大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

段田安則(キャスト)が2024年大河ドラマ「光る君へ」で演じる藤原兼家とは。

2024年光る君へ

2024年大河ドラマ「光る君へ」に登場する「藤原兼家」と彼を演じるキャストの段田安則さんを紹介します。

「藤原兼家」とはどんな人物だったのか?道長の父ですが、彼にどんな影響を与えたのか?

「光る君へ」の兼家の公式見解では、時には悪だくみをしますが、家族を守っている良きお父さんとの紹介です。

「段田安則」さんはこれまでも大河ドラマは数多く出演していますが、今回の兼家ではどんな演技を魅せてくれるのか?

とても楽しみです。

さて、「光る君へ」は、雅で華麗な舞台に素敵なキャストの皆さんが導いてくれます。あなたが大好きなキャストは誰ですか?

もし見逃したなら「NHKオンデマンド」をチャンネル登録しイッキ見して下さい。

アマゾンを良く利用する方は貯まったポイントで「NHKオンデマンド」を利用すれば、実質無料でイッキ見できますね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

アマゾンをあまり利用しない大河ファンは【U-NEXT】

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

段田安則(キャスト)が2024年大河ドラマ「光る君へ」で演じる「藤原兼家」とは。

名門藤原北家の生まれ、藤原摂関家の三男の家に生まれながら兄・兼通との確執や同族の小野宮流との後宮争いを経て、

権力を欲し、娘の詮子を入内させることに成功します。(光る君へではここから始まります)

策略による花山天皇の廃位などを経て、詮子が産んだ皇子を即位させ(一条天皇)兼家はその外祖父として政権を掌握します。

摂関家の嫡流としての地位を確立し、以後、摂関は兼家の子孫が独占します。兼家は東三条大入道殿と呼ばれて尊重されました。

生誕は延長7年(929年)で死没は永祚2年(990年)7月2日ですので当時としてはかなり長生きしていますね。

藤原兼家とは。

兼家はあまりいい男ではありません。ドラマでもその嫌な男を段田さんが快演しています。

兼家の目的は自分の出世ではなく家を繁栄させることです。その執着が恐ろしく、悪いことも荒っぽいことも行います。

さらに時には裏の道を使って必死に家を守っていきます。1000年前の公家がこのような生き方をしていたのか?

特に陰陽師の安倍晴明との駆け引きはそこまでして権力を得たいのかと思わせるシーンが随所にあります。

藤原兼家が3兄弟に託した使命とは。

長男の道隆は跡取りとして信頼しています。三男である道長も同じく信頼していますが、次男の藤原道兼は違うようです。

策略など裏の道を次男に託していますね。

右大臣・藤原兼家。

ドラマでは右大臣で登場し関白まで上り詰める人です。徐々に偉い立場になっていきます。衣装などにも注意しながらそのプロセスも楽しみの一つです。

権力争いの中心人物ですので主役(まひろ)を演じている吉高由里子さんとの共演は極端に少ないようです。

段田安則(キャスト)が「光る君へ」で演じる「藤原兼家」の主な登場話。

第1話「約束の月」で登場。

「光る君へ」は脚本の大石さんが発しているように「平安時代のセックス&バイオレンス」です。

そのバイオレンスのパートが藤原兼家で、ゴットファーザーです。ですので第1話から登場し全ての話で登場すると思います。

先ずは1話からお読み下さい。

「光る君へ」第1話「約束の月」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

「光る君へ」に出演する他のキャスト一覧はこちら
大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト一覧&相関図。

段田安則の大河ドラマ出演作。

1990年:翔ぶが如く。

役:金太

1991年:太平記。

役:北条仲時

1996年:秀吉。

役:滝川一益

2016年:真田丸。

役:滝川一益

役20年ぶりの4回目の大河ドラマは1996年秀吉と同じ役・滝川一益を演じています。

織田信長の家臣ですが、秀吉と違い「運」がない武将です。なぜなら本能寺の変後「明智成敗」では北条と戦っていて秀吉に先に越されてしまいます。

また、その後の織田家存続を決める「清須会議」では関東に出陣して出席できず歴史から外されてしまいます。

その関東に出陣時の家臣が真田丸で描かれている草刈正雄さんが演じている真田昌幸です。一益は真田を信じていません。

ですが人の良さがでて騙されてしまうのです。このやり取りはぜひ「真田丸」をNHKオンデマンドでご視聴下さい。

大河ドラマ2016年「真田丸」のキャスト一覧。

段田安則の朝ドラ出演作。

1994年:ぴあの。

役:柴田嘉明

1996年~97年:ふたりっ子

役:野田光一

2000年~01年:オードリー

役:佐々木春夫

2021年:カムカムエヴリバディ

役:雉真千吉 :11月1日 – 12月23日

カムカムエヴリバディは3人のヒロインが織りなす100年のストーリーとのキャッチでした。

段田さんが出演するのは上白石萌音さんが演じる初代ヒロインで「安子の物語」でその安子と幼馴染の父親が段田さんが演じる雉真千吉です。

岡山で繊維会社の雉真繊維を一代で築きあげた地元でも知られる実力者です。

雉真千吉も「光る君へ」と同じキャラクターで時代は違え家族を思う一家の長で二人の息子を育てました。

段田安則(キャスト)が朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で演じる雉真千吉とは?

段田安則とは。

京都市立花山中学校、龍谷大学付属平安高等学校卒業。立命館大学文学部日本文学専攻を中退。

俳優へのキッカケは。

大学中退後、劇団青年座附属の青年座研究所に入所し、第5期生として1981年に卒業しました。

同年、野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」へ入団し、1992年の劇団解散まで主力俳優として活動しています。

シリアスもコミカルも巧みにこなす名バイプレイヤーとして活躍中で、1996年の「ふたりっ子」で主人公の父親役を好演し、これ以降は「大石静」脚本の常連出演者です。

プロフィール。

本名:段田安則
生年月日:1957年1月24日
出生地:京都府京都市東山区山科(現・山科区)
身長:170cm
血液型:A型
活動期間:1980年代~
配偶者:既婚
事務所:シス・カンパニー
公式サイト:所属事務所によるプロフィール

まとめ。

段田安則が「光る君へ」で演じる「藤原兼家」に、多くの視聴者が注目していると思います。

と言うのも、良く見る俳優さんですが、薄い印象を持っていました。ただ、2016年の「真田丸」を視聴して俳優「段田安則」を再認識しました。

と言うのも舞台歴が長い「段田安則」ですので舞台鑑賞に縁のない小生としては当然だったのかもしれません。

滝川一益と言う織田家家臣では頼りになる武将でしたが、運を引き寄せない武将を見事に演じていました。

「光る君へ」のバイオレンス役をどのように演じてくれるのか期待し応援していきます。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2024年光る君へ
大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。
U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました