9月25日の放送は第37話「オンベレブンビンバ」です。意味は視聴後に解るのでしょう?

菊地凛子が大河ドラマ初出演。「鎌倉殿の13人」の役は北条義時の3人目の妻”のえ”。

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

菊地凛子は2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の「のえ」役で第34話「理想の結婚」で初登場です。

ここでは、菊地凛子さんと演じる初(のえ)についてご紹介します。

菊地凛子にとって、初めての大河ドラマへの出演です。今後も登場する話ごとに紹介していきます。

菊地凛子が大河ドラマ初出演。「鎌倉殿の13人」の役は北条義時の3人目の妻”のえ”。

菊地凛子が演じる「のえ」は、義時の3番目の妻となりますが、生没年は不詳です。

ドラマでは、二階堂行政の孫である「のえ」と義時の縁談は、二階堂行政と大江広元(栗原英雄)が持ちかけています。

義時も初めは乗り気でなかったようですが、おしとやかな「のえ」の言動が義時の心を射止めたようです。

どこか八重さんに似ていたのでしょうか?

「のえ」は出生の不確かさに反し鎌倉幕府の最有力者である北条義時の心を掴みますが、不吉な予感もいたします。

北条義時の妻にして政子とも争う「のえ」をどこまで脚色するかは今は不明ですがその演技にも注目です。

菊地凛子が演じる「のえ」とは?

一般的には、「伊賀の方」と称される女性です。伊賀と聞くだけでなんとなく怪しく感じますが伊賀氏関東の豪族です。

源頼朝が挙兵すると、ただちに参陣して活躍しました。

建仁3年(1203)の比企の乱(第31話「諦めの悪い男」)でも、北条方に味方して大いに軍功を挙げたようです。

「のえ」の父は、伊賀朝光(ともみつ)で、二階堂行政(ゆきまさ)の子ですね。

「のえ」の兄弟には、光季、光宗などがいました。

もともと伊賀氏は蔵人所(くろうど=役所)に仕えていたが、朝光は伊賀守に任じられたので、伊賀氏を称するようになった。

娘を義時の妻にすることで、鎌倉幕府での存在感を示したのです。

菊地凛子が演じる「のえ」の初登場シーンは34話。

初登場は第34話「理想の結婚」です。34話では北条義時の3人目の妻となる「のえ」が登場します。

のえは二階堂行政の孫なので、二階堂に強引に「嫁に」と迫られ義時は面会するのです。

その時、義時は八田知家に「のえ」の見極めを依頼します。いつもは義時の相談相手は三浦義村ですが、なぜか今回は八田知家に頼んでいます。

八田は「非の打ち所がない。気立ても良く、賢く見栄えも悪くない。お前が断ったらおれが名乗りを上げてもいいくらいだ」と絶賛します。

菊地凛子の旦那は?

菊地凛子は大河ドラマ初出演ですが、旦那の染谷将太は2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長を演じています。

菊地凛子の結婚と出産。

2015年1月1日、染谷将太と熱愛の末に結婚を発表します。

そして、2016年5月7日、第1子の妊娠を公表し、10月8日、第1子出産を夫・染谷将太が公式サイトで発表します。

2018年12月25日、第2子妊娠を染谷の公式サイトで発表し、2019年3月31日、第2子出産を発表しました。

菊地凛子の映画一選。

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』(2006年)です。

アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、世界的にもその演技力が認められました。

まとめ。

まさか大河ドラマが初出演だということが驚きでした。

それも義時の3人目の妻で表向きはいい女で裏は悪女かもしれない役です。

北条義時は鎌倉幕府の立役者であり、北条家を守り執権として確立した人物です。ですが歴史的には少しマイナー感があったかもしれません。

しかし、そこに三谷ワールドが光を刺しそして最後の妻として幕府にも影響を及ぼすであろう妻役に菊地凛子をキャスティングしたことも注目ポイントですよね。

伊賀の方としてどこまで描くかは現時点では定かではありません。

ですが、たぶん最終話は義時の最期を描くと思っていますので、その話ではどんな存在になっているかとても楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました