の入り口となる。

毎熊克哉(役:直秀)

町辻で風刺劇を披露する散楽の一員です。当時の政治や社会の矛盾を面白おかしく批判しています。

その自由な言動に、まひろ(紫式部)と藤原道長は影響を受けますが、直秀は本性のわからない謎めいた男なんです。

毎熊克哉(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる直秀とは。

矢部太郎(役:乙丸=おとまる)

野村麻純(役:さわ)

“さわ”は、父の為時が世話をする女性との結婚で生まれた娘。

愛情に飢えた、一風変わった娘で、まひろを慕い親しくなる。やがて父親の九州赴任についていくことになります。

信川清順(役:いと)

本多力(役:百舌彦=もずひこ)

大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原道長家族のキャスト。

柄本佑(役:藤原道長)

平安の貴族社会で、最高の権力者として名をのこした男性が藤原道長です。

名門、藤原北家ほっけに生まれ、兄の道隆みちたか道兼みちかねの陰で、一見目立たない存在でした。しかしどこか光るもののある青年貴族に成長します。

やがて思わぬ事態が重なり、若くして政権の中心に躍り出ることになり、戸惑いながらも、次第に政治家としての力をつけていき、その非凡さが表出します。

道長は、娘たちを次々と天皇のきさきとし、続く代々の天皇の外戚がいせきとなることで、頂点に上りつめていくのです。

まひろ(紫式部)とは幼いころに出会い、のちに「源氏物語」の執筆をバックアップし、后となった娘に学問を授けさせるために宮中に出仕させます。

二人には身分差があり、一定の距離があるかに見えるが、実は、その心は生涯離れることのできない、ソウルメイトとしてつながっていたのです。

互いの人生の輝き、喜び、そして苦しみをつぶさに見つめあうことになる道長とまひろ(紫式部)の物語が始まりました。

柄本佑(キャスト)が「光る君へ」で演じるは藤原道長。

木村皐誠(子役:三郎「後の道長」

黒木 華(役:道長の嫡妻・源倫子)

道長の嫡妻・源倫子を黒木華が演じます。左大臣・雅信の娘で宇多天皇のひ孫です。

おおらかさと強さをあわせ持つ女性で、紫式部とも交流があり不思議な関係が築かれていきます。

第3話で登場します。まひろが和歌を学んでいる倫子のサロンに参加し出会います。後に、道長の正室になり、道長の出世に伴って政治に巻き込まれていきます。

黒木華(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる源倫子とは。

渡邊圭祐(役:道長の嫡男・藤原頼通)

道長の嫡男。権力者の父のもと、若くして出世していきます。

しかし政治に興味がなく、父には尊敬と反発の複雑な思いを抱き続けます。のちに宇治に平等院を造営します。

見上 愛(役:道長の長女・藤原彰子)

道長の長女です。

幼いうちに一条天皇に入内し、定子と競う立場となります。紫式部(まひろ)は才を見込まれ、彰子のもとに宮中女房として出仕します。

彰子は、一条天皇にふさわしい妃になろうと努力を重ねます。

益岡徹(役:倫子の父・源雅信(みなもとのまさのぶ)

石野真子(役:倫子の母・藤原穆子(ふじわらのむつこ)。

瀧内公美(役:源明子)

大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原兼家家族のキャスト。

段田安則(役:道長の父・藤原兼家)

藤原氏の中でも、名門中の名門で、権力を得て政治のトップに躍り出ようと画策します。いずれは天皇の外祖父となり、栄華を息子らに継がせようと作戦を練ります。

段田安則(キャスト)が2024年大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原兼家とは。

三石琴乃(役:道長の母・時姫)

道長の母であり、兼家の嫡妻です。

出世街道を突き進む夫を支えつつ、とりわけ三兄弟の行く末を思い、見守っています。

財前直見(役:兼家の妾・藤原寧子)

兼家の妾(しょう)。一人息子の道綱を溺愛しています。

和歌に長たけており、兼家との日々を「蜻蛉日記」として残しました、才色兼備の女性で、まひろも幼いころから、蜻蛉日記を読みこんでいます。

玉置玲央(役:兼家の次男・藤原道兼)

道長の次兄で、物語ではヒール役粗暴だったという設定です。

兄の道隆にすべてがかなわず、父の愛情に飢えています。その苛立いらだちの矛先が道長に向くこともあり、紫式部(まひろ)との間には、ある因縁があるのですが…。

その因縁とは、第1話「約束の月」でまひろの母「ちはや」を殺してしまうのです。

「光る君へ」第1話「約束の月」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

玉置怜央(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原道兼とは。

吉田羊(役:道長の姉・藤原詮子)

円融天皇と詮子あきこの子・一条天皇が産まれたのは、天元3年(980年)です。ただ、円融天皇には、詮子の他にも藤原遵子のぶこという女御がいました。

遵子の父は、関白・藤原頼忠です。第2話で登場しますね。遵子が女御となったのも、詮子と同じ978年でした。遵子は子を産むことはありませんでした。

お子はいませんでしたが、皇后(中宮)になります。その要因として詮子が天皇の寵愛を受けていなかったこともあったでしょう。

詮子はその寂しさを弟の道長に第2話「めぐりあい」でこぼしていましたね。

吉田羊(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原詮子とは。

大河ドラマ2024年「光る君へ」藤原道隆家族のキャスト。キャスト変更有り。

井浦新(役:道長の兄で、兼家の嫡男・藤原道隆)

道長の長兄であり、兼家の嫡男です。

才色ともに優れており、上品さ、明るさをも兼ね備えた、申し分のない跡継ぎで、父・兼家は権力を弟たちではなく、息子に継がせようとしています。

板谷由夏(役:道隆の嫡妻・高階貴子)

道隆の嫡妻です。

宮仕えの経験があり、はきはきした知的な女性で、道隆のあとを継ぐ息子たち、そして天皇への入内が見込まれる娘の定子さだこの教育に力を入れています。

三浦翔平(役:藤原伊周=ふじわらのこれちか)

藤原道隆の嫡男で道長の甥ですがライバルでもあります。

高畑充希(役:道隆の長女・藤原定子=ふじわらのさだこ)

道隆の長女です。一家の繁栄を願う父の思いを一身に負い、年下の一条天皇に入内(じゅだい)します。

清少納言らが集う、才気にあふれたサロンを作り上げ、一条天皇の最愛の妃(きさき)となりますが、悲運に見舞われます。

高畑充希(キャスト)が「光る君へ」で演じる藤原定子(さだこ)とは。

上地雄輔(役:道長の異母兄弟・藤原道綱)

道長の異母兄弟。

知性豊かな母を持つが、本人は一向に才に恵まれず、父の兼家からは、嫡妻ちゃくさいの息子たちより格段に軽く扱われています。

性格は明るくお人よしで、憎めないところもある男性。

竜星涼(役:藤原隆家=道隆の次男)キャスト変更。

藤原隆家は、伊周、定子の弟。兄と同じく、道長との闘いの末、一家没落の憂き目を見るが、冷静かつ闊達な性格で乗りこえていく。

のちに大宰府に赴任し、大陸から攻めてきた刀伊(とい)と対峙することに。

竜星涼は2022年朝ドラ「ちむどんどん」でヒロインの兄・比嘉賢秀を演じています。

竜星涼が朝ドラ「ちむどんどん」で演じる暢子の兄・キャスト比嘉賢秀とは?

※)永山絢斗の代役(2023年8月9日出演が決まっていました)

大河ドラマ2024年「光る君へ」歌人のキャスト。

ファーストサマーウイカ(役:ききょう/清少納言=せいしょうなごん)

枕草子の作者である清少納言を演じる「ファーストサマーウイカ」ドラマでは「ききょう」と言う名で登場します。

歌人・清原元輔の娘で才気煥発。一条天皇に入内した定子のもとに女房として出仕し、心からの忠誠を尽くします。

ファーストサマーウイカ(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる清少納言とは。

凰稀かなめ(役:赤染衛門=あかぞめえもん)

大河ドラマ2024年「光る君へ」道長政権下のキャスト。

渡辺大知(役:藤原行成)

一条朝 四納言藤原行成を渡辺大知が演じます。道長よりも6歳下で、道長政権下で蔵人頭に抜擢されます。

細やかな気遣いで実務に能力を発揮し、欠かせない存在として支え続けます。文字の美しさでは右に出る者がおらず、もてはやされました。

渡辺大知(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原行成とは。

本田大輔(役:源俊賢)

金田哲(役:藤原斉信=ふじわらのただのぶ)

一条朝 四納言「藤原斉信ただのぶ」を演じるのは金田哲さんです。道長、公任とともに青春時代を過ごします。

道長の長兄・道隆のもとに仕えるも、道長が出世しはじめると、変わり身の早さを見せ、腹心として地位を築いていきます。

ききょう(清少納言)とも交流がある貴族です。

金田哲(はんにゃ)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原斉信とは。

町田啓太(役:藤原公任=ふじわらのきんとう)

一条朝 四納言「藤原公任きんとう」を演じるのは町田啓太さん。頼忠の息子です。道長とは同い年で、友情を育むが、出世レースが進むにつれ関係が変化してきます。

音曲、漢詩、和歌など文化面に秀でており、まひろ(紫式部)の源氏物語に興味を持ちます。

町田啓太(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原公任とは。

宮川一朗太(役:藤原顕光=ふじわらのあきみつ)

大河ドラマ2024年「光る君へ」ライバルキャスト。

橋爪淳(役:藤原頼忠)

橋爪淳は公任の父・藤原頼忠を演じます。

橋爪淳のコメント

大石先生が命を吹き込む平安時代の人物「頼忠」が、あたかもそこにいるかのように生きることができたらおもしろいだろうなぁと思っています。

どんな言葉をしゃべり、どんな行動をする人なのか、そこから見えてくる頼忠の在り方を見つめながら頼忠を生きたいと思います。

大河ドラマ2024年「光る君へ」道長関係者のキャスト。

秋山竜次(藤原実資=ふじわらのさねすけ)

大河ドラマ2024年「光る君へ」天皇と親族のキャスト。

「光る君へ」では5人の天皇が登場すると思われます。

62代 村上天皇 在位22年(946年−967年)
63代 冷泉天皇 在位 3年(967年−969年)

ここから登場。

  • 64代 円融天皇 在位16年(969年−984年)キャスト:坂東巳之助
  • 65代 花山天皇 在位 3年(984年−986年)キャスト:本郷奏多
  • 66代 一条天皇 在位26年(986年−1011年)キャスト:塩野瑛久
  • 67代 三条天皇 在位 6年(1011年−1016年)キャスト:木村達成
  • 68代 後一条天皇 在位21年(1016年−1036年)キャスト:未定

(在位年数はすべて足かけ年数)

木村達成(役:67代・三条天皇)

居貞親王。冷泉天皇の皇子で67代天皇。

いとこの一条天皇よりも四歳年長でありながら、その東宮(皇太子)として二十年以上を過ごします。

叔父である道長の次女・妍子を妃に迎えるが、即位したのち、道長との確執は深まっていきます。

塩野瑛久(役:66代・一条天皇)

66代天皇。

道長のおいで、幼くして即位した。入内じゅだいした道隆の長女・定子を寵愛ちょうあいするが、のちに道長の長女・彰子も入内し、世継ぎをめぐる政争に巻き込まれます。

理性の勝った性格の一方、文学が好きで、紫式部の源氏物語に強い興味を抱きます。

坂東巳之助(役:64代・円融天皇)

64代天皇。

道長の姉・詮子あきこが入内し、懐仁(やすひと=のちの一条天皇)を授かります。

道長の父・兼家は、孫の懐仁を一日も早く天皇とし、外祖父として権力を握ろうとします。譲位を勧められた円融天皇は悩むことに。

本郷奏多(役:65代・花山天皇=師貞)

65代天皇。

東宮(皇太子)のころから、紫式部(まひろ)の父・為時による漢籍の指南を受けていました。

即位後、兼家の孫である懐仁が東宮となったために、早々の譲位を画策され、大事件が起きるのです。

本郷奏多(キャスト)が「光る君へ」で演じる花山天皇とは。

井上咲楽(役:藤原忯子=ふじわらのよしこ)

藤原よし子は、花山天皇の女御。寵愛を受けるが早逝。天皇の出家のきっかけとなります。

第7話「おかしきことこそ」で退場しました。

「光る君へ」第7話「おかしきことこそ」のあらすじ(ネタバレ)感想。

高橋光臣(藤原義懐=ふじわらのよしちか)

藤原義懐は、花山天皇の叔父。若い天皇を支える役として急速に出世するが、藤原兼家の謀略によって天皇は退位し出家します。

大河ドラマ2024年「光る君へ」学者と外来人のキャスト。

ユースケ・サンタマリア(役:安倍晴明=あべのはるあきら)

陰陽師安倍晴明(あべのはるあきら)を演じるのはユースケ・サンタマリアです。

陰陽師(おんみょうじ)とは、陰陽寮に属する天文博士で、並外れた占いの才能を持ち、常人にはない力があると畏怖される存在です。

天皇や貴族の生活はもちろん、政局にも大きな影響を及ぼします。

ユースケ・サンタマリア(キャスト)が「光る君へ」で演じる「安倍晴明」とは。

浩歌(ハオゴー)(役:朱仁聡)

宋からやってきた商人らの長。

船が漂着し、越前に逗留しています。実は、宋の朝廷から、ある密命を負っており、越前国守の藤原為時と交渉にあたるのでした。

松下洸平(役:周明)

朱仁聡らと共に越前にやってきた、宋の見習い医師・周明ヂョウミン

まひろに宋のことばを教えていくなかで二人は親しくなっていきます。優しく穏やかだが、どこか謎めいたところがある男。

大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト発表と相関図。

キャスト発表第7弾。

2023年11月17日(金)X(旧ツイッター)で発表がありました。

キャスト発表第6弾。

2023年8月31日(木)X(旧ツイッター)で発表がありました。

キャスト発表第5弾。

キャスト発表第4弾(キャスト変更有り)

永山絢斗は降板。

引用:ヤッフーニュース(2023/6/16)

キャスト変更(降板)は必須ですね。

自宅で大麻を所持したとして、警視庁が16日、大麻取締法違反の疑いで俳優の永山絢斗容疑者(34)を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると15日夜、東京都目黒区内のマンションに警視庁の捜査員が家宅捜索に入り、永山容疑者から事情を聴き、逮捕した。

過去の逮捕者(降板者)

  • 2019年「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で足袋屋の主人・黒坂辛作役のピエール瀧
  • 2020年「麒麟がくる」で帰蝶役の沢尻エリカ

キャスト発表第3弾。

キャスト発表第2弾。

キャスト発表第1弾。

2022年5月20日記者発表がありました。

まとめ。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2024年光る君へ
大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。
U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました