9月25日の放送は第37話「オンベレブンビンバ」です。意味は視聴後に解るのでしょう?

鎌倉殿の13人第5話「兄との約束」のあらすじと感想。源平合戦の始まり。

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

「鎌倉殿の13人」第5話「兄との約束」のあらすじと感想です。

山木兼隆と堤信遠との戦いに勝利した源頼朝は、坂東の政を自分が行うと宣言しました。

以仁皇の令旨に基づく頼朝の所信表明が、源氏を激怒させることとなり、後に「源平合戦」と呼ばれる長きにわたる戦が始まったのです。

鎌倉殿の13人第5話「兄との約束」のあらすじ。奇襲は成功。しかし・・・

頼朝軍が大庭勢と戦っている間に、伊東が背後より周り込み、頼朝を討とうとしていることを知った八重(新垣結衣)は、頼朝のもとへ向かいます。

放送:2月6日
視聴率:13.4%(前週比▼2%)

その時、八重の行動は?

その戦術を頼朝(大泉洋)に知らせるために夫である江間次郎(芹澤興人)に船を出すように命じまる八重です。

伊東の家の人間でありながら未だに頼朝を慕い、なんとかその命を助けようとする八重に次郎は「私はあなたの夫だ」と心からの叫びをあげました。

次郎もまた八重を心から慕っていたのです。小雨降る中、次郎の船頭で北条の館へ向かう八重。

櫓を操る次郎は男泣きに泣いていました。

八重を思う次郎、頼朝を思う八重を乗せた船が北条の館に着いた時には、既に頼朝たちは戦に向けて立ったあとでした。

雷鳴が響く大雨の中、八重は頼朝の命を思い、涙を流し続けるのでした。

その時の三浦軍は?

その頃、北条軍に合流するはずだった三浦軍は、雨で水かさが増えた川に足止めされていました。

北条は孤軍奮闘を迫られ、人数がそろうまでは戦を避けるべきと主張する頼朝を「少人数なりの戦いがある」と宗時が諌めました。

谷の上に頼朝軍、谷の下に大庭勢。

山中に誘い込みたい北条を大庭が挑発し、大庭の挑発に乗ってしまった時政(坂東彌十郎)は、兵たちに突撃を命じてしまいます。

前後を挟まれた頼朝の軍勢は逃げ場を失いました。勝敗は明らかだったのです。

その時、頼朝の行動は?

大庭勢に大敗北を喫した頼朝は、吉宗達に連れられて命からがら逃げ落ちました。

大庭景親(國村隼)に捕えられれば斬首もあると覚悟した頼朝は、髻(もとどり・髪を頭の上で束ねた髪型)から小さな観音像を取り出し、置いていく事に決めました。

三歳の頃から肌身離さず身に着けてきた観音像を置いていく事に憤りを隠せない頼朝は「こんなことならご本尊を持ってくるべきった。誰か取って来てくれ!」と

半ば八つ当たりのように叫びます。

その時、宗時の行動は?

その癇癪に「私が取ってきましょう」と冷静に答えたのは、宗時(片岡愛之助)

本尊のある北条館に向かう朝、宗時はその胸の内を義時にだけ明かします。

「俺はな、実は平家とか源氏とかそんなことどうでもいいんだ。俺はこの坂東を俺達だけのものにしたいんだ。

西から来た奴らの顔色を窺って暮らすのはもうまっぴらだ。坂東武者の世を作る。

そしてその天辺に北条が立つ。その為には源氏の力がいるんだ。頼朝の力がどうしてもだ」

兄の胸の内を知った義時は、その思いを胸に秘めます。

その時、宗時に刺客の善児が!

北条の館に向かう宗時の後ろには、伊東の放った刺客・善児が。

後少しで北条の館というところで、宗時は背後から喉元を掻き切られ絶命します。

頼朝の挙兵を誰よりも望み、北条を引っ張ってきた宗時の生涯が、幕を閉じたのです。

さて、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を第1話からしっかり見たい方はNHKオンデマンドです。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)ですが、U-NEXTを経由すると、31日間の無料体験があります。

先ずは無料で視聴してみて下さい。

大河ドラマをもう一度見るなら「U-NEXT」経由の「NHKオンデマンド」。

鎌倉殿の13人第5話「兄との約束」の感想。

いやいやいやいや、驚きました!まさかこんなに早く宗時が死んでしまうとは!

一体どれだけ豪華な役者の使い方なのだと驚きつつ、ストーリーの展開にも目を見張るものがあります。

伊豆の田舎でのんびりと暮らしていた若者が、本人に意図しないところで政治の中央、戦の中央に引っ張り出されていきます。

憎き敵方を討つと言うのはどういうことなのか、首を取るとはどういうことなのか。

死んでいった仲間達の命を背負って進むとはどういうことなのか。

あの時代に生きた人々の想い・葛藤・憤り・喜び、様々な感情を乗せて「いざ、鎌倉へ」。

吉見の首をとった時政が義時に向かって言った一言は・・・。

「これで終わりじゃねぇぞ。始まったばかりだ」始まったばかりの義時の物語から目が離せません。

視聴者の感想。

まとめ。

次週は第六回「悪い知らせ」。

いよいよ源氏の棟梁・武田信義(八嶋智人)が登場します。八嶋さんも三谷作品には欠かせない役者の一人です。

「頼朝を助けるつもりはないが、北条は助けてやっても良いぞ」という信義の揺さぶりに、時政達はどう出るのでしょうか。

さらに宗時の死を、義時たちがいつ知るのかも気になります。

一方、伊豆山権現で寺女として身を隠していた政子たちの前に、八重が姿を現すという波乱の展開。こちらはこちらで女の争いが始まりそうな予感。

現状では、頼りなくとても鎌倉幕府を開けそうな兆しが見えない頼朝始め、頼朝軍の面々がどう動いていくのか。

注目の次回になりそうです!

 今週の「鎌倉殿の13人」はいかがでしたか?

小栗ファンや新垣ファンの皆さんは、すでにアマゾンプライムビデオの「NHKオンデマンド」で視聴していると思います。

ドラ子
ドラ子

でも、登録方法が分からない?そんな大河ファンは、 「鎌倉殿の13人」の視聴方法で確認して下さい。

さて、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を第1話からしっかり見たい方はNHKオンデマンドです。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)ですが、U-NEXTを経由すると、31日間の無料体験があります。

先ずは無料で視聴してみて下さい。

大河ドラマをもう一度見るなら「U-NEXT」経由の「NHKオンデマンド」。

タイトルとURLをコピーしました