「鎌倉殿の13人」6月12日放送は第23話「狩りと獲物」

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」のキャスト三淵藤英を演じる谷原章介。

「麒麟がくる」キャスト
Pocket

大河ドラマ2020年「麒麟がくる」のキャスト三淵藤英と演じる谷原章介を紹介します。

室町幕府の将軍側近である奉公衆として、松永久秀をはじめとする戦国大名の圧力に翻弄されながらも足利将軍家を守ろうとした三淵藤英(みつぶちふじひで)。

幕臣としての意識が高く、また何としても室町幕府の再興を成し遂げたいと考えている武将です。

やがて最後の将軍・足利義昭に仕えることになるのですが、

義昭が織田信長に逆らって京から追放されると、藤英も信長の逆鱗に触れ、やがて光秀の坂本城で自害を命ぜられることになるのです。

京都の公家化した足利幕府の幕臣・三淵藤英を演じるのは、貴公子役の多い谷原章介さんです。

幕臣・三淵藤英はどんな人物であったのか?また演じる谷原章介さんの魅力について紹介します。

「麒麟がくる」のキャスト三淵藤英とは?

三淵藤英の生没年は明智光秀と同じく不明です。

元々室町幕府13代将軍・足利義輝に仕え、義輝が松永久秀らによって暗殺されると、

久秀によって監禁されていた義輝の弟・覚慶を興福寺から脱出させ、15代将軍・足利義昭として還俗させます。

京から追放されて貧乏暮らしに苦しみながらも、公家を引き入れて華やかな街を作っていた朝倉義景を頼り、次いで織田信長を頼ることになりました。

この時の明智光秀は義景に仕えており、彼の伝で信長が紹介されたとも取れるのですが、正確なことはわかっていません。

やがて義昭が織田信長に担がれて将軍となると、藤英も重臣となり、伏見城の警備を命じられるなどして三好家と戦い、1568年には大和守に就任しました。

キャスト三淵藤英と藤孝。

しかしやがて信長と義昭の対立が激しくなると、藤英は義昭方につきます。

この時に弟の細川藤孝が信長方についてしまったため、近親憎悪にかられた藤英は藤孝を討ち取ろうとするのですが失敗してしまいます。

忠誠心の藤英、自分の信念の藤孝、たとえ兄弟でも違う道を歩まざるを得ないのが乱世なのですね。

やがて義昭が挙兵し槇島城に籠城すると、藤英も二条城に籠城。しかし旧体制側で財政にも乏しい足利につく人間はいません。

信長の大群に囲まれた二条城は7月8日、藤英以外のほとんどの兵士が全員退去。7月10日に藤英は柴田勝家の説得を受け入れて降伏します。

キャスト三淵藤英の最期。

槇島城も落城して義昭が追放されると、藤英も信長に仕えざるを得なくなり、8月2日に三好派の岩成友道を討ち取り、これにより三好家は弱体化していきます。

ところが、翌年突然所領を没収され、長男と共に明智家の坂本城に預けられると、子供と共に坂本城で自害を命ぜられます。

1574年7月23日、藤英はこうして自害することになるのです。

次男は藤孝に預けられて藤孝の子・忠興の代まで仕え、その忠臣ぶりを目に留めた家康によって、旗本として江戸時代は使えることとなりました。

キャスト三淵藤英と明智光秀との関係。

「麒麟がくる」1話「光秀、西へ」で鉄砲を求めて堺を行く光秀に対し、実際に鉄砲の使い方を見せつつも、

『弾ごめに時間がかかりすぎるうえ、銃も弾も舶来品で使いにくい』と保守的な考え方を示す藤英です。

勿論本格的に鉄砲を使いこなすのは信長の時代になってからなのです。

それでも若き光秀が、鉄砲を使いこなしつつ、源氏の血を引く足利将軍家に忠誠を尽くす藤英に興味を持ってくるのは確かと思われます。

後に将軍義輝を暗殺され・命からがら京を脱出して貧乏暮らしをする藤英を、何とか朝倉家に仕えることになった光秀が進んで引き取ると思うのですが、

貧乏暮らしをしながらも足利将軍に忠誠を尽くす藤英に光秀は感銘を受けるものかと。

後に信長の逆鱗に触れ、明智の坂本城で自害を命ぜられることになった時には、

光秀は藤英の助命を信長に懇願することになり、すでに比叡山焼き討ちにおいて信長の不興を買っていた光秀は、余計に信長の怒りを誘うことになるのかもしれませんね。

藤英と光秀の関わり合いが、後の「本能寺の変」のプロセスの一つになると思うと、ドラマは非常に面白くなると思います。

谷原章介の出演大河ドラマ。

2004年に『新選組!』で初出演し、『軍師官兵衛』以来の5回目の出演となります。

谷原章介ってどんな人?

2004年『新選組!』では、知的ながらも本心は尊攘派で、食えない新選組参謀・伊東甲子太郎を演じた谷原章介さん。

また、2007年の『風林火山』では、今川義元役を演じつつも、『結果から逆算されて義元が暗愚のように言われている』というコメントを残してもいます。

谷原章介はモデル出身。

谷原章介は1972年7月8日、横浜市生まれ。

1991年、神奈川県立港北高等学校を卒業した後、1992年10月、『メンズノンノ』の専属モデルとなり、1994年11月まで反町隆史さんと共演しながらも2年間務めます。

谷原章介の司会業と俳優。

1995年に映画『花より男子』の道明寺司役で映画初出演。

同時にドラマ『未成年』で、容姿端麗ながら冷酷な役を演じ、初出演を果たしました。

2004年には『カミングダウト』でバラエティ司会初出演。フジテレビのドラマ『プライド』にも出演しております。

バラエティの司会は俳優業との両立に懸念を抱いておりましたが、ドラマで共演した児玉清さんの勧めで出演を決意。

以降、なめらかでやや低めな口調や、物腰柔らかく庶民的な態度から、現在のNHK番組『うたコン』まで、様々なバラエティ番組の司会を務めております。

谷原章介の語学番組。

2006年4月から2007年3月まで『NHK中国語会話』にレギュラー出演しており、2007年4月から2011年3月には後番組『とっさの中国語』にも出演しております。

もともと英語が堪能で、外国人俳優ともスムーズにコミュニケーションがとれるらしく、中国語も同様ということなのでしょう。

2007年1月6日には、寺脇康文さんの後任として、TBSバラエティ『王様のブランチ』の2代目司会に就任します。

谷原章介のプライベート。

2007年3月には、『未成年』で共演したいしだ壱成さんの元妻であった三宅えみさんと結婚。

10月には長女が生まれ、やがて六児の父となるのです。

家事が得意で、子供用のバッグやランチョンマットも手作りするといわれています。

また、家では料理を自分で作り、その腕はプロ級だとも言われております。

2017年には、“栄養をとおして健康で充実したライフスタイルを送り幅広く活躍した”著名人を表彰する『84(栄養)アワード』の第1回受賞者となってもいます。

また、歴史好きでもあり、そのことがこれまでの大河ドラマに4回出演した理由にもなっているそうです。

横浜市出身ですが、ルーツは広島県にあるらしく、そのためか熱心な広島東洋カープファンであるんだとか。

ちなみに、娘とともにプリキュアシリーズのファンで、『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス』の悪役、マシュー役のオファーが来た時には快諾し、「子供たちに自慢できる」と話したそうです。

そのルックスから、貴公子役を演じることの多い谷原さんですが、実際のところは嫌味な敵役や、顔はいいながらも情けない役を演じることが多く、モデル出身ながら演技の幅は広いのです。

まとめ。

三淵藤英は光秀にとっては、まさに『忠臣』の一人であり、『麒麟がくる』世の中にするうえでは絶対に必要な人材ではないかという思いを光秀に抱かせると思うのです。

光秀は信長につくあたり、義昭には好感を持っていなかったと思われますが、太原雪斎と同じで、王者が仁徳を持って統治をし、『麒麟がくる』世の中にするには、藤英のような忠臣が必要と。

信長によって足利義昭が追放され、藤英も自害に追いやられていくとき、光秀は信長に対して強い反感を持つと同時に、

信長の『天下布武』という目標が麒麟がくる世の中からは程遠いものだということを実感するのでしょうね。

藤英の一生が光秀にどのように影響を与えるのか、『本能寺の変』とどのような形で結びつくのか、ドラマの行方が期待されます。

コメント

  1. […] 「麒麟がくる」のキャスト谷原章介が演じる三淵藤英とは? […]

  2. […] 谷原章介が演じる「麒麟がくる」のキャスト三淵藤英とは? […]

タイトルとURLをコピーしました