青天を衝けはいよいよ明治編です。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2009年「天地人」は笹野高史。

歴代のキャスト
歴代の秀吉は笹野高史
Pocket

2009年大河ドラマは「天地人」で「歴代のキャスト秀吉」を演じたのは笹野高史さんでした。

主役は妻夫木聡が演じる上杉家の家臣・直江景勝で「愛」の文字の兜が話題になりました。

2009年は、リーマンショックによる不況や政権交代などで、日本が目まぐるしく変わった年でした。

その中で、理想を掲げながらも戦国の激しい世の中で葛藤しつつ、関ヶ原や大坂の陣を越え、江戸時代まで生き抜いた「上杉家の重臣・直江兼続」を描いた天地人。

上杉家に立ちはだかる一人として描かれたのが、笹野高史さん演じる豊臣秀吉で、評価では『猿顔と海千山千っぷりが強調されて、当たり役』と言われました。

今回は「天地人」の秀吉と、演じる笹野高史さんを紹介します。

先ずはオープニングをお聞き下さい。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2009年「天地人」は笹野高史。

「※もみじの家臣」になることを理想として主君・上杉景勝に忠誠をつくしつつ、やがては織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三天下人と渡り合うことになる直江兼続です。

(※もみじとはその樹を守るために葉を落とす)

兼続から見た秀吉は、リーダーらしく陽気な人柄でありながらも、金や権力で人が動くとみる傾向が強く、冷酷な策士としての面も見せたのだと思います。

それでも、のちに兼続の友人となる石田三成が忠実に使えているあたりは、将の器たるに十分とみていたのでしょう。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2009年「天地人」秀吉の登場シーン。

冒頭シーンで秀吉は多量の金銀を使い、兼続に自分の家臣になるよう勧めながらも断られるシーンがありましたね。

秀吉の派手好きな性格や、金や権力で人は動くという考え方がよく出ていると思われます。

物語では、当初は信長の家臣として登場し、信長に兼続の暗殺を命じられる秀吉。

陽気なことは陽気なのですが、同時に信長の命令とはいえ、邪魔な人間をためらいなく殺す冷酷さは、この時点からあったものと考えられるのです。

2009年大河ドラマ天地人。第20話秀吉の罠(わな)。

放送:2009年5月17日

20話では、秀吉が明智光秀や柴田勝家を討ち、関白にもなって名実天下人になった中で、上杉景勝に上洛を迫るようになります。

ここではフィクションではありますが、秀吉が自ら景勝の拠点である越後まで出向き、景勝を屈服するように仕向けるように描かれています。

越後くんだりまで出向き、景勝に金や権力で釣るとはいえ臣従を求めるあたりは、天下人としての気力と体力の持ち主であったとみていいのではないでしょうか。

もちろんこのドラマの景勝は義で生きているとはいえ、寡黙で気難しい印象を与える人物ではあるので、より秀吉の苦労がより強調されているのではないかと思われます。

2009年大河ドラマ天地人。第26話関白を叱(しか)る。

放送:2009年6月28日

秀吉の力が日に日に強力になるのを見て、上杉景勝・直江兼続は秀吉へ臣従するという筋書きでしたね。

その中で秀吉は直江兼続の器量を見抜き、冒頭同様、兼続の前で砂金を積んで自らの家臣になるよう勧めますが、兼続は断るという筋書きでした。

相変わらず秀吉の、金と権力で人は動くという考え方が見て取れますが、その中で兼続の、理想と忠義でしか動かないのを見て、非常に動揺したのは確かでしょう。

2009年大河ドラマ天地人。第32話世継ぎの運命(さだめ)

放送:2009年8月9日

晩年の秀吉は耄碌(もうろく)した面が強調されて描かれることが多いですが、今回はそれが一番に描かれた面でありましょうか。

すでに無謀な朝鮮出兵をしていた秀吉ですが、拾への溺愛っぷりもまた異常に描かれていました。

それゆえに一度は養子・跡継ぎにしていた豊臣秀俊(のちの小早川秀秋)を遠ざけて小早川家の養子とし、さらには、関白の座を譲った豊臣秀次も遠ざけるのです。

秀次切腹は次の話になりますが、このあたりから秀吉の耄碌(もうろく)ののろしと豊臣家の落日への起点が描かれていたような気がします。

2009年大河ドラマ天地人。第34話さらば、越後。

放送:2009年8月23日

ここでは病に臥せった秀吉が、家康の力を恐れて景勝・兼続主従を越後から会津に、伊達政宗を会津から陸奥に国替えする描写があります。

病に伏せ、後継ぎにも恵まれない秀吉が、一番の実力者である家康をどれだけ恐れていたかがわかりますね。

一時期は「にこにこ」しあいながらも家康と掛け合っていた秀吉ですが、その海千山千ぶりが病によって鳴りを潜めたような気がします。

2009年大河ドラマ天地人。第35話家康の陰謀

放送:2009年8月30日

前田利家や石田三成に後を託しつつ、秀吉は35話でなくなります。

本当は幼き秀頼や、自分の後天下を取ろうとする家康に対して頭がいっぱいだったのは確かで、心の内では死んでも死にきれない思いが強かったものと思われるのです。

日本史上最高の成功者であった秀吉も、しょせんは一人の人間に過ぎないということですね。

2009年大河ドラマ「天地人」。豊臣秀吉とは。

秀吉は天下人になって大名たちの頂点に立つわけですが最後は一人で逝くのですね。

[keni-linkcard url=”https://taigatv.club/rekidai/hideyoshi-ichiran-2″]

関連記事⇒大河ドラマで歴代の「豊臣秀吉」を演じた俳優一覧

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた笹野高史とは?

笹野高史さんは、1948年6月22日、兵庫県で生まれました。

コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる笹野高史さん。

「どんな役にもカッコよさがある」事を物事に取り組む姿勢としているようです。

一例として、台詞の裏に隠された役の深みを知るために、台本の余白部分には担当役の履歴書を自分なりに書き込んでいるそうです。

笹野高史さんの芸歴。

当初は船員でした。

ですが、俳優への夢をあきらめきれず、1972年に『ヴォイツエク』で初舞台を踏み、1979年の舞台『上海バンスキング』で注目されます。

歌舞伎分野でも、『コクーン歌舞伎』、『平成中村座』などにも出演し、

「夏祭浪花鑑」長町裏の場、通称「泥場」での悪役、義兵次、『隅田川続俤』通称「法界坊」などに出演しております。

自らの出身地にちなんで淡路屋の屋号を持つことで知られます。

映画では『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』以来、

『男はつらいよ』シリーズのモブ役、『釣りバカ日誌』シリーズの前原運転手役で有名になります。

さらには、2007年には山田監督の『武士の一分』で第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ数々の賞を受賞しております。

2014年には映画『グレイトフルテッド』で主演を果たします。

山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在となっております。

また、渥美清さんに自身の演技スタイルを後押しされたことからワンシーン役者を自称するようになっております。

原則として来る仕事を拒まない性格で、子供向け番組にも積極的に出演しようとする意識もあります。

特に笹野さんの子供が視聴者でもあった『重甲ビーファイター』のほか、

『カンフーパンダシリーズ』では師匠のシーフー老師役、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でもレギュラー出演し、アカニンジャーに変身したこともありました。

大河ドラマは1990年の『翔ぶが如く』を最初に『天地人』で7回目の出演となります。

まとめ。

秀吉役として十分に当たり役だった笹野高史さん。

近年、ダーティーに描かれることの多い秀吉においては、その陽気な性格と、海千山千というべきしたたかさを演じていました。

同時に、独裁者となった晩年の秀吉の常軌を逸した行動もよく演じたものだと思います。

笹野高史さんは大人向けのドラマから子供向け番組まで様々な役を演じ分ける人です。

いつまでも活躍してほしい俳優さんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました