「鎌倉殿の13人」第19話「果たせぬ凱旋」ついに義経逃亡。
スポンサーリンク

大河ドラマで「歴代の秀吉」を演じた俳優一覧。

歴代のキャスト
歴代の秀吉
Pocket

大河ドラマで「歴代の秀吉」を演じた俳優さん。あなたの好きな秀吉は誰ですか?

「歴代の秀吉」の見どころと魅力を紹介します。もう一度観たい方は要チェックです。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」は長谷川博己さんが演じる明智光秀が主人公です。

ですが、光秀の対抗馬といえばやはり秀吉が登場しますよね。その秀吉を演じたのは佐々木蔵之介さんでした。

やはり天下人になる豊臣秀吉を演じる方は皆さん名俳優です。

その中でも、独眼流政宗の秀吉(勝新太郎)は今でも記憶に残っている大河ファンは多いと思います。

小田原で二人が立ち小便をするシーンで勝さんがもう少し遅く来たら首がなっかたと言うシーンです。

白装束の政宗はそれで救われるのです。北条攻めの小田原でのシーンがいずれの秀吉でも気になりますね。

しかしながら”秀吉”と言えばやはりこの方でしょうね。

スポンサーリンク
ドラ子
ドラ子

「歴代の秀吉」をもう一度見たくなったなら「NHKオンデマンド」の見放題パックでお楽しみ下さい。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)で有料ですが、U-NEXT経由ですと31日間無料体験ができますよ。

この無料期間に「歴代の秀吉」を観て下さい。
(※ただ真田丸の秀吉は局の事情でオンデマンドにはありません)

!31日間無料体験!

!600ポイントプレゼント!
無料期間中も600ポイントがもらえます。

大河ドラマ「歴代の秀吉」を演じた俳優一覧。

大河ドラマの題材で安土桃山時代を描く作品はとても多いと思います。NHKの放送史によれば、

大河ドラマに初めて秀吉が登場したのは、1965(昭和40)年の第3作『太閤記』。まさに秀吉の生涯を描いた物語で、子役が演じる“日吉”時代からスタート。その後、青年期から晩年まで演じた緒形拳は、この作品で秀吉同様、一躍スターダムにのし上がった。

半世紀前の作品に秀吉は登場していたのです。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と日本人なら誰もが知っている“三英傑”ですので、主人公ではない同時代の作品でも必ず登場する歴史人ですね。

天下統一に導いた3名の描き方は放送する時代の脚本や演出によって同じ史実でも視点を変えて表現しています。

それでは放送年の新しい順に大河ドラマに登場した「キャスト豊臣秀吉」と秀吉を演じた俳優さんを紹介します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「歴代の秀吉」を演じた俳優一覧。2002年~2020年

まだあなたの記憶にも残っているいることでしょう。直近では明智光秀の見方が変わった「麒麟がくる」に登場した秀吉です。

2020年「麒麟がくる」は佐々木蔵之介

2020年の大河ドラマは「麒麟がくる」です。

主人公は明智光秀ですが当然「秀吉」は登場します。演じるは佐々木蔵之介さんです。

謎多き「明智光秀」を主人公にし新しい視点で2020年の大河ドラマは展開していきます。

2016年「真田丸」は小日向文世。

2016年の大河ドラマは「真田丸」です。

喜怒哀楽が激しい秀吉を演じるは小日向文世さんです。

その演技は視聴者さんから「怖すぎる」の評価もありとてもはまり役でしたね。

真田丸は制作の諸事情によりオンデマンドでは配信しておりません。視聴は大河ドラマ 真田丸 総集編 [DVD]でお楽しみください。

2014年「軍師官兵衛」は竹中直人。

2014年の大河ドラマは「軍司官兵衛」です。主役の黒田官兵衛は岡田准一さんが演じました。

戦国時代後期の大河ドラマです。

播磨国(現代の兵庫県南西部)に小名小寺家に仕える一人の青年がいました。名は黒田官兵衛です。

後に天下人の軍師として名を馳せることになる武将で嫡男は黒田長政です。

黒田家は関ケ原の戦い以降には筑前52万石の大名になります。

2011年「江~姫たちの戦国」は岸谷五郎。

2011年放送した大河ドラマ第50作目は「江~姫たちの戦国」です。

信長の妹・市を母に茶々、初、江という三姉妹の三女「江」の物語ですので当然秀吉も登場します。

江は徳川二代将軍・秀忠の正室であり、三代将軍・家光の生母です。物語の秀吉が一番恐れていた信長の気質に似ている江です。

秀吉を演じるは岸谷五郎さんです。

2009年「天地人」は笹野高史。

2009年放送した大河ドラマ48作目は妻夫木 聡が直江兼続を演じる「天地人」です。上杉景勝の家臣・直江兼続の生涯を描いています。

上杉謙信の精神は「義」です。仁愛の「愛」という信念にたどり着いた兼続は兜に「愛」の文字をかかげたことでも有名な武将ですね。

もちろん秀吉も登場し笹野高史さんが演じています。

2006年「功名が辻」は柄本明。

2006年放送の大河ドラマ45作目は仲間由紀恵さん主演の「功名が辻」です。

戦国時代を駆け抜け土佐24万石の大名となる夫・山内一豊を内助の功で支えるドラマです。

戦国時代ですから「秀吉」は登場します。功名が辻の秀吉は演技が深い柄本明さんでした。

2002年「利家とまつ」は香川照之。

2002年放送の大河ドラマは加賀百万石の礎を築き上げた前田利家の生涯を、妻・まつとの夫婦愛を軸に描いたサクセスストーリーです。

利家の妻・まつと秀吉の妻・寧々の若い時のシーンは今でも頭の隅に残っていますね。

利家と秀吉の友情関係、信長、秀吉、そして家康の時代へとドラマは展開していきます。

まさに大河ドラマの定番ですね。そして、秀吉を演じたのは今は半沢直樹で超有名になった大和田常務を演じた「香川照之」さんです。

大河ドラマのデビュー作でした。

DVD⇒唐沢寿明・松嶋菜々子主演 【NHKスクエア限定商品】

大河ドラマ「歴代の秀吉」を演じた俳優一覧。1965年~1996年

1996年「秀吉」は竹中直人。

1996年:秀吉(竹中直人)

DVD⇒竹中直人主演 【NHKスクエア限定商品】

1989年:春日局(藤岡琢也)

DVD⇒大原麗子主演 大河ドラマ 春日局 総集編 DVD-BOX 全2枚セット【NHKスクエア限定商品】

1987年:独眼竜政宗(勝新太郎)

DVD⇒渡辺謙主演【NHKスクエア限定商品】

1983年:徳川家康(武田鉄矢)

DVD⇒大河ドラマ 徳川家康 【NHKスクエア限定商品】

1981年:おんな太閤記(西田敏行)

DVD⇒大河ドラマ おんな太閤記 【NHKスクエア限定商品】

1978年:黄金の日々(緒形兼)

DVD⇒松本幸四郎主演 黄金の日日【NHKスクエア限定商品】

1973年:国盗り物語(火野正平)

DVD⇒平幹二朗主演【NHKスクエア限定商品】

1971年:春の坂道(中村芝鶴)

DVD⇒萬屋錦之介主演 【NHKスクエア限定商品】

1969年:天と地と(浜田光夫)

DVD⇒大河ドラマ 天と地と【NHKスクエア限定商品】

1965年:太閤記(緒形拳)

DVD⇒大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】

まとめ。

大河ドラマで歴代の豊臣秀吉を演じる俳優さんは戦国時代の設定によってキャスティングを変えていると思います。

ですけどほとんどが準主役的な役割になりますよね。

主人公として最初に描いたのは、1965年の「太閤記」でした。

そして大ヒットした1981年の「おんな太閤記」、1996年の「秀吉」の三作品だと思います。

その他、準主役として描きその存在感が半端なく凄かったのは、2016年の真田丸の小日向さんが演じる「秀吉」だと思います。

天下人から現れて主役の真田信繁(幸村)とのからみはかわいらしさが現れて幸村以外は鋭さを演じています。

いずれにしても戦国時代の大河ドラマには欠かせないキャストであり演じる俳優さんによって秀吉像が変わりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました