「青天を衝け」で上白石萌音はキャスト篤姫(天璋院)を演じる。
スポンサードリンク
スポンサーリンク
Pocket

2021年2月14日から放送する大河ドラマ「青天を衝け」で上白石萌音さんはキャスト篤姫(天璋院)を演じます。

「青天を衝け」の上白石萌音さんのキャスト篤姫はとってもかわいい篤姫になるでしょう。

上白石萌音さんは、2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は」の主人公・宮水三葉の声優を務めました。

男女が入れ替わる声優を見事に演じましたね。

篤姫を題材にした大河ドラマは2008年に放送したズバリ「篤姫」。1年の所帯平均視聴率は24.5%でした。

前回の「麒麟がくる」は14.4%でしたので驚異的な数値ですよね。

令和以前の20年ではトップの視聴率です。「宮崎あおいさんの篤姫」は美しも切ないとても素敵な篤姫でした。

2018年の「西郷どん」でも北川景子さんが演じる「弱さの篤姫」が魅力的でした。

さて、篤姫は江戸幕府13代将軍徳川家定の妻です。将軍の妻になる篤姫(天璋院)はいつ登場するのか?

それでは「青天を衝け」の篤姫と、演じる上白石萌音さんの魅力を紹介します。

「青天を衝け」で上白石萌音はキャスト篤姫(天璋院)を演じる。

2008年の「篤姫」以来、天璋院篤姫といえば笑顔が魅力的な宮崎あおいさんというイメージですよね。

その時の篤姫は父親である島津斉彬の政治力を強めるため家定に輿入れしたという設定です。

うつけ者に見えて実は切れ者である家定に惹かれ、やがて家定が次期将軍として勧める家茂を後見役として支える決意をします。

(フィクションですけれど)

青天を衝けの篤姫は、最初から斉彬の密命「慶喜を次期将軍とせよ」という密命を承って輿入れします。

ですから、家定とは史実通り、つかず離れずの間柄で行くのだと思われます。

しかし篤姫はやがて、薩摩をはじめとする討幕側ではなく、幕府方の人間として生きることになるわけです。

幕府側になった篤姫の心境の変化を「上白石萌音」さんがどう演じるのでしょうか?

「青天を衝け」で上白石萌音はキャスト篤姫(天璋院)を演じる。その登場シーン。

関連記事

青天を衝け第10話「栄一、志士になる」のあらすじと感想。

第10話は京から嫁入りする和宮の話です。

和宮を迎えるのは14代将軍家茂で、天璋院は家茂に同じ嫁入りという立場の話をします。

13代将軍家定は天璋院(篤姫)をやさしく迎えてくれた話しです。

「青天を衝け」のキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」の芸能界以前は?

上白石萌音さんは1998年1月27日、篤姫と同じ鹿児島県の生まれです。

子供のころから歌ったり踊ったりするのが大好きで、小学校1年からミュージカルアカデミーに通っていました。

「青天を衝け」でキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」の大学は?

  • 小学校:鹿児島市皇徳寺小学校。この期間に父の影響でメキシコに住んでいたこともあるようです。
  • 中学校:鹿児島市立皇徳寺中学校。この時にシンデレラオーディションに参加し、女優として本格的に活動し始めたようです。
  • 高校:実践学園高等学校。上京してから後の高校生活のようです。
  • 大学:明治大学。芸能活動の傍らしっかりと通っているようです。

「青天を衝け」でキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」の父の仕事は?

父親は社会科の教師であり、メキシコの日本人学校の教師を務めたこともあったそうです。

また母親も音楽教師の経験を持っています。

娘に「萌音(もね)」という名前を付けたのは、外国のクロード・モネと同じ呼び方です。

名前が覚えやすいということから母から「音楽が好きになってほしい」という願いもあり名付けたそうです。

「青天を衝け」でキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」デビューのきっかけは?

中学1年の時、「東宝”シンデレラ”オーディション」で特別賞を受賞した後、本格的に女優デビューします。

実は上白石萌音のテレビドラマデビューは2011年NHK大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」最終回なのです。

その一方で2012年にはミュージカル「王様と私」でもデビューし、鹿児島と東京を往復しながら好きな歌と踊りを披露していくのです。

「青天を衝け」でキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」の代表的な作品(芸歴)

2014年の初デビュー映画『舞妓はレディ』で800人のオーディションから選ばれて初主演します。

ミュージカル仕立てのこの映画を歌も演技もこなし、監督から「平成のオードリー・ヘップバーン」と呼ばれるようになります。

この映画で第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などをはじめ、数々の賞を受賞します。

歌うことが好きなだけあって歌手としてのキャリアもあり、先ほどの「舞子はレディ」の主題歌を役名・小春名義でリリースしています。

その他に、高橋留美子原作のアニメ「境界のRINNE」ではED曲「パズル」を熱唱しております。

2018年映画「羊と鋼の森」では妹の上白石萌歌さんと共演を果たしています。

テレビドラマの代表作は、上白石萌音が初めて主演を務めた2020年TBSの「恋はつづくよどこまでも」の主人公・佐倉七瀬役が筆頭でしょう。

声優としては2012年の「おおかみこどもの雨と雪」や2016年の「君の名は。」の主人公・宮水三葉などを演じております。

宮水三葉はもう1人の主人公「立花龍」と人格だけが定期的に入れ替わりますよね。男の人格も上白石萌音さんはよく演じております。

「青天を衝け」でキャスト篤姫を演じる「上白石萌音」のNHK大河ドラマ出演暦

2011年「江~姫たちの戦国」では徳川家光の妹である和子(東福門院)を最終回だけですが演じております。

2018年「西郷どん」では、西郷隆盛の弟である従道の妻・清として登場。出番はわずかながら夫を支える妻を演じております。

2021年「青天を衝け」で3回目の大河ドラマ出演となります。

 

さて、「青天を衝け」を見逃してしまった。録画も忘れてしまった。

そんな方は31日間【無料トライアル】「U-NEXT」でお楽しみ下さい。

「青天を衝け」で上白石萌音が演じるキャスト篤姫(天璋院)とは?

篤姫は薩摩藩島津家の一族である島津忠剛を父に、お幸を母として1836年2月5日に生まれております。

当初の名は『於一(おかつ)』。

1853年に島津の一族ということも相まって、いとこである島津斉彬の養女となり、「篤子(あつこ)」と名乗ります。

1856年、斉彬の政治力を強めるために右大臣・近衛忠煕の養女となって自身の格を高めた後、11月に徳川幕府13代将軍・家定に輿入れします。

しかし家定は病弱であることもあって、2人の間に子はできず、徳川慶福(家茂)と一橋慶喜のどちらを後継者とするかの争いが起きました。

篤姫自身の本心はどちらを推していたのかわかりませんが、大奥は慶福(家茂)を後継ぎとして推していたようです。

「青天を衝け」で上白石萌音が演じるキャスト篤姫(天璋院)

1858年8月14日に家定が急死すると、篤姫は出家して「天璋院(てんしょういん)」と名乗ります。

1862年に、公武合体政策によって孝明天皇の妹・和宮が家茂の妻として大奥に入ります。

嫁姑である天璋院と和宮(静寛院)は武家と公家の育ちの違いもあってか一時対立しましたが、のちに和解しています。

島津斉彬が家定後継ぎとして推薦していた慶喜と天璋院(篤姫)の仲も良くなかったようです。

家茂の死後、1866年に慶喜が大奥改革を行うと、天璋院と静寛院は協力して慶喜に反対しております。

やがて1867年に大政奉還しますよね。

その次に戊辰戦争が起こると、徳川将軍を守るために天璋院は静寛院とともに島津家や朝廷に、徳川家と慶喜の命を守るように嘆願しています。

江戸城無血開城の陰の立役者となり、その直後に大奥を退きました。

維新後は鹿児島県と名乗った薩摩藩からの支援を受けず、あくまで徳川家の人間として貧しいながらも悠々自適の生活を楽しみます。

ちなみに、日本人で初めてミシンを扱った人物でもあったようです。そして1883年11月20日、49歳で脳出血で亡くなります。

葬儀には1万人もの人間が参加したというのも、篤姫に人望があった証拠でしょう。

その遺体は徳川家菩提寺である上野・寛永寺にある夫・家定の墓の隣に埋葬されました。

「青天を衝け」で上白石萌音がキャスト篤姫(天璋院)を演じるのまとめ。

過去に大河ドラマに2回出演した上白石萌音さんが、篤姫の役を演じることになりました。

今回の主人公である渋沢栄一は、慶喜に気に入られて彼の家臣になりますよね。

篤姫は大奥改革に対する保守勢力として、栄一や慶喜の前に立ちはだかることになると思います。

薩摩藩(鹿児島県)の娘でありながら徳川家の人間として生きる決意をした篤姫に、今回はどのような心情変化が起きるのか。

そして、鹿児島県生まれの上白石萌音さんはどのようにその役を演じていくのか?

2021年大河ドラマ「青天を衝け」を楽しみましょう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク