青天を衝けはいよいよ明治編です。

「麒麟がくる」のキャスト明智光安とは?西村まさ彦が演じる。

「麒麟がくる」キャスト
Pocket

明智家の当主であった兄・明智光綱が若くしてなくなりその嫡男光秀が幼かったため当主の座を継いだのが明智光安です。

 

明智光秀の叔父です。

 

父祖伝来の明智荘を守ることが自分の使命と考えている光秀です。当主としては少し荷が重そうな感じがしています。主君は斉藤道三で、ひたすら主君に従い、ことなかれ主義を徹底しています。

「麒麟がくる」のキャスト明智光安とは?西村まさ彦が演じる。

明智光秀が斉藤道三に対して 思ったことを口にするのでいつもハラハラしているのが光秀の叔父・光安です。

 

斉藤道三がやがてその息子の斉藤高政と対立を深めると、光安は道三側につき、高政の軍と対峙すのです。

 

亡き兄に代わって、明智光秀の成長を見守っているのが叔父の光安ですが、斉藤道三と光秀の間に挟まれてやきもきすることもとても多い光安です。

 

なぜならば、斉藤道三は、豪気で、ケチで腹黒い、油売りだった亡き父と共に親子2代で、美濃の国を奪った腹黒い人間だったからです。

 

光安としては 、その腹黒い成り上がり者の斉藤道三に、自分にはないものを感じ、学びたいという思いもあったかも知れません。

 

斉藤道三の顔色をいつもうかがっている光安です。そんな光安を見ていて光秀はある種の反面教師として見ていたかもしれません。

キャスト明智光安。光安と光秀

[char no=”5″ char=”光秀”]叔父貴はそうでも自分は・・・[/char]

最もこの時代、明智光安は長いものには巻かれろの精神で行くしかないのでしょうね。それは、光秀に当主を継がせることが自分の役目だと考えているからだと思います。

 

それまではとにかく波風を立てずに明智家を守り抜かねばと思っています。

 

一方の光秀は自分なりの考えを貫き、相手が道三であろうと思ったことをはっきりと言い悩み苦しみ、物事に向き合っていく性格です。

 

そんな姿を光安は日ごろから見ていて、危なっかしいような、頼もしいような、そんな思いだったと思います。

 

やがて、光秀が結婚することになります。妻は木村文乃さん演じる煕子(ひろこ)です。

 

光安は、自分の能力の限界を分かっているのでしょうね。光秀に早く身を固めてもらい当主の座を譲りたいのかもしれません。

 

自分では手に負えないような戦乱の世になりつつあることを感じている光安です。

 

いずれにしても光安は戦いよりも平和を好む男だったと思います。

キャスト明智光安。17話「長良川の対決」西村“光安”の最期

道三軍に味方したことで、高政の軍に攻められることになった明智荘です。

 

光安は明智城に戻ってきた光秀に、明智家の当主の座を譲ると宣言します。そして明智軍が戦っても勝ち目はない事を光秀に告げて、皆が討ち死になることだけは避けたいというのです。

[char no=”18″ char=”明智光安”]我らが討たれれば、明智家は途絶える。わしはそなたの父上から家督を継いだ折、行く末そなたを立て、明智家の血は決して絶やさぬと約束した[/char]と光秀に告げ、明智家の旗印を渡すのです。

さらに光安は、[char no=”18″ char=”明智光安”]城を失うのはつらい。兄に申し開きができぬ。されど明智家が滅びるのは座視できぬ。

何としてもそれは避けねばならぬ。これはそなたの父上の声と思うて聞け。

一旦、城を離れ、逃げよ。逃げて逃げて、生き延び、明智家のあるじとして再び城を持つに身になってもらいたい。

そなたなら、それがやれる。許されるなら、この左馬助(間宮祥太朗さん)をそこに加えてもらいたい[/char]と願いを光秀に託すのです。

 

また[char no=”18″ char=”明智光安”]他の者にも落ち延びるよう命じた[/char]という光安の優しさに涙が止まらない光秀です。

 

敵が近くまで迫ってきていることを知ると光安は、光秀と左馬助に[char no=”18″ char=”明智光安”]急げ! 一刻も早う行け! ぐずぐずするでない!わしも後から行く。

案ずるな。早う行け!わしはこの城の最期をしかと見届け、後を追う! [/char]と光秀たちに脱出を促すのです。

 

本木“道三”の“最期”も感動しましたが、この西村“光安”が光秀に別れを告げるシーンは泣けました。本当に泣けました。明智家の優しさは光安が持っていたのですね。

キャスト明智光安。17話「長良川の対決」光安の想い

光安は高政が好きではなかったようですが、勿論それは側室の子という由緒の悪さと、強引に明智の領地を取り上げて国替えをしようとするやり口にあったのだと思います。

 

(もちろん高政からすれば、それまで他の国衆を力で押さえつけていた道三のやり方に反発しており、国衆の意見をある程度受け入れたうえでの苦渋の決断ではあったのでしょうが)

 

結果的には光秀を明智城から脱出させ、光安は明智城で死に追いやられてしまうことになります。

 

これは第2話で描かれた、光秀が光安そっくりの武将を討ち取るという伏線の結晶なのかもしれません。

 

17話の明智家の存亡は光安が、若き光秀に明智家の運命を託そうとしたあたりは、光秀が嫡流の子で、なおかつ利発だったからでありましょう。

 

「逃げて逃げて生き延び、いつかは明智家を再興せよ」

 

史実の光安も高政に攻められていく中で、明智家再興を最期まで願ったようです。

 

ですが、今回の光安の物語の退場の仕方は、史実とうまく重ね合わせたいい方法だったのではないかと思います。

関連記事⇒麒麟がくる17話「長良川の対決」のあらすじ(ネタバレ)と感想

キャスト明智光安。16話「大きな国」の光安


高政から国替えの話を聞いて「高政」と戦う決心をした明智光安です。

 

でもその後ろ姿はとても切ない背中ですよね。このような演技は西村まさ彦さんの十八番ですね。

関連記事⇒麒麟がくる16話「大きな国」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

「麒麟がくる」のキャスト明智光安とは?演じるは西村まさ彦。

1960年生まれで富山県の出身です。

 

東洋大学中退後に富山に戻り写真専門学校を卒業しています。地元のアマチュア劇団に入り俳優を志すようになりました。

 

「劇団文化座」を経て、三谷幸喜率いる東京サンシャインボーイズに入団します。

キャスト明智光安。西村まさ彦のドラマ

代表作は古畑任三郎シリーズの今泉慎太郎役です。

 

俳優活動30周年を機に、「俳優としてやっていく決意声明」として2017年5月より本名の西村 雅彦から初の芸名となる西村 まさ彦へと改名しています。

 

その他数多くドラマに出演しています。wikで検索して下さいね。

キャスト明智光安。西村まさ彦の大河ドラマ

1996年:秀吉:徳川家康と徳川家康の影武者 役

2016年:真田丸:室賀正武 役

 

真田丸で演じた「黙れ小童」はあまりにも有名になったセリフですね。

「麒麟がくる」のキャスト明智光安。西村まさ彦が演じるのまとめ

光秀は叔父・光安の性格を知り反面教師にしていたかも知れません。でも光安という叔父がいたから以外にのびのびと成長できたのかも知れません。

 

室町幕府が少しづつ滅び下克上の世界が当たり前になっていく戦国の世で生き抜くにはどうしたら良いのか?

 

やがて織田信長の家来になる光秀を光安はどんな思いで見ているのか?いやそこまで生きていません?

 

明智家の行く末を案じている光安は17話で退場しましたが、味のある演技に真田丸同様に好きになりました。

コメント

  1. […] 大河ドラマ「麒麟がくる」。キャスト西村まさ彦が演じる明智光安 […]

  2. […] 大河ドラマ「麒麟がくる」。キャスト西村まさ彦が演じる明智光安 […]

  3. […] 大河ドラマ「麒麟がくる」。キャスト西村まさ彦が演じる明智光安 […]

  4. […] 大河ドラマ「麒麟がくる」。キャスト西村まさ彦が演じる明智光安とは? […]

  5. […] 「麒麟がくる」のキャスト西村まさ彦が演じる明智光安とは? […]

タイトルとURLをコピーしました