青天を衝けはいよいよ明治編です。

「歴代のキャスト茶々」を演じた女優。「真田丸」の竹内結子をもう一度見たい!

歴代のキャスト
Pocket

信じられないことがおきました。真田丸で天真爛漫な茶々を演じた竹内結子さんが2020年9月27日未明、都内の自宅で急死したとの報道がありました。40歳でした。

自殺との報道でとてもショックです。大好きな大好きな女優さんでした。ご冥福をお祈りします。

さて、「大河ドラマ2016年真田丸」で、明るく天真爛漫で、時に空気の読めない言動を繰り返してきた竹内結子が演じる茶々はのちの淀殿です。

時には悪女とも評され、悲劇の人生を歩みながらも気性の激しさとその美貌で歴史に大きなインパクトを残してきた淀殿の演出が、このような形で描かれたのは奇抜とも、斬新とも取れます。

真田丸のキャスト茶々は第14話の「大阪」から登場します。

真田丸で茶々を演じた女優・竹内結子をもう一度見たい!

真田丸の茶々は天真爛漫、小悪魔的で、でも悪意はありません。視聴していると竹内結子さんがとてもかわいい茶々に見えてきます。

素晴らしきキャスティングですね。竹内結子さんは大河ドラマ初出演です。

そんなかわいい竹内結子さんが演じる茶々をもう一度見たいとNHKオンデマンドで調べましたがありません。

どうやら真田丸はDVDだけしか視聴できないようです。

真田丸をもう一度見るには?TSUTAYA DISCAS。

真田丸は局の事情で動画配信はしていないようです。では真田丸をもう一度見たいときはどうすれば良いのでしょうか?

先ずはアマゾンなどの通販サイトDVDを購入する方法があります。

ですが、単品でもとても高くて全4巻セットはブルーレイでも58900円します。

そこで、DVDならレンタルがあります。先ずは⇒【TSUTAYA DISCAS】にアクセスして下さい。

>>先ずは30日間無料体験!!<<

↑動画に使える1000ポイント↑

「茶々」とは?

茶々の母は「市」。そうです織田信長の妹で戦国一の美女と賞され、さらに聡明だったとも伝えられています。

父は浅井長政です。織田信長は浅井家と同盟を結ぶために妹の市を浅井長政の嫁に出します。

しかし、浅井家は朝倉家と織田家の板挟みにあい、朝倉家に組して織田家との姉川の合戦で敗れてしまいます。

浅井長政は妻の市とその娘たちを城から脱出させ、自分は自刀します。

その三姉妹が茶々(秀吉の側室)、初(京極高次の嫁)そして江(徳川秀忠の妻)です。この女性たちが戦国時代から江戸幕府までの陰の主役ですね。

茶々の無邪気な行動と言動は、戦国の定めとは言え、幼少時代に経験した過酷な生い立ちを忘れようとしてのことか?ふと悲しみを感じさせるシーンもあります。

三谷幸喜らしい独特で個性的な人間らしいといえば言えますが、史実の茶々は幼少期に生みの父である浅井長政と、

さらには育ての父である柴田勝家、さらには生みの母であるお市を亡くしただけに、影が強く孤独なイメージが強かったのです。

そのため非常に意外な性格であったと私は思います。

茶々は秀吉の側室。

天正16年(1588年)頃、秀吉の側室となります。そして、天正17年(1589年)、捨(鶴松)を生むのです。

この懐妊を喜んだ秀吉から山城国淀城を賜り、以後「淀の方」と呼ばれるようになりました。

鶴松は天正19年(1591年)に死亡するが、文禄2年(1593年)に拾(秀頼)を産み、秀吉の死後は秀頼の後見人として豊臣氏の家政の実権を握るのです。

茶々の関ヶ原の戦い。

慶長5年(1600年)9月15日の関ヶ原の戦いにおける徳川方(東軍)の勝利の後、家康は淀殿の信頼の厚い大野治長を大坂城に送ります。

淀殿と秀頼が西軍に関与していないと信じていることを述べさせ、淀殿はこれに対して感謝の旨を返答しています。

茶々の大阪の陣。

大阪の陣で茶々は家康と戦います。

慶長19年(1614年)、大坂の陣が勃発します。翌慶長20年(1615年)の再戦(大坂夏の陣)で大坂城は落城、秀頼や大野治長らと共に自害し茶々(淀殿)の一生は終わります。

家康は豊臣家の蔵入地を関ヶ原の戦いの恩賞として諸将や自らで分配し、豊臣家は支配地を減らすことになります。

ここで茶々と秀頼の最後で豊臣の栄華は終わるのです。

茶々も人の親。

この時代の女性は『三界に家無し』といわれていたから、女性は戦国の中で流されるまま生きるしかないと悟っていたとか?

その一方、あまりにも幼少期に肉親の死に触れあいすぎたのかどうか、人情や人の死をほかの人間と同様には理解できない点があるのもビックリでした。

もっとも医学や栄養学が発達していないこともあって、この時代の平均寿命は約48歳、、、

それも半数以上が成人することなく死亡していた時代ですから、何より子を多く残して、家を生存させる確率を高めるのが確実な方法だったと思われます。

その中で最初の子供である鶴松(秀吉の子ではないという説がありますが)が3歳で早世した時には悲しみを見せるなど、、、

やはり茶々も人の親なんだという思いを見せましたね。

その一方で気性の激しい面は鳴りを潜めていたのは残念でしたが、人心掌握術は今一つで、、、

方広寺鐘銘事件の時には片桐且元を疑った人間にも且元にもいい顔をしようとしたこと、、、

我が子のために『天下人・豊臣家』にこだわろうとしてきたことは史実なのかと思いました。

やはり史実の茶々と、役者竹内結子を混ぜ合わせた新しい形での茶々を表現したのは非常に挑戦的と思いましたね。

勿論、気性の激しさは強調してほしかったけど。

茶々のイメージ。

今までの出来事から、これまでの茶々は美人だが影が強く、気性の激しいキャラクターとしての描写が多かったですよね。

大河ドラマ『江』で宮沢りえが演じた茶々も、沸点こそ強調されているものの浅井三姉妹の長女らしく、穏やかなしっかり者として描かれていました。

おそらくこれは、劇団作家の三谷幸喜が演じる役者と接してそのイメージからキャラクターづくりをするという習慣からできたキャラクターなんだと思います。

勿論、史実の茶々の境遇も考えたうえで。

ともあれ

『一見天真爛漫で明るくふるまっているが、その実はあまりにも肉親の死を経験しすぎたが故、その悲しみを無意識のうちに封印している』

という設定なのがびっくりでしたね。

茶々は後の淀殿。

茶々がそれでも『あなた(真田信繁)と私は同じ日に死ぬ』と、まだ付き合いが浅いうちからエスパーめいたことを言ったりと、勘の鋭い面を見せた茶々でした。

夫の豊臣秀吉が権謀術数にたけた面を強調されつつも『人たらし』らしく陽気な面を前に押し出されているのを見ていると、、、

バランス的にどうかと思いますが、素の竹内結子のイメージを崩さずに描かれた茶々は良くも悪くも大河ドラマ史上インパクトに残った茶々といえましょう。

真田丸は「見逃し配信」では視聴できません。こちらの真田丸 完全版 第壱集 [DVD]で視聴して下さい

ですが、単品でもとても高くて全4巻セットはブルーレイでも58900円します。

そこで、DVDならレンタルがあります。先ずは⇒【TSUTAYA DISCAS】にアクセスして下さい。

>>先ずは30日間無料体験!!<<

↑動画に使える1000ポイント↑

「真田丸」茶々の登場シーン。

永禄12年(1569年)~慶長20年5月8日(1615年6月4日))近江国小谷(現在の滋賀県長浜市)で生まれています。

天正元年(1573年)に父・長政が伯父・織田信長に敵対して攻められ、小谷城が落城すると母妹らとともに救出されました。

この時、父と祖父・久政は自害、兄の万福丸は捕らえられ、信長の命で羽柴秀吉によって処刑されています。

第14話「大阪」

4月10日放送、視聴率17.1%
天正13年(1585年)

大阪城に上杉景勝と一緒に上洛した信繁。秀吉に会うことは許されず部屋で待機し、手持ち無沙汰にしていると、突然部屋のふすまが開き、若い娘が駆け込んできました。

その若い娘が「茶々」です。

信繁への第一声は「殿下がね、あなたに会うのを楽しみにしていましたよ」でした。

第15話「秀吉」

4月17日放送、視聴率18.3%
天正14年(1586年)

ドラマの後半に登場します。会合後、秀吉が城の中庭の一室に信繁を案内しそこに入ると、茶々、大蔵卿局がいます。

車座になり秀吉は「茶々は、信長公の妹君・お市様の娘、この大阪城の中で一番の別嬪様」だと紹介します。

しかし、茶々は馬廻衆の権三と楽しげに視線を交わしていますがその姿を秀吉が見てその目は鬼の凍り付く恐ろしい目になります。

天正カルタは強引に終わらせ信繁を従えて廊下で、わしはいずれ、茶々を側室にするつもりだと信繁に告げるのです。

第16話「表裏」

4月24日放送

視聴率16.9%

茶々に色目を使っていた源三が井戸に落ち亡くなった。と言うか殺されたのです。

信繁はその代わりの馬廻衆(秀吉のSP)を仰せつかります。そのSPの筆頭・長泰の警告は茶々に近寄らない、でした。

第17話「再会」

5月1日放送

視聴率17.0%

茶々に気に入られた信繁は、秀吉の悋気を警戒して距離を置こうしています。

しかし、秀吉は茶々は寂しい女子だから仲良くしてほしいと、茶々の警護役をも申し付けます。

第18話「上略」

5月8日放送

視聴率19.1%

信幸、昌幸、そして信繁に予想外の事がおきました。大阪城で秀吉と謁見するはずだったが現れたのは秀次でした。

バカにされたのだ。昌幸は礼儀知らずの秀吉の世は長く続かないと酷評するのです。

その夜、信繁は茶々に取りなしを頼み、茶々は秀吉に「会ってやれば良いのに」と言います。信繁は茶々に借りを作ってしまいました。

第19話「恋路」

5月15日放送

視聴率17.0%

茶々の頼み事は、秀吉から入室を禁じられている槍や鉄砲、薙刀などが保管された武具に入ることでした。

茶々は幼くして父や幼い兄など身内を戦で亡くしています。

そして、寂しそうに、「私の親しい人たちは、皆、殿下に殺されました」そのせいで死を恐れなくなったと言います。

その瞬間、武具が茶々に倒れ掛かってきます。その時の茶々の表情は死を恐れている、だれか守ってほしい。そんな場面でした。

そして、信繁にしがみつきそのまま胸に顔をうずめ、「殿下に、側室になるよう言われました」と信繁に言うのです。

悲しみの表情でしたが、その言葉を発した瞬間、開き直ったようにも感じました。

第20話「前兆」

5月22日放送

視聴率18.7%

茶々は懐妊しました。しかしその事実が皆の歯車を狂わせ民は秀吉から離れてしまうのです。その表れが落首でした。茶々様のお腹の子は本当に殿下の子であるか?

もしかしたら秀吉が一番心配し怖かったのかもしれない。その証拠に門番全員を磔にし残虐な行為を三成に命じています。

三成は懸命に無駄な殺生はしないようにと訴えるが秀吉は三成にも切腹の命を出そうとします。その瞬間、寧が秀吉を諫め道理を説かれ秀吉は黙り込むのです。

そして茶々が現れ、この子は殿下の子ですよ。と茶々は楽しげな笑い声を残しその場から離れていきました。三ヶ月後、茶々は男子を出産するのです。

「真田丸」で茶々を演じた女優・竹内結子の魅力。

笑顔を迎えながら主人公である真田信繁を天真爛漫に迎えるシーンの竹内結子。そして、『貴方と私は同じ日に死ぬ気がする』

という、そののちの史実を暗示しているかのような演技はすごかったですね。実際に茶々は大坂夏の陣で信繁と同じ日に自害するものですから。

しかも親の仇であるはずの秀吉の側室になっても、憎しみをほとんど見せない表情がびっくりというものでした。

真田丸の茶々役の竹内結子とは?

竹内結子は1980年4月1日生まれ。埼玉県出身です。

中学を卒業してすぐ、原宿でスカウトされスターダストプロモーションに所属します。

ちょうどその折は恋愛及び強烈な三角関係を描いたトレンディドラマの最盛期。

竹内結子の芸能界デビュー。

1996年に堂本光一主演の『新・木曜の怪談 Cyborg』で快活な女子高生役を演じて女優デビューします。

その後は1999年の連続テレビ小説あすかのヒロインとして大きな印象を残し、自らの出世の足掛かりとします。
(ちなみにこの時に父親役を演じたのが、真田丸では徳川方の武闘派・本多忠勝を演じた藤岡弘、)

トレンディドラマの全盛期が過ぎると、数少ない演技派女優として注目されます。

竹内結子の出演作。

  • 2002年の月9『ランチの女王』で初主演。その後は実力派女優として知られるようになりました。
  • 2003年の主演映画『黄泉がえり』では、『泣きたいときには、竹内結子』というキャッチコピーが作られるほど。
  • 2007年の主演映画『サイドカーに犬』では、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞、日本映画批評家大賞主演女優賞な度を受賞しております。
  • 2015年、主演作品『残穢 -住んではいけない部屋-』が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されます。
  • 2018年、HuluとHBOアジアの初の国際共同製作ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』で女性版シャーロック・ホームズを演じ、、、

Huluにて配信されHBOでも世界19か国で放送されております。

やはり笑顔が魅力的なのかどうか、2015年にアカデミー賞アニメ部門を受賞したディズニー映画『インサイド・ヘッド(原題:Inside Out)』では、、、

主人公のヨロコビ(Joy)を演じております。

竹内結子のプライベート。

プライベート面では2005年に歌舞伎役者の中村獅童と結婚しましたが、2008年に離婚します。

その後は2019年に所属事務所の後輩である中林大樹と結婚しております。

竹内結子の交友。

柴咲コウとは『笑っていいとも』で知り合った後、2010年のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』で柴咲が歌う主題歌『EUPHOBIA』に友情出演しております。

真田丸の脚本家である三谷幸喜とは、2011年の映画『ステキな金縛り』への参加が初めてでした。

部隊の初主演である2014年『君となら』も三谷脚本。

そこから、笑顔が魅力的な竹内の特徴を三谷は知り、『真田丸』の茶々役につなげっていったのものだと思われます。

やはり竹内結子の魅力は、アヒル口の笑顔を中心とした明るさと、その演技力に尽きるといえましょう。

DVDでその魅力をもう一度観てみましょう。

まとめ。

竹内結子は実力派女優として知られながらも、大河ドラマは『真田丸』が初出演でした。

これからも明るい笑顔とその演技力で、どのような役をこれから先務めていくのか、また、これからの大河ドラマで、どのような役を務めていくのかというのが気になるところです。

(若手の綾瀬はるかも松坂桃李も複数の大河ドラマに出演していますから、竹内結子もそうであってほしいですよね。)

近年竹内結子はナレーション役も務めており、BSフジの『一滴の向こう側』、日本テレビ系列『所さんの目がテン!』に出演しております。

その一方で、舞台への出演は少ないようですが、これからの女優としてのキャリアに期待したいなといったところでしょう。

三谷幸喜は舞台から脚本家としてのキャリアを積んできた人間ですから、そこから舞台女優としてのキャリアも広がるといいですね。

女優・竹内結子さんの活躍を願っておりましたがとても残念で寂しいです。

[char no=”59″ char=”大河くん”]とにかく関ケ原は日本史の分岐点ですね。真田丸で竹内結子さんが演じる茶々をもう一度見て下さい。[/char]

真田丸を見るなら⇒【TSUTAYA DISCAS】。1回の発送枚数は2枚1組でその際に、返送用の封筒も同梱されていますのでとても便利です。

 

コメント

  1. […] 真田丸でキャスト茶々を演じた竹内結子。 […]

  2. […] 真田丸でキャスト茶々を演じた竹内結子。 […]

  3. […] 真田丸でキャスト茶々を演じた竹内結子。 […]

  4. […] 大河ドラマ「真田丸」でキャスト茶々を演じた竹内結子。 […]

  5. […] 大河ドラマ「真田丸」でキャスト茶々を演じた竹内結子。 […]

タイトルとURLをコピーしました