「鎌倉殿の13人」第19話「果たせぬ凱旋」ついに義経逃亡。
スポンサーリンク

石橋静河が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャスト静御前とは?

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

石橋静河が2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは「静御前」。

静御前は、源平合戦の英雄・源義経の愛妾(あいしょう)とされる人物です。

石橋さんは大河ドラマ初出演です。

石川静河さんといえば、どのような役でも独特の存在感を放つ、今注目の女優の一人です。

また、石橋さん演じる静御前は、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した源義経と関わりの深い人物として知られています。

ですが、どのような女性だったのかあまり知らないという方も多いのではないのでしょうか。

ここでは、静御前の人物像と、石川静河さんのプロフィールや人物像について紹介します。

スポンサーリンク

石橋静河が「鎌倉殿の13人」で演じる静御前とは?

静御前は、鎌倉初期の女性で、義経の愛妾として知られる人物です。

また、白拍子という、貴族や皇族の屋敷などで男装に身を包み舞を歌いながら披露する舞妓としての活躍も語られています。

そんな中、静御前の生涯については不明な点も多く、謎多き人物としても知られています。

静御前と義経との出会い。

義経との出会いは、京の都で雨乞いの舞を舞う静御前を見た義経の一目惚れだったと伝えられています。

義経と出会ってからは義経に深く愛されます。

京にて頼朝の刺客に義経が襲われた際には、静御前が刺客から義経を守るなど、相思相愛の関係を築いていたようです。

そんな二人ですが、義経が京から九州に向かう為に出した船が、暴風雨に巻き込まれる事件が起きます。

その後、同乗していた静御前共々、義経らはその頃敵対していた頼朝の追手に追われてしまうことになります。

二人はここで別々の道を行くことになり、義経は吉野山に身を隠し、静御前は京に戻るよう義経に命じられます。

静御前は鎌倉へ

しかし静御前は道中で捕まり、頼朝のいる鎌倉に送られてしまいます。

舞の評判が高かった静御前は頼朝の前で舞うよう命じられますが、既に義経の子を身ごもっていたことも相まってか、その誘いを断り続けます。

その義経と静御前の子供については、頼朝に「男なら殺す」と命じられており、結果生まれてきた男児は由比ヶ浜に流されてしまいます。

その後、静御前は京に返されますが、消息は不明となっています。

静御前に関してはまだ謎が多いですが、「鎌倉殿の13人」では三谷幸喜脚本によって静御前がどのように描かれていくのかが楽しみですね。

静御前と義経の正妻・里とのバトル。

「鎌倉殿の13人」では、三浦透子さん演じる義経の正妻・里との”女の争い”が今後の見どころの一つとして紹介されています。

石橋さんは「女同士の戦いが強烈かつコミカルに描かれていて、カットがかかると二人でつい笑ってしまうようなそんな明るい時間でした」とも語っています。

テンポの良い掛け合いによる演技合戦に期待大ですね。

静御前は17話「助命と宿命」で登場。

静御前に見惚れ、目を見開く義経の姿。

静御前は義経を虜にした都随一の白拍子です。(しらびょうし=鎌倉時代に盛行した歌舞、その歌舞を演じた舞女)。

演じる石橋静河のコメント:キャスト発表時

「静御前の人生について勉強する中で、凛とした強さやしたたかさがありながら、ウソのつけないとても正直な女性だったのだろうと思いました。

静御前は伝説の人という印象で、自分に務まるのかと不安になりましたが、1000年近く前に同じ名前の女性が懸命に生きていたのだと思うと、

彼女の内面の美しさをしっかり表現したい、と自分の中から力が湧いてくる感じがしました」

さて、17話で義経を虜にする白拍子・静御前に大注目です。

スポンサーリンク

石橋静河の大河ドラマと朝ドラの出演作。

石橋静河さんの大河ドラマと朝ドラの出演歴を見ていきましょう

大河ドラマは初出演

石橋静河さんの大河ドラマ出演歴はありませんでした。

つまりはこの「鎌倉殿の13人」が石橋さんにとって大河ドラマ初出演ということになりますね。

石橋さんは出演にあたり「彼女(静御前)の内面の美しさをしっかりと表現したい」と、気合十分で撮影に臨まれたそうです。

「鎌倉殿の13人」での活躍に期待します。

朝ドラ出演は「半分、青い。」

2018年:「半分、青い。」

石橋さんは2018年の朝ドラ「半分、青い。」に 萩尾(旧姓 : 日野) より子役で出演しています。

2018年に放送された朝ドラ「半分、青い。」は、主演を永野芽郁さんが務めたことや、北川悦吏子さんの脚本でも注目を集めた話題作です。

石橋さん演じる萩尾より子は、佐藤健さん演じる萩尾律の嫁として、颯爽と登場します。

元々律は永野芽郁さん演じるヒロイン・鈴愛にプロポーズをしており、視聴者の間でも鈴愛と律が結婚すると考えられていたため、より子の突然の登場には全視聴者が驚かされました。

そんな、鈴愛にとっても、視聴者にとっても気になる存在を演じていたのが石橋さんです。

出演時間はあまり多くなかったものの、視聴者に大きなインパクトを与えました。

また朝ドラでの活躍を見てみたいですね。

石橋静河ってどんな人

石橋静河さんの人物像について見ていきましょう。

石橋静河のプロフィール。

石橋静河さんは女優としての活躍の他に、ダンサーとしての一面も持ち合わせています。

生年月日: 1994年7月8日
出身地:東京都
身長:163 cm
家族: 石橋凌(父) 原田美枝子(母) 優河(姉)
事務所:Plage

石橋さんは4歳の頃からバレエを習っており、15歳で海外にバレエ留学もしています。

当時はプロのバレエダンサーを志していたそうで、朝の9時から夜の6時までぶっ通しで練習していたそうです。

その中でコンテンポラリーダンスと出会い、カナダでの留学ではバレエからコンテンポラリーダンスに傾倒します。

石橋さんはバレエと比べて、コンテンポラリーダンスが持つ理屈や言葉にできない面白さに惹かれて、コンテンポラリーダンスの道に進んだとのことです。

石橋さんは自分の表現や感性、アート感覚を大事に持っている方なのかもしれませんね。

石橋静河の女優業。

2015年に芝居の世界に足を踏み入れてからは、その自然体の演技と抜群の存在感で着実に活動の幅を広げていきました。

そして、先述した2017年の朝ドラ「半分、青い。」にてブレイクしました。

今では替えのきかない独自の地位を確立しており、今後も話題作への出演も増えることでしょう。

「鎌倉殿の13人」での石橋静河さんの活躍にも期待です。

石橋静河が出演する映画一選

石橋静河さんの数ある出演映画の中で特におすすめの映画を1作紹介します。

2017年に公開された映画「映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ」は、石橋静河さんの初主演映画です。

池松壮亮さんとW主演を務めた本作にて、石川さんは多くの新人賞を総なめし、その演技で多くの人の心をつかみました。

最果タヒさんの詩集「夜空はいつでも最高密度の青空だ」が原作の本作は、石井裕也監督・脚本による東京を舞台にした一組の男女のラブストーリーとなっています。

若い男女の歪で不安定ながら、淡く美しい恋模様を描いた作品となっているので、興味のある方は是非一度チェックしてみてくださいね。

まとめ。

石橋静河さんと、石橋さんが「鎌倉殿の13人」で演じる静御前を紹介しました。

“しずか”繋がりでどこか縁を感じる石橋さんと静御前ですが、「鎌倉殿の13人」ではどのような活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました