大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

三浦翔平(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原伊周とは。

2024年光る君へ

2024年大河ドラマ「光る君へ」でキャストの「三浦翔平」さんが演じるのは「藤原伊周」です。

「藤原伊周」とはどんな貴族だったのか?

「光る君へ」は藤原姓が数多く出現するのでキャスト一覧の相関図も参考にし関係性も確認して下さい。

ここでは「三浦翔平」さんが「光る君へ」で演じる「藤原伊周」の登場シーンを参考にしながらその人なりを紹介していきます。

さて、「光る君へ」は、雅で華麗な舞台に素敵なキャストの皆さんが導いてくれます。あなたが大好きなキャストは誰ですか?

もし見逃したなら「NHKオンデマンド」をチャンネル登録しイッキ見して下さい。登録はU-NEXT又はアマゾンプライムのどちらかを利用して下さい。

31日間無料の⇒大河ドラマの見逃し配信は「U-NEXT」のNHKオンデマンド。

30日間無料の⇒「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

無料期間中にあなたの好きなキャストさんを観ましょう。散楽の一員・直秀を演じた松熊克哉さんは9話で殺されてしまいましたからね。

この9話は「光る君へ」の最初の山場だと思います。

 

三浦翔平(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる「藤原伊周(これちか)」とは。

藤原伊周とは?

藤原伊周の読み方は「これちか」です。父は藤原北家、摂政関白内大臣藤原道隆で伊周は嫡男です。

母は、高階貴子。生誕は天延2年(974年)とされています。妹は一条天皇の后となった高畑充希さんが演じている藤原定子です。

伊周は道長の甥ですが道長とは一世一代の政敵となります。ですので、「光る君へ」では道長と伊周の政権争いが描かれると思います。

それは道隆や道兼そして道長の父・兼家の最期が描かれる第14話「星落ちてなお」で摂政関白の跡継ぎは道隆と決まった時点から始まっていました。

藤原伊周の出世。

伊周の父・道隆が摂政となった年、永祚2年(990年)蔵人頭になります。第14話「星落ちてなお」で描かれました。

蔵人頭(くろうどのとう)とは。

日本の朝廷における令外官の役職で、蔵人所の実質的な長です。蔵人所は天皇の秘書官である蔵人が働く役所で、現代で例えるならば秘書課にあたります。

蔵人頭は天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めました。

その後。父・道隆が権力をわが物のする比例して伊周も出世します。第15話「おごれる者たち」では、道長との最初の争いごとも描かれました。

今後も2人の権力闘争は激しくなっていくのでしょうが、父・道隆の没後はその力は衰退していくのです。

藤原伊周の失敗。

「長徳の変」は長徳2年(996年)に発生しました。

それは、正月16日、太政大臣「藤原為光の四女」に通う本郷奏多さんが演じている「花山法皇」を伊周の従者が矢を放ったことでした。

伊周は、自分の思い人の「藤原為光三女」と誤解し、放った矢が法皇の袖を突き通したのです。上皇に向けて矢を射掛けたという事件は政治問題化しました。

「光る君へ」に出演する他のキャスト一覧はこちら
大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト一覧&相関図。

まとめ。

「光る君へ」で登場する藤原伊周がどんな人物であったのかはあまり知られていません。

ですので11話から登場した三浦翔平さんが演じる「藤原伊周」を見ながら学んでいきたいと思います。

公式では非常に貴族として優秀でそれゆえに自信家であったのでしょう。描き方もそのようなシーンが度々ありました。

親の七光りは現代社会でも特に政治の世界では世襲として地盤を引きつぎますが、素晴らしい功績を遺した世襲議員がいないのが悲しい現実です。

1000年前の日本では世襲が当然でしたので伊周を学びながら平安の権力闘争を見続けていきたいと思います。

 

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2024年光る君へ
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました