「麒麟がくる」のキャスト望月東庵とは?堺正章が演じる。
スポンサードリンク
スポンサーリンク
Pocket

この東庵と言う医師は非常にミステリアスな設定で、もちろん架空な人物ですから脚本を手がける「池端俊策先生」の想像する人ですね。

 

朝廷や各地の大名など幅広い人脈を持っていて生涯にわたり光秀を導く存在ですのでかなり長い間登場することになりますね。

 

京で庶民を相手に病気や怪我を見ている医者です。戦乱の世ですので引き取った門脇麦さん演じる孤児の「駒」に薬草の知識などを授け頼れる助手に育て上げています。

 

無類の賭け事好きで貧しい者からは治療代をとらないため、金銭面でいつも「駒」を困らせています。

 

それでは、架空の人物ですが京の医師「望月東庵」を紹介させていただきます。

「麒麟がくる」のキャスト京の医師「望月東庵」とは?登場シーン

キャスト望月東庵。第1話「光秀、西へ」の東庵

薬代を稼ぐため富裕者の依頼を受けることも度々ある京の医師・望月東庵は1話「光秀、西へ」から登場します。

 

誰の味方をすることもなく、また博打をしては借金を繰り返しています。どう生きていこうとしているのかつかみどころがない医者です。

 

でもこの大河ドラマではそこが面白い部分ですね。美濃の 斉藤家、尾張の織田家、駿河の今川家と、各家を渡り歩いて治療に携わっています。

 

ある日、斉藤道三の正室 ・小見の方を診てほしいと美濃からはるばる東庵のもとを訪れた武将がいました。そうです明智光秀です。

 

東庵は光秀の人柄を認め、力を貸します。そして1話に「わしは金では動かない」というセリフがあります。

 

このセリフが東庵医師の信念なんですね。もしかしたら博打も本当に好きなのかもしれません。

 

でも貧しい人たちを無料で診察するために博打で治療代を稼ごうとしているかもしれません。この時代は、人の命がとても安い時代でしたからね。

 

人生を全うできる人を一人でも増やしたい。そんな医者としての 使命感を持っているのは東庵なのです。

 

多分、脚本家の池端俊策さんは平成時代の世界をダブらせているのかもしれません。ドラマのテーマである「平和な世の中を願う」ことにもつながっているのかもしれません。

 

織田信長はまだ勢力を拡大していません。ですので天下はまだ定まっていません。

 

そんな時に多くの武将たちから色々な情報を東庵は仕事柄得るわけです。誰かを炊きつけたりあおったりして自分も勝ち馬に乗ろうとすることもできるわけですが・・・。

 

けれども一切そんな素振りがないところを見るとむしろ自分の立場を活用して早く戦を終わらせようとしているのではないかと思うのです。

 

光秀もまたきっとこの東庵と言う医者と同じような思いで生きているのでしょう。

 

誰もが大将になりたいと思っている時代に、 私欲よりも世の中のことを考えている光秀がこの時点ではいました。

「麒麟がくる」のキャスト京の医師・望月東庵。堺正章が演じる。

京の医師・望月東庵の謎めいた役を堺正章さんが演じます。

 

堺正章さんは、1946年生まれで東京都の出身です。父は超有名なコメディアンでした。と言っても既に若い方達には解りませんね。

 

1970前後当時、グループサウンドの先駆けとして「スパイダーズ」のボーカリストとしてデビューします。

 

デビュー後数多くのグループサウンドが生まれましたよね。ジュリーのタイガーズ、ショーケンのテンプターズ等々です。数えたら沢山いますよね。

 

スパイダーズ解散後俳優業に転じます。

キャスト京の医師・望月東庵。堺正章のドラマ

TBSのドラマ「時間ですよ」シリーズが大ヒットし、その後「西遊記」で俳優業に専念します。

 

NHKでは、連続テレビ小説、「ちゅらさん」「理想の生活」「君たちに明日はない」「猿飛三世」に出演しています。

キャスト京の医師・望月東庵。堺正章の大河ドラマ

大河ドラマでは「徳川慶喜1998年」新門辰五郎 役で出演しています。

 

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」では混沌の時代のなかで悩みうごめく、 武士たちに新しい考え方を提示できるかもしれない医者の役を演じます。

 

かなり光秀と共に出演するシーンが多いとおもいます。堺さんの円熟した医者・東庵に注目しましょう。

「麒麟がくる」のキャスト京の医師・望月東庵とは?演じるは堺正章のまとめ。

この東庵と駒の二人が光秀の生涯に影響を与えると言います。もちろん架空ですがもしかしたら歴史には残らないこのような人物が実際にいたのかもしれません。

 

そして荒廃する京を見て駒と話をして「麒麟がくる」を信じたのかも知れません。

 

医者としての立場を利用してでも、早く乱世を終わらせる策はないかと日々思案していたのではないでしょうか。

 

明智光秀との出会いは、これまでの武将とは違う可能性を見出し、信頼できると感じたかもしれません。

 

この戦国時代は誰もが御山の大将になりたい時代ですよね。でも光秀は私利私欲より世の平和を真っすぐに望んでいたわけです。

 

東庵としてはどうやら自分と同じ方向を見ている人間が現れたかもしれないと心強くなったのかも知れません。

 

と言うか、この東庵と言う医者の存在は脚本家の「池端俊策」さんかも知れませんね。架空の人物ですからもちろん作家の想像なので当然ですが、

 

今の日本と戦国時代との共通点を何か見つけているように東庵先生を見て思っています。それが解るのはまだまだ先のことでしょうね。

スポンサードリンク
スポンサーリンク