青天を衝けはいよいよ明治編です。
スポンサーリンク

片岡愛之助が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる役は?

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

片岡愛之助さんが大河ドラマ2022年の「鎌倉殿の13人」で演じるのは主人公・小栗旬さんが演じる北条義時の兄・北条宗時です。

兄・北条宗時を片岡愛之助さん。弟・北条義時を小栗旬さん。

なんという豪華な兄弟でしょう!しかも腹違いの兄弟姉妹として、小池栄子さんが演じる北条政子がいます。

どこから見ても、宗時がドラマティックな人生を送ったであろうことが予想できます。

宗時を演じる愛之助さん曰く「夢に生き、夢に散った男」。

男のロマンが詰まった男性像が想像できます!しかも脚本はあの三谷幸喜さん。これはもう期待しかないですね!

片岡愛之助が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる北条宗時とは?

「ところで、北条宗時って誰?」

北条正時や、義時、政子の名前を聞くことは多いのですが、宗時ってどんな人だっけ?と、慌てて調べてみました。

片岡愛之助が演じる北条宗時って?

ですが、あまりに情報が少ない!!びっくりするほどに少ない!実は生まれ年すら不明なのです。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鑑」をひっくり返しても、宗時に関する記述はごくわずかです。

義時の兄として生まれ、かなり若い時期に討ち死にしてしまう。

ドラマ的な視点でみると注目度が高いとは言えない人物です。

しかし、そこにキャスティングされたのが、あの片岡愛之助さんということで、注目度は一気に高くなります。

これは何か、ある。三谷さんが片岡さんをつまらない使い方するわけがない。

実際に、ドラマの紹介文では「打倒平家を掲げた熱き夢想家」と書かれています。

熱き夢想家ですと?!「鎌倉殿の13人」では、もしかしたら北条宗時という新たな歴史スターが誕生するかもしれませんね。

片岡愛之助の過去の大河ドラマ出演は?

2016年:真田丸 (大谷吉継役)

片岡愛之助さんは、2016年の大河ドラマ「真田丸」では、石田三成の盟友・大谷吉継を演じています。

病に侵されどんどん衰弱していく中、親友の三成のために戦に身を投じ運命を共にします。

男の中の男!という役どころでしたね。「三成と吉継の間には、友情以上の何かがあるのではないか…♡」と、歴女の間では噂になったものです。

姿も美しい二人でした。

そしてなんといっても、あの名台詞!三成が加勢を頼みに来た時に、吉継が言った「わしがおぬしを勝たせてみせる」。

あの一言に二人の関係、吉継という男のカッコよさがギュウっと凝縮されていました!今思い出しても泣けます。

真田丸、名作でしたよね。

2020年:麒麟がくる (今川義元役)

2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」では、今川義元役を演じています。

今川義元というと、「海道一の弓取り」とは言われるものの、公家風なメイクの軟弱武将…というイメージの強い人物でした。

ところが、片岡愛之助さんが演じた義元は、クールで強い!今までの義元像を覆すような「勇ましい武将」でした。

桶狭間の戦いでのラストシーン、討ち取られる義元の瞳いっぱいに映った毛利伸介…。まるで自分が義元になったかのような錯覚に捉われたものです。

最後の最後まで武将として生きた、強い義元の姿に胸が熱くなりました。

さて、鎌倉殿の13人は2022年1月から放送です。

麒麟がくるの片岡さんを視聴したくなったならU-NEXTでお楽しみ下さい。

!鎌倉殿の13人を見るならU-NEXT!

!31日間無料体験!

片岡愛之助が出演したドラマは?

数々のドラマに出演されている愛之助さんですが、片岡愛之助さんの出演したドラマと言えば、やはりこれでしょう!

片岡愛之助が出演したTVドラマ1選。

「半沢直樹」

2013年に放送されると大反響を呼び、2020年に続編も放送された大人気ドラマは「半沢直樹」です。

メガバンクを舞台に繰り広げられるパワーゲーム。

その中で、金融庁証券取引監視委員会統括検査官「黒崎俊一」を演じていらっしゃいます。

プライドが高く高圧的な、正直言って「嫌な奴」なのですが、なぜかオネエ言葉!

そのせいか、どうにも憎めないキャラクターになっていました。

対峙する相手の大事なところ(男性の大事なところですね)を素手でギュッ!!と掴む様も話題になりましたよね。

「今度失敗したら…潰すわよ♡」なんて、なかなか怖いセリフも。強烈な個性を放つ黒崎のこれまた強烈なオネエ言葉。最高でした!

片岡愛之助の出演した映画1選

「小川の辺」

藤沢周平作品の中でも、特に名作と呼ばれている小川の辺

東山紀之さん主演で、2011年に公開された時代劇です。

藩命で、妹が嫁いだ佐久間という男を討たなければならない朔之助を東山紀之さんが、佐久間を片岡愛之助さんが演じています。

義と情の間で揺れるごく感情がつぶさに描かれている作品ですが、何といっても見どころは、東山さん演じる朔之助と、片岡さん演じる佐久間の真剣勝負の立ち合いシーン。

スクリーンから一瞬たりとも目が離せないほどに緊迫したあの場面はこの映画の大きな見どころになっています。

のちに愛之助さんがこぼれ話として話されていたのですが、東山さんとの立ち合いの場面で、誤って東山さんの手を打ってしまったそう。

映画界には進出し始めたばかりだった愛之助さん「終わった…」と思ったとか。

東山さんは、気にしないでくださいと大人の対応で救われた、なんて話しが聞けたのも良かったです。

片岡愛之助ってどんな人?

「ラブリン」の愛称でも親しまれる片岡愛之助さん。

その名のごとく、色気のある役者さんです。

歌舞伎界では昔から実力を知られていましたが、「片岡愛之助」の名をさらに世に知らしめたのは、市川海老蔵さんの代役を務めた「外郎売」。

急遽の代役だったため、稽古期間はわずか3日。

しかも務めるのは成田屋のお家芸。

とてつもないプレッシャーの中、見事に演じ切り大喝采を得ました。

舞台に立つ姿は男の色気たっぷりですが、プライベートでは、駄菓子の「きゃべつ太郎」をこよなく愛し、

一時は毎日のようにドン・キホーテに通っていたのもギャップがあって面白いですよね。

結婚されてからは、奥様のしっかりとした体調管理、栄養管理のもとジャンクフードなどは食べなくなったようですが、そのぶんスタイルがより良くなって、さらに舞台映え・画面映えされているのが印象的です。

まとめ。

歴史資料を紐解いても、「不明」な部分が多い北条宗時。

表舞台に出た時間はわずかなことから、愛之助さんの出演期間がどれだけになるかはわかりません。

しかし、そこにこそ、三谷幸喜さんが愛之助さんを抜擢した理由があるはず!今まで同様、今まで以上に、鮮烈に「北条時宗」を私たちの目に焼き付けてくれるのではないでしょうか。

大河ドラマ史上最高の「宗時ブーム」、愛之助さん史上最高の「ラブリンブーム」が巻き起こることを期待して止みません。

U-NEXT

大河ドラマを視聴するなら「U-NEXT」がお得です。
無料お試し期間が31日間ありますし、登録時に
1000ポイントが付与されます。
NHKオンデマンドは990円ですので
ポイントを使って実質無料で視聴できます。
見逃した「大河ドラマ」を無料で視聴して下さい。

アマゾンプライムビデオで「大河ドラマ」を視聴する。

アマゾンプライム会員(500円/月)の方は
アマゾンプライムビデオにNHKオンデマンド
のチャンネルがあります。
チャンネル購入して大河ドラマを視聴して
下さい。

NHKオンデマンドの見逃しパックは
月額990円です。

2022年鎌倉殿の13人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
満範をフォローする
大河ドラマ倶楽部
タイトルとURLをコピーしました