青天を衝けはいよいよ明治編です。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2014年「軍師官兵衛」は竹中直人。

歴代のキャスト
歴代の秀吉は竹中直人
Pocket

2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で歴代のキャスト秀吉を演じたのは竹中直人さんです。

1998年の大河ドラマ『秀吉』に続いて豊臣秀吉を演じることになりました。

『心配ご無用!』この言葉は1998年の流行語にもなりました。

口癖の明るい秀吉が98年には強調されましたが、軍師官兵衛では明るいながらも、晩年の愚行続きの秀吉を竹中直人さんは演じていました。

竹中直人さん曰く、今度秀吉を演じるときは『最低の秀吉』を演じたいそうですが、どんなものになるのでしょうか。

また2021年の「青天を衝け」では草彅剛さんが演じる徳川慶喜の父・徳川斉昭を演じました。

今回は軍師官兵衛のキャスト豊臣秀吉と、演じる竹中直人さんの魅力を紹介します。オープニング曲を聴きながらお読み下さい。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2014年「軍師官兵衛」は竹中直人。

大河ドラマに出演する「竹中直人」と言えば「豊臣秀吉」のイメージがとても強いですよね。

2014年の「軍司官兵衛」でも独特の世界観を持った秀吉を演じていました。

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた俳優。2014年「軍司官兵衛」秀吉の登場シーン。

のちに軍師として黒田官兵衛を重用する秀吉ですが、出会った当時は1996年放送の大河ドラマ『秀吉』の時と同じで明るい秀吉が描かれていました。

当初から卑賤の出と醜悪な容貌で、織田家の同僚からは嫌われていた豊臣秀吉でした。

(※卑賎(ひせん)=身分が低い事)

だからこそ、信頼できる相手を集めるのに貪欲だったのかもしれません。

一方、黒田官兵衛は当初、「播磨国の小寺家」に仕える家臣でした。

(※播磨国(はりま)=現在の兵庫県南西部)

当時の小寺家は「毛利家と織田家」のせめぎあいにさいなまれていました。

最終的には友人で織田の家臣でもあった荒木村重の紹介を受けて、豊臣秀吉とその軍師・「竹中半兵衛」と出会うことになります。

竹中半兵衛に認められたほか、秀吉の生来の明るさに惹かれて忠義を誓うことになった黒田官兵衛ですが、以下のようなエピソードがありました。

2014年大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」。黒田官兵衛のエピソード

豊臣秀吉は北陸攻めでは柴田勝家と対立していました。そんなある日、上司の織田信長に無断で戦を止めて長浜城に引き揚げてしまいます。

それはそれは大変なことです。そこで・・・信長から謀反の疑いを避けるための大宴会を催していました。

その最中、毛利の大軍と戦う援軍を要請しに訪れた官兵衛はもちろん激怒します。

そして、「この一命に替えても播磨出兵を進言する」との覚悟を見せ、逆に秀吉の信頼を得るという筋書きです。

おそらく、官兵衛は秀吉の転んでもただでは起きない性質を買ったことが推測されます。

2014年大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」。黒田官兵衛が幽閉。

黒田官兵衛は毛利に寝返った荒木村重を説得すれば織田に戻ると約束を取り付けます。

しかし、説得に向かった有岡城で荒木村重に捕縛され、牢に幽閉されてしまいます。

このシーンはとても切なかったですね。官兵衛を演じる岡田准一さんの名演技は今でも忘れる事はできません。

豊臣秀吉は官兵衛の幽閉に非常に心配をしていました。

若くして死ぬことになる秀吉の「軍師の半兵衛」が命を懸けて官兵衛と息子を守るのです。

そして、官兵衛は半兵衛亡き後秀吉の軍師として頼りにされるのです。

2014年大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」。黒田官兵衛の本能寺の変

黒田官兵衛が仕えていた小寺家が滅亡すると、黒田家は大名としての地位を確かなものにします。その中で本能寺の変が起きます。

この時に通説通り、覇気を失いかけた秀吉に『天下を取る道が開けたではないか』と諭していました。

秀吉は官兵衛という軍師の存在がうれしかったものと思われます。

この時のシーンは今でも覚えています。竹中直人さんが演じる秀吉はボロボロになり泣き崩れてしまうのです。

通説では、『そのことで官兵衛の事を起こしたがる性質を警戒して、官兵衛を遠ざけた』とされる秀吉です。

でも、大河ドラマでは石田三成の影響で官兵衛は遠ざけられていましたね。

それでも、秀吉が千利休切腹、朝鮮出兵、秀次事件と失策を重ねていく中でも官兵衛は秀吉を見捨てませんでした。

 

大河ドラマ2014年「黒田官兵衛」。豊臣秀吉とは。

秀吉は最後に官兵衛に対し謝罪をしたのでしょう。官兵衛を『自身の死の後に天下をとる男』として、一目置いていたでしょう。

と同時に恐れてもいたはずです。でも、最後まで官兵衛への信頼は失わなかったことが分かりますね。

[keni-linkcard url=”https://taigatv.club/rekidai/hideyoshi-ichiran-2″]

関連記事⇒大河ドラマで歴代の「豊臣秀吉」を演じた俳優一覧

大河ドラマ「歴代のキャスト秀吉」を演じた竹中直人の魅力。

竹中直人さんは1956年3月20日横浜で生まれました。

竹中直人さんの大河ドラマでの秀吉は、1996年35作品目の「秀吉」を主演として演じました。

それから18年後の2014年大河ドラマ53作品目「黒田官兵衛」でキャスト秀吉で演じています。

どちらもはまり役でしたね。

竹中直人のプロフィール

竹中直人のプロフィール

出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1956年3月20日
学校:多摩美術大学
身長:168 cm
血液型:A型
配偶者:木之内みどり
所属劇団 :劇団青年座(1980年 – 1990年)
事務所:レディバード

幼少期は内気な性格で一人遊びが好きだったようです。

ただ、両親と共にしばしば映画鑑賞に足を運んでいたことなどがきっかけで映画業界に関心を持つようになります。

中学校の時に物まね芸で注目され、高校時代に自作で映画を撮るようになって、映画業界に本格的に興味を持ちます。

多摩美術大学では、自分で映画を作ったことがありました。

ですが、その作品の一つ『首振り地蔵の怪』で、皆に作品を馬鹿にされたため、「(笑いながら)ふざけんじゃねぇ、コノヤロー」と言ったところ大爆笑となりました。

のちに40年以上続く十八番ネタ“笑いながら怒る人”の起源となったそうです。

竹中直人「芸のへ出発」。

  • 1977年

大学在学中の1977年、『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝きました。

  • 1983年

1983年テレビ朝日『ザ・テレビ演芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」に出演してグランドチャンピオンになり、デビューします。

その後、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の素人参加コーナーにてモノマネ芸でチャンピオンとなり注目されます。

  • 1985年

コメディアンとしては、1985年にはシティーボーイズ、いとうせいこう、宮沢章夫らと演劇/コントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」(RGS)を結成します。

ほかに『東京イエローページ』、『竹中直人の恋のバカンス』、『デカメロン』などに出演しております。

俳優としては、脇役での奇矯な演技が多かったものの、次第にシリアスな小市民、悪役などへも役柄を広げていきました。

話の流れを知っていて演じるのが嫌いで、明日のことを分からないで生きているのに、演じるときに把握しているのが嫌で台本は読み込まないそうです。

それでも『神の雫』、『のだめカンタービレ』等で外国人役など様々な役を演じるところがすごいですね。

『フリーター、家を買う』では仕事人間で不器用な主人公の父親役を演じています。

子供向け番組にも出演することも多くありました。

神木隆之介さんが主演した映画『妖怪大戦争』では油すまし役で出演します。

また『仮面ライダーゴースト』では謎の仙人役として、主人公にライダーベルトを渡すなど、主人公を導く役目を好演しました。

竹中直人の映画監督。

  • 1991年

映画監督としてのデビューは1991年です。

つげ義春の漫画『無能の人』を映画化する際、奥山和由に才能を見出されて主演を務めると共に監督にも抜擢され、同作が監督デビュー作となりました。

  • 2002年

その後も『サヨナラCOLOR』や2005年には長編6作品の監督を手がけております。

竹中直人の活動。

  • 2006年

2006年4月、母校である多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授に就任。

  • 2012年

2012年にはフランス観光大使に就任します。

竹中直人のプライベート。

  • 1990年

私生活では、1989年の劇団青年座『写楽考』の海外公演でスペインに約1か月間滞在していました。

そこで、偶然出会った元アイドル歌手・女優の木之内みどりさんをお気に入りの喫茶店に誘ったことをきっかけに結婚相手として意識します。

そして、仕事でニューヨークへ向かった木之内みどりさんを追いかけて同地にてプロポーズし、1990年に結婚しました。

  • 1997年

木之内みどりさんとの間に1990年に一女を、1997年に一男をもうけています。

竹中直人のNHK大河ドラマ。

  • 1996年「秀吉」35作品目

大河ドラマは『秀吉』で主役のキャスト豊臣秀吉に抜擢され、平均視聴率30.5%、最高視聴率37.4%の高視聴率を記録するヒット作となりました。

  • 2014年「軍司官兵衛」53作品目

キャスト秀吉として登場します。

  • 2021年

予定ですが2021年の『晴天を衝け』で徳川斉昭役を演じることになりました。

竹中直人のNHKドラマ。

  • 2000年

NHKドラマ『菜の花の沖』では高田屋嘉兵衛役として、ロシアとの関係や家庭の悩み、および高田屋の跡継ぎをだれにするかなどで苦悩する役を見事に演じました。

NHK放送開始75周年記念番組ドラマスペシャルです。

竹中直人の秀吉露出。

  • 『モビット』のCM

消費者金融『モビット』のCMで竹中さんが秀吉を演じる。

  • テレビ朝日テレビドラマ『敵は本能寺にあり』の秀吉
  • 軍師官兵衛
  • ゲーム『仁王2』

2020年発売・声優としてのちの豊臣秀吉である藤吉郎役と4度にわたって秀吉を演じています。

様々な役をこなしていくのが竹中直人さんの魅力ですが、これからはどのような役を演じることになるのでしょうか。

まとめ

様々な役を台本を読むことなしにこなすのが竹中直人さんの魅力です。

二度のキャスト豊臣秀吉は非常に当たり役でしたね。

次に秀吉を演じるときには『最低の秀吉』を演じたいと竹中直人さんはコメントしています。

今後の大河ドラマでどのような役を演じてくれるのか?楽しみに待つと致しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました