大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の“女性キャスト”一覧
スポンサードリンク
スポンサーリンク
Pocket

麒麟がくるの女性キャストを一覧で紹介します。明智光秀の幼馴染で斉藤道三の娘、後の織田信長の妻になる帰蝶を川口春奈さんが演じます。

 

さて、歴史をさかのぼれば戦国時代は日本人同士が争っていました。

 

男同士の戦いですがその陰では弱い女性達が被害に遭い辛い思いをしていたのでしょう。

 

大河ドラマで描かれる武将たちの女性もほとんどが政略結婚だと思います。

 

麒麟がくるの光秀の妻・煕子は木村文乃さんが演じますが何話で結婚するのでしょうか?

 

その他の女性キャストも一覧で紹介いたします。

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の”女性キャスト”一覧

2020年の大河ドラマは「麒麟がくる」です。

 

若い明智光秀を長谷川博己さんが、斉藤道三を本木雅弘さんが演じますね。

 

そして女優さん達も多く出演しています。

 

明智光秀の奥様・煕子さん。織田信長の奥様・帰蝶さん、そして架空の人物で一般庶民で医者の助手の駒さん。

 

戦国武将の争いの中で女性達も戦っていたのですね。

キャスト 女優
明智家 煕子(光秀の嫁) 木村文乃
牧(光秀の母) 石川さゆり
たま 芦田愛菜
斉藤家・織田家 帰蝶(信長の嫁) 川口春奈
織田家 土田御前 檀れい
お市 井本彩花
なか(秀吉の母) 銀紛蝶
斉藤家 深芳野 南果歩
架空の人物 門脇麦
伊呂波太夫 尾野真千子
徳川家 源応尼 真野響子
於大 松本若菜

 

身分や境遇は違っていてもそれぞれの運命に立ち向かっていく女性達を麒麟がくるの女優さんを通じてその人生と魅力を紹介します。

 

その前に、「麒麟がくる」の意味はなんでしょうか?

 

NHKの資料によると、「王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。」と説明しています。

 

では、仁のある政治とは何でしょうか?仁とは「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味するとのことです。

 

親愛の情・優しさを持って現れる「麒麟」とは人物なのかそれとも時代なのか?どのように描くのでしょうか?とても楽しみですよね。

男優さんはこちら⇒「麒麟がくる」男性キャスト一覧

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の女性キャスト。明智家、斉藤家

麒麟がくる女性キャスト。明智家・煕子

大河ドラマに初めて出演する木村文乃さん。清楚な顔立ちは煕子のイメージに近いですね。

 

美しい煕子を演じる木村さんに注目しましょう。

 

幼い頃、光秀と約束していました。それは、「お嫁さんにおなり」との言葉でそれが現実になるのです。

 

麒麟がくるでの登場は9話の「信長の失敗」からです。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト煕子。演じるは木村文乃

麒麟がくる女性キャスト。明智家・牧(まき)

厳しくも優しい武士の母です。

 

光秀を立派な明智家の跡取りにするため、厳しく育てます。でも普段は穏やかで息子の身を常に案じている母です。

 

母はいつの世も息子への愛情は変わりませんね。

 

光秀に対する駒や帰蝶の気持ちを察しつつ、2人のことも優しく見守ります。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト光秀の母・牧。演じるは石川さゆり

麒麟がくる女性キャスト。明智家・光秀の次女・たま

芦田愛菜さんが演じます。

 

光秀の娘で天真爛漫な性格です。光秀の心の大きな支えとなる美しい少女です。後の細川ガラシャです。

芦田愛菜さんコメント:引用:NHK

今回演じさせていただくたまは、戦国時代の女性の中で、私の憧れでした。

 

初めて彼女のことを知ったとき、自らの散り際をわきまえた、とても潔い最期に意思の強さを感じ、心惹ひかれたことを覚えています。

 

そんなたまを演じられると聞いたときは、心からうれしく思いました。

 

芯しんを強く持ち、そしてどんなことがあっても、大好きな父・光秀を慕い、優しく、温かく支える存在として、精いっぱい演じることができれば、と思っております。

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト「たま」。演じるは芦田愛菜

麒麟がくる女性キャスト。斉藤家の深芳野

土岐頼芸(よりのり)の愛妾から斉藤道三の側室になります。

 

男の愛を受ける事のみが、自らの存在価値と思って生きています。

 

この時代が生んだ悲しい運命を背負う女性です。

 

出自に疑問を持つ息子・斎藤高政とは激突し孤独を深めていくのです。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト斉藤道三の側室・深芳野。演じるは南果歩

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の女性キャスト。織田家、徳川家。

麒麟がくる女性キャスト。織田家の帰蝶

川口春奈さんは時代劇ももちろん大河ドラマも初出演です。

 

代役として帰蝶役を仰せつかり見事に信長の妻・帰蝶を演じています。

 

物語が進むにつけてその演技は意味深になり織田信長がなぜ天下人になっていくかが帰蝶の性格から解ってきますね。

 

帰蝶がいたから信長(天下人)が生れた?

 

関連記事⇒「麒麟がくる」のキャスト帰蝶。策士帰蝶は川口春奈

 

織田信長と弟・信勝の生母。信長とは心を通わすことが難しく、信勝かわいがり織田家の跡取りにしようと画策します。

 

子への愛情に苦しむ大名の母役を檀れいさんがどのように演じてくれるか?早く見たいですね。

麒麟がくる女性キャスト。織田家信長の母・土田御前

織田信長の生母はただ嫡男・信長を疎み、品行方正な次男・織田信勝を溺愛します。

 

その後、二人の関係(信長と信勝)は悪化します。

 

土田御前は信勝の命だけは許して欲しいと信長にお願いするのです。

 

信長は母から愛されたかった。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト土田御前。演じるは檀れい

麒麟がくる女性キャスト。織田家の”なか”

出世する秀吉を誇りとし、周りに自慢する母親です。演じるは銀紛蝶(ぎんぷうちょう)さん。

 

秀吉の母で、尾張の出です。ある日東庵のもとへはりの治療に訪れます。

 

35話で初登場します。

 

銀紛蝶さんは大河ドラマでは「花燃ゆ」にも出演していました。

麒麟がくる女性キャスト。織田信長の妹・お市

演じるは「第15回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの井本彩花さんです。

 

既に有名な話ですが、浅井長政との間に三女を授かります。

 

長女は「茶々」(豊臣秀吉側室)、次女は「初」(京極高次正室)、三女は「江」(徳川秀忠継室)です。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト「お市」は美少女・井本彩花

麒麟がくる女性キャスト。徳川家の源応尼(華陽院)

源応尼(華陽院)げんおうに/けよういんは家康の母(於大の方)の生母です。

 

今川義元を頼って駿府で出家し、竹千代が今川の人質として駿府に入ると、以後、孤独な竹千代の唯一の肉親として、その育成にあたります。

麒麟がくる女性キャスト。徳川家・家康の生母・於大役

尾張の豪族・水野氏の娘で、家康の生母です。

 

さて、「青天を衝け」を見逃してしまった。録画も忘れてしまった。

そんな方は31日間【無料トライアル】「U-NEXT」でお楽しみ下さい。

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」の女性キャスト。京の市民

麒麟がくる女性キャスト。戦災孤児の「駒」

平和な世を夢見る戦災孤児・駒を演じるのは門脇麦さんです。

 

もちろん歴史上で記録に残る女性ではありません。

 

脚本家の池端俊策さんが想像する女性なんですが、光秀が美濃で生活していた時代にもこのような女性は多分いたのでしょう。

 

駒を見ると、視聴者として映像から戦国時代にタイムスリップして想像が深まります。

 

特に、駒を助けた命の恩人は誰なのか?

 

ドラマ展開では「命の恩人は明智家の人」と記しています。それは描かれた扇子の紋から駒は真相を語るのですが・・・。

 

光秀と過ごした日々を生まれて初めて自分が幸せだと感じたようですね。

 

精一杯の想いを告げ、駒は美濃を後にします。その語るシーンは何話なんでしょう。

 

恋心をどう演出するのか?楽しみですね。素晴らしい女優さんです。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト「駒」。演じるは門脇麦

麒麟がくる女性キャスト。伊呂波大夫

つらいことの次は必ずいいことがあるよと、元気のない駒を優しく勇気づけるのは旅芸人の女座長・伊呂波太夫です。

 

戦災孤児だった駒を預かっていたこともあり、今でも姉さんのような存在です。

 

諸国を自由に転々とできる立場を生かして公家や各地の大名などと親密な関係を築きながら、戦国の世を生き抜いていきます。

 

幕府にも顔がきく女性です。

 

関連記事⇒「麒麟がくる」の女性キャスト女座長伊呂波太夫。演じるは尾野真千子

 

麒麟がくるで演じる俳優さんはこちら⇒「麒麟がくる」男性キャスト一覧

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」女性キャストのまとめ

男くさい戦国ドラマに潤いと華やかさを与えるのが美しい女優の皆さんです。ただやはり性格はもちろん違いますよね。

 

駒の優しさ。光秀の母・牧は男だったら天下人になっていた戦上手な女性です。ただ碁の世界ですが・・・

 

孤独な深芳野を慰めてくれるのは美しい貝です。そして光秀の妻・煕子は、信長の妻になった帰蝶は、それは視聴が進んでから描くことにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク