青天を衝けはいよいよ明治編です。

大河ドラマ2015年「花燃ゆ」の主役「キャスト美和」は井上真央。

歴代のキャスト
Pocket

大河ドラマ2015年「花燃ゆ」の主役「キャスト美和」を演じたのは井上真央さんです。

その年はチャイナショックなど、一時的な経済の破綻などがありました。

ちょうど日本ではアベノミクス3年目での最中でしたが、人々の暮らしはよくならず、新しい時代が求められていました。

幕末が物語の舞台である「花燃ゆ」はそうした時代に応じて作られた物語だったのでないかと思います。

でも、残念ながら主人公の杉文(楫取美和=かとりみわ)は吉田松陰の妹でもあってもとてもマイナーなキャラでした。

また、群集劇にしたためかそれぞれの物語を描き切れなかったので、低視聴率になってしまったようです。

[char no=”59″ char=”大河くん”]今回は花燃ゆを振り返り演じた「キャスト・美和」と美和を演じた井上真央さんについて紹介いたします。[/char]

大河ドラマ2015年「花燃ゆ」の主役「キャスト美和」は井上真央。

幕末、吉田松陰の妹として生まれた杉文(すぎふみ)、のちの楫取美和(かとりみわ)は、吉田松陰の弟子であった久坂玄瑞(くさかげんずい)と結婚します。

さて、過去の大河ドラマを視聴するにはNHKオンデマンドの配信がありますが、「花燃ゆ」の配信はありません。

花燃ゆを視聴するにはDVDを購入するかTSUTAYAディスカスを利用して下さい。

[keni-linkcard url=”https://taigatv.club/delivery/tsutaya-discas” target=”_blank”]

美和は長州生まれ。

1843年に、長州藩士・杉百合之助(すぎゆりのすけ)の四女として生まれ、当初は文(ふみ)と名付けられていました。

吉田松陰は弟子であった久坂玄瑞と美和の結婚で玄瑞とのつながりを強くしたかったようです。

しかし、吉田松陰は安政の大獄のさなか、事実上の老中暗殺計画を企てたために処刑されてしまいます。

その後を継いだ久坂玄瑞も、尊王攘夷運動のために長州にいないことが多く、やがて1864年の禁門の変で戦死しています。

美和は久坂の未亡人。

22歳で未亡人となった文は、姉・寿の夫であった小田村伊之助(楫取素彦)の世話を受けながらも、1865年、長州藩の奥御殿に入り、

藩主の後継ぎ・毛利定広の妻付きの女中、およびその子の興丸の養育係を務めます。

未亡人となった杉文ですが、このまま落ち込んではいられないと思い、名前を『美和』とします。

その中で、久坂玄瑞の隠し子であった秀次郎の存在を知り動揺しますが、久坂玄瑞の忘れ形見である秀次郎を育てる決意をします。

ドラマにあったように玄瑞の隠し子を知って育てたというのはフィクションであるとも思われますが、仮に隠し子があると知ったとしても、

美和と玄瑞の間に実子がいなかったということで、それも仕方ないと思ったのではないかと思われます。

(半数以上が成人することなく死亡した江戸時代で、家を残し子を残すのも『孝』の1つであり、女性はそれに従って子を育てるのが美徳とされていました。)

美和は楫取素彦と再婚。

そして明治になり、奥御殿が閉じられて、再興された久坂家の当主となった秀次郎を見送った美和は、美和の姉・寿の夫であった楫取(かとり)素彦に近づき、病身の姉を手伝って家事を引き受けます。

群馬県令(現在の知事)となった素彦は富岡製糸場を中心に産業振興に努め、美和は女子教育に奔走します。

やがて寿が亡くなると、美和と素彦は寿の遺言に従って再婚します。

大河ドラマ2015年「花燃ゆ」の主役「キャスト美和」は東京へ。

そして、さらなる飛躍を求め、群馬から東京へ旅立つのです。明治維新後から1876年までの美和の動静はよくわかっていません。

ですが、その後楫取素彦が群馬県令となると、美和は中風(半身不随)の寿に代わって、素彦の身の回りの世話や寿の看病、家事の取り仕切りなどをするようになります。

1881年に寿が胸膜炎で亡くなると、寿と美和の母の勧めもあって、素彦と美和は1883年に再婚します。

晩年は山口県防府市で過ごし、1921年に78歳で亡くなりました。

花燃ゆのDVD⇒大河ドラマ 花燃ゆ 総集編

大河ドラマ2015年「花燃ゆ」の主役「キャスト美和」を演じた井上真央。

『連続テレビ小説 おひさま』でオーディションなしで主演を勝ち取った井上真央さん。

『花燃ゆ』ののちは2017年フジテレビ系ドラマ『明日の約束』で母との関係に悩むスクールカウンセラーの役を演じます。

2019年のNHKドラマ『少年寅次郎』では『男はつらいよ』の主人公・寅次郎の養母を演じるなど、シリアスな役回りが多かったようです。

2016年のアニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』では、純真な子猫・ルドルフの声を当ててもいます。

しかし2020年7月には日本テレビ系列『二月の勝者-絶対合格の教室』では人情味のある教師・佐倉麻衣を演じる予定です。

どんな物語になるか、および井上真央さんが演じる麻衣はどんなキャラクターになるのか気になるところです。

美和を演じた井上真央の最新映画は?

『花より男子シリーズ』で一躍有名になった真央さんですが、2008年の映画『花より団子F』で主人公・牧野つくしを演じた後で、

映画『白ゆき姫殺人事件』で殺人容疑者の役を演じて2014年日本アカデミー賞主演女優賞をいただいております。

ただ、2016年に所属事務所をセブンス・アヴェニューからアン・ヌフへと移籍した後は何年かブランクがあり、

その後は2018年の韓国映画『焼肉ドラゴン』で韓国人の役、2019年映画『カツベン』でライバル映画館の館主の娘の役を演じております。

これから先は2020年公開予定の『一度も撃ってません』の2021年公開予定の『大コメ騒動』の主演・松浦いと役や、公開時期は未定ですが『閉じ込めた吐息』の主演・夕子役があるといわれています。

どんな物語で、どのような役を演じることになるのでしょうか。

美和を演じた井上真央のドラマ。

先ほども申したように、2020年7月の土曜ドラマ『二月の勝者 ―絶対合格の教室―』で、柳楽優弥さん主演の黒木蔵人を手助けする役を演じる予定でおります。

ちょうどこのクールは、受験ドラマとして人気を博したTBSドラマ『ドラゴン桜』の続編が放送される予定でおります。

(初代ドラゴン桜の放送クールの日本テレビ土曜ドラマは『女王の「教室」』でしたが、これも偶然なのか必然なのか)

二月の勝者とドラゴン桜の続編、どちらが人気を出すのか、早くふたを開けてみたいですね。

美和を演じた井上真央は字がきれい。

MARCHとして有名な明治大学文学部卒業の真央さんですが、進学しようと思ったきっかけは、子役時代に共演した檀ふみさんの『学業は芝居の邪魔にならない』と言われたからだといわれています。

ちなみに卒業論文のテーマは、映画『華岡青洲の妻』『女の一生』で有名な故・杉村春子さん。

美和を演じた井上真央の趣味は?

ドライブで特技は日本舞踊です。

このほかに文字や手紙を書くことが好きで、『宝物』とまで言っており、ドラマ『おひさま』で彼女が演じた主人公・陽子が演じる文字や手紙も真央さんの直筆であるといわれています。

また、このことがよかったのか、最も万年筆が似合う著名人を選出する「第8回万年筆ベストコーディネイト賞2011」の「一般選出部門」を受賞しております。

また幼稚園のころからドラマっ子であり、特に好きだったのは、明石家さんまさんと木村拓哉さん主演のフジテレビ月9ラブサスペンス『空から降る一億の星』だといわれています。

また、ピアスの穴をあけていないという習慣があるのですが、これには子役時代に『暴れん坊将軍シリーズ』『水戸黄門シリーズ』等、時代劇に出演した縁があり、初めてもらったファンレターに、

「大人になっても時代劇に出てほしい」と言われたためとされております。

まとめ。

子役から初めて『花より男子』で有名になった井上真央さん。

牧野つくしは強気な少女でしたが、打って変わって大河ドラマの杉文は陰から英雄たちを支える役回りでしたね。

NHK朝ドラ『おひさま』で注目されて『花燃ゆ』の主演になりましたが、残念ながら低視聴率に終わってしまいました。

しかしそれでも、その存在感は否定できないでしょう。

その一方で、2016年には第27回日本ジュエリードレッサー賞・20代部門、2018年には第22回E-ライン・ビューティフル大賞を受賞しておりますので、これから先どうなるか期待されます。

[char no=”59″ char=”大河くん”]NHKオンデマンドでの配信はありません。【TSUTAYA DISCAS】をご利用下さい。
[/char]

コメント

  1. […] 井上真央が「花燃ゆ」で主演。キャスト美和は吉田松陰の妹 […]

タイトルとURLをコピーしました