大河ドラマファンは特典盛りだくさんの「アマゾン」を利用。

ファーストサマーウイカ(キャスト)が大河ドラマ「光る君へ」で演じる清少納言は6話で登場。

2024年光る君へ

2024年大河ドラマ「光る君へ」で「清少納言」を演じるキャストは「ファーストサマーウイカ」さんです。

「清少納言」はどんな人物だったのかも分からなくても名前を聞いたことはあると思います。

「ファーストサマーウイカ」さんが演じる「清少納言」をどのように描いてくれるのか?とても楽しみです。

また、「ファーストサマーウイカ」さんがどのような清少納言を演じてくれるのか、とても楽しみです。

さて、「光る君へ」は、雅で華麗な舞台に素敵なキャストの皆さんが導いてくれます。あなたが大好きなキャストは誰ですか?

もし見逃したなら「NHKオンデマンド」をチャンネル登録しイッキ見して下さい。

アマゾンを良く利用する方は貯まったポイントで「NHKオンデマンド」を利用すれば、実質無料でイッキ見できますね。

「大河ドラマ」をamazonプライムビデオで視聴する。(無料動画/見逃し配信)

アマゾンをあまり利用しない大河ファンは【U-NEXT】

U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

ファーストサマーウイカ(キャスト)が「光る君へ」で演じる「清少納言」の発音は。

第6話「二人の才女」で登場する「清少納言」、まず驚いたのがその呼び方(発音)です。

「漢詩の会」が始まる前のナレーションで、「清・少納言」と区切っていましたね。私は初めて知りました。

清少納言という呼び方は「宮仕えの呼び方」で父親の姓、清原から取ったようで、清少納言の「清(せい)」とは実家清原氏のことですね。

今まで「せいしょう・なごん」と区切って読んでいました。正しくは「せい・しょうなごん」だそうです。

ただ、清少納言の本名は全くわかりません。

ファーストサマーウイカ(キャスト)が「光る君へ」で演じる「清少納言」とは。

生誕は康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃)没しています。正確な生没年や本名は不明ですので推定ですね。

父は歌人である「清原元輔」の娘です。清少納言は、橘則光と結ばれ、子の則長をもうけますが、夫とはその後、離別します。

清少納言は、一条天皇の中宮・定子(内大臣・藤原道隆の娘。道隆の弟が道長)に仕えることになります。宮中での女房名です。

「清」は清原姓に由来するとされています。

「少納言」は官職少納言に由来するものですが、当時女房名に官職名を用いる場合は父親や近親者がその官職にあることが通例でした。

しかし、清原氏の近い親族で少納言職を務めたものはいません。「少納言」の由来は不明です。

「光る君へ」の清少納言とは。

NHK公式での紹介は、才気喚発かんばつで和歌の会などでたびたび学才を披露します。

一条天皇(藤原詮子と円融天皇の子)の中宮である藤原定子の女房になり、「清少納言」の名を授かります。

後に「枕草子」を書いて評判になります。ドラマでは「ききょう」と言う名で登場します。「枕草子」から感じるものがベースです。

愛嬌や温かみのあるキャラクターで、家庭を捨ててキャリアを優先します。ただただ真っすぐ自分の夢を追っています。

平安時代中期の自由でない抑えつけられた環境でももっと広い世界を見たい、自分を生かしたいと思った「ききょう」は稀有な存在だったのでしょう。

キャリアウーマンの先駆けですね。

「光る君へ」の清少納言と藤原定子の関係性。

清少納言の「枕草子」は、一条天皇の中宮だった亡き定子を追懐ついかい(思い出を懐かしむ)するものでした。

紫式部が仕える彰子(同じく一条天皇の中宮)としては、それが我慢できないものだったのかもしれません。

それが、紫式部の清少納言批判につながった可能性もあります。要は立場が違うライバルですね。

「光る君へ」の清少納言(ききょう)と紫式部(まひろ)の関係性。

紫式部のライバルとしてよく名前が上がるのが清少納言です。では、紫式部は清少納言をどう評価していたのでしょう。

「奇をてらうばかりで、中身がない」と感じていたようです。紫式部は清少納言の「枕草子」を全否定したいかのようです。

では、ドラマではどのような描き方をするのでしょう。

実際、紫式部と清少納言は、年齢や宮仕えの時期も10年近く違うため、面識はなかったとされています。

ファーストサマーウイカが「光る君へ」で演じる「清少納言」の主な登場シーン。

「光る君へ」第6話「二人の才女」で登場。

道長の兄である藤原道隆が開く漢詩の会の講師にまひろの父・為時が招かれまひろも同席します。

その会で、同じ講師を務めるのが「清原元輔」で娘の清少納言(ききょう)を連れてきます。そこでまひろとききょうは対面するのです。

明るく闊達なききょうは、

清少納言
清少納言

胸が高鳴りますわ。大いに楽しみましょうね。

と屈託なくまひろに呼びかけていました。

この漢詩の会で「紫式部と清少納言の若き日の出会いであった」というナレーションが入りましたね。

「光る君へ」第6話「二人の才女」のあらすじ(ネタバレ)感想。

「光る君へ」に出演する他のキャスト一覧はこちら
大河ドラマ2024年「光る君へ」キャスト一覧&相関図。

ファーストサマーウイカとは。

ファーストサマーウイカさんは大阪の京橋で生を受けます。

中学時代に吹奏楽部で打楽器を担当したことをきっかけにドラムを始め、高校時代はロックバンドを組んで活動していました。

高校卒業後、専門学校へ通いますが1年で退学しました。バンド以外の活動を模索し「自由に動き回れる役者さんっていいな」と演劇を志します。

女優デビュー。

「大阪 劇団」と検索して上位に表示された劇団のオーディションなどに応募を重ねます。

2009年に「RETORUTO AUDITION 2009」を経て劇団レトルト内閣に入団して10月2日に『哀願ソワレ 〜ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票〜』で女優デビューします。

以後は本名の「初夏(ういか)で5年間活動します。

プロフィール。

上京前の2012年から2013年に撮影された2014年公開の映画「月震のかずみ」で主演。8月17日の完成披露試写会で「初夏(ういか)」と名乗りました。

監督の金子陽介は「すごい子がいる。将来大きくなるからぜひ」と共通の知人を介しての紹介と語っています。

本名:堂島 初夏(どうじま ういか)
別名義:初夏(旧芸名)
生年月日:1990年6月4日
出身地:大阪府大阪市
身長:161cm
血液型:B型
活動期間:2009年~
配偶者:一般人男性(2015年~)
著名な家族:石津謙介(大おじ)
所属劇団:劇団レトルト内閣(2009年~ )
事務所:キューブ
公式サイト

ファーストサマーウイカの大河ドラマ。

大河ドラマは「光る君へ」が初出演です。

ファーストサマーウイカの朝ドラ出演作。

2021年:おちょやん

役:ミカ本田

まとめ。

ファーストサマーウイカが「光る君へ」を演じる演技に、多くの大河ファンが注目していると思います。

と言うのも、「清少納言」とは?と、平安時代は難しいと思っている大河ファンでも聞いたことはあると思います。

また「枕草子」と言う言葉も聞いたことはあると思いますが、詳しいことは分からない文学を不得意としている大河ファンには絶好のチャンス到来です。

ファーストサマーウイカのイメージはどちらかと言うと気が強いタイプに見えますよね。そのイメージが「清少納言」のイメージと一致するのか?

その一点に注目して視聴していきたいと思います。

アマゾン。

アマゾンをよく利用する大河ファンは既にプライム会員(600円/月)になって
いると思います。

プライム会員は特典がいっぱいありますよね。

貯まったポイントを利用し「NHKオンデマンド」で「光る君へ」を視聴している
と思います。

もし会員になっていないのであればアマゾンプライムに登録し、NHKオンデマンド
のチャンネルを購入しましょう。

NHKオンデマンドの見逃しパックは月額990円です。

2024年光る君へ
大河ドラマの見逃し配信(無料動画)はU-NEXT。
U-NEXT

日曜日は大河ドラマ。そんなTV鑑賞が常態化して何年が経っただろうか?

タイマー録画を忘れたこともありました。でも今や平日にスタバーでゆっくりと観ることもできます。
【U-NEXT】って素晴らしい。

満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました