2023年大河ドラマ「どうする家康」のキャスト一覧

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」のあらすじ(ネタバレ)と感想をお届けします。

遂に「鎌倉殿の13人」が終わりました。今までの伏線を回収しながら北条義時の壮絶な最期が描かれました。

先週は第47話「ある朝敵、ある演説」で、政子が坂東武者相手に戦いの演説を放しましたね。

最終話の第48話「報いの時」では、反目する北条義時を討ち取るため、義時追討の宣旨を出し、兵を挙げた後鳥羽上皇。

これに対し、政子の演説で奮起し、徹底抗戦を選ぶ幕府。大江広元や三善康信の忠言を聞き入れて速やかに京へ派兵することを決断します。

義時は泰時を総大将とし、平盛綱らが先発隊として向かい、時房らが続きます。そんな中、三浦義村は弟・胤義とまた怪しげな行動が…。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」のあらすじ(ネタバレ)

放送:12月18日
視聴率:12.7%(△0.8%)
承久3年(1221年)5月22日。

蝉の声が聞こえる、穏やかな雰囲気のなか、目を輝かせ熱心に吾妻鏡を読んでいる一人の青年がいました。

「いよいよ承久の乱の始まりか。ドキドキしてきた。一回落ち着こう」

そう言ってお茶を手にした瞬間、その中身を本に零してしま、慌てふためきます。

「ああ!どうしよう!」お茶と本を交互に見つめて困り果てる青年。後に坂東に幕府を開く事になる徳川家康、その人であったのです。

最終回のイントロは、2023年「どうする家康」の松本潤さんの家康が「吾妻鏡」の読書から登場させる異例中の異例でしたね。

さて、48話は泰時が先陣を切り、わずか17人の兵(泰時を入れて18名)を率いて東海道を京へと向かいます。

その途上、北条の覚悟に感じ取った周辺の御家人たちが、次々と軍勢に加わるのです。

鎌倉勢は泰時出陣の後、東山道と北陸道からも京へと進軍し、総勢19万もの兵力に膨れ上がっていきました。

北条義時と朝廷の“最終決戦”「承久の乱」は江戸幕府まで続く強固な武家政権樹立を決定づけたものになりました。

そして、北条義時は「承久の乱」の3年後にこの世を去っています。

さて、配信全盛時代となった昨今、特に若年層においてNHKプラス・NHKオンデマンドによる視聴が急増しています。

大河ファンのあなたは「鎌倉殿の13人」の何話がお好きですか?

義時の壮絶な最期を描いた最終話(48話)ですか?それとも・・・。

頼朝の火葬が行われ、新たな権力争いがスタートした第26話「悲しむ前に」ですか?

これ以降義時がダーク化していきますからね。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をもう一度視聴したい大河ファンはNHKオンデマンドです。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)ですが、U-NEXTを経由すると、1000円分のポイントが貰えるので実質無料です。

U-NEXTの詳細は大河ドラマをもう一度見るなら「U-NEXT」経由の「NHKオンデマンド」。

それとアマゾンをよく利用する方は、アマゾンプライムからでも登録できます。

アマゾンプライムの詳細はアマゾンプライムビデオで大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を視聴する。

先ずは無料で「鎌倉殿の13人」を視聴してみて下さい。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」その時、義時は。

全国に義時追討を命じた上皇と、それに徹底抗戦をする道を選んだ鎌倉。この国の成り立ちを根こそぎ変える戦いとなった承久の乱は、鎌倉側の勝利で幕を閉じました。

泰時の活躍ぶりに目を細める義時でしたが、それは同時に、これまでの歴史の中で初めて朝廷を裁くことになるのが義時であることも示していたのです。

鎌倉勝利

義時が勝ち戦に安堵したものの、その結果、朝廷を裁くという重責を担います。

義時は上皇を流罪にし、実質的に鎌倉が日本を支配する時代が始まりました。「私が次の帝を決めるのか」

そこから3年、変わらず鎌倉の為に手腕を奮う義時の体に異変が起きます。

のえが毒を盛っていた。

日に日に衰弱してく原因は毒。自分のことを少しも見てくれず、息子に家督を譲ろうとしない義時に腹を立てた妻ののえが毒を盛っていたのでした。

「死に際は大好きなお姉様に看取ってもらいなさい」そう毒づいて出ていくのえは、最後に驚愕の事実を言い残します。

「毒を手に入れて下さったのは貴方の無二の友、三浦平六殿。夫に死んで欲しいと相談を持ち掛けたら、すぐに用意してくださいました」。

菊地凛子が「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは北条義時の3人目の妻”のえ”。

義時は、義村を館に招く。

事実を知った義時は、義村を館に招きます「まあ、一杯やってくれ。のえが体に効く薬を用意してくれてな。それを酒に混ぜて飲むと美味い」そう言って酒を勧めます。

しかし、義村は理由をつけて口をつけようとはしません。

「飲めないわけでもあるのか」追い詰められた義村は、ついに盃を飲み干し、思いの丈を義時にぶつけます。

子どもの頃から何をやっても自分の方が勝っていた。それなのに自分よりも劣っているはずの義時が執権になり、自分は御家人にすぎない。

隠していた不満をぶちまけ「これだけ聞けば満足か」毒のせいでろれつがまわらなくなった義村に、義時は「よく、うちあけてくれた」と言い、礼に自分もあることを打ち明けると言います。

「これはただの酒だ。毒は入っておらん」。

義時の姿に全面的に負けを認めた義村は、これから先も泰時や次郎、時房らの北条を三浦が支えると約束するのでした。

山本耕史が「鎌倉殿の13人」で演じるキャスト三浦義村とは。

政子が義時の見舞いに。

養生に専念する義時の元に、政子が見舞いに訪れます。

「この先の人は、私たちの事をどう思うのか。あなたは上皇様を島流しにした大悪人。私は身内を追いやって尼将軍に登り詰めた稀代の悪女」

「でもそれでいいの。私達は頼朝様から鎌倉を受け継ぎ次へつないだ。これからは争いのない世の中になる」

そう話す政子に頷きながら、義時も今までを振り返るように話しはじめます。

小池栄子が2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャスト北条政子とは。

圧巻のラストシーン。

義時のつぶやき。

「頼朝様が亡くなってから血が流れ過ぎました。 何人が亡くなったのか」とつぶやきます。

「梶原殿、全成殿、比企殿、仁田殿、頼家様、畠山の重忠、稲毛殿、平賀殿、和田殿、仲章殿、実朝様、公暁殿、時元殿…これだけで13。そりゃ、顔も悪くなる」と。

この言葉で政子が気づくのです。

義時は病死と思い込ませていた源頼家の死の真相まで口にしてしまいました。

政子:「待って。どうして頼家も入っているの?  ダメよ、ウソつきは。あの子はどうやって死んだの」嘘つきは自分のついた嘘を覚えていないと

と切実な表情で訴えていました。そんな政子を見て義時は、事の次第と頼家の最期を包み隠さずに話しました。

全てを話し終えた義時は、苦しそうに体を震わせます

義時:「私にはまだやらねばならないことがある」

と訴えます。

義時の最期の想いとは?

「私にはまだやらねばならないことがある」上皇の血を引く帝が返り咲こうとしている、なんとかしなくては」

と。その義時の言葉に、政子は驚きを隠せません。

「まだ手を汚すつもりですか」そういう政子に、義時は答えます。

「この世の怒りと呪いの全て抱えて、私は地獄へ持っていく」と。

自分の名前が汚れた分だけ、息子である泰時の名前が輝くのだ、と言う義時に「そんなことをしなくても、太郎は新しい鎌倉を作ってくれるわ」と政子は諌めるように言います。

義時の願い。

義時は、「今日はすこぶる体がきつい。あそこに薬があります。取っていただけませんか」義時の願いを聞き、薬を持ってこようとした政子に、義時は言葉を続けていました。

政子は小瓶に入った薬を床に全て零しました。「淋しい思いはさせません。私もすぐそちらに行くわ」驚く義時ですが、すでに体は言う事を聞いてはくれません。

「まだ死ねない。まだ…!」這うように政子に近付き、床に零れた薬を啜ろうとしますが、その薬さえも、政子は袂で拭ってしまいます。

小栗旬が2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャスト北条義時とは?

義時の最期

死を覚悟した義時は、苦しい息の中、あるものを泰時に渡してほしいと願います。

それは、頼朝が元結の中に入れて大切にしていた小さな観音像でした。

「必ず、渡します」政子の言葉を聞くと、安心したように義時は「姉上…」と呟きました。

ゆっくりと呼吸が止まっていく義時の手を取り、政子は最後の言葉をかけます。

政子:「ご苦労様でした。小四郎…」

と語りかけました。

鎌倉という一つの時代を駆け抜けた北条義時。その義時に寄り添い、最後を見届けた政子のすすり泣く声を耳に、北条義時は生涯を終えたのでした。

政子は倒れ伏した義時の身体をさすりながらエンドロールが流れます。

そのエンドロールが流れる中で政子の嗚咽が聞こえたのは私だけではないと思います。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」その時、泰時は。

泰時が祖父・時政の妻・りくと会う。

りく殿は夫・北条時政と鎌倉を追放されて伊豆に流されていました。そして、時政から離れて京に戻っていました。

北条時房と泰時は久しぶりに京で生活しているりく殿に会うシーンでりく殿が泰時に向かって、

りく:「あんた、だれだっけ」

とツッコミと、

時房:「小四郎兄上の息子、太郎泰時です」

と紹介します。

りく:「しい様は?達者にしているの?」
時房:「伊豆からは戻ることはなく、9年ほど前に亡くなりました」
泰時:「最後はきっと幸せだったと思います。面倒をみてくれる女の人がいたので。若くてかわいくて気立てがよい方で。祖父のことをとても気遣ってくれました」
りく:「あの人はそういう所があるのよ、あれでも。なぜか女の人がほっておけないの」

と微笑みながらも目には涙がにじんでいました。

りく:「またどこかでお会いしましょう、ウフフ」

と、とても可愛い宮沢りえさんが演じる“りく殿”のシーンを演出してくれたことに感謝ですね。

宮沢りえが大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは”牧の方”りく。

泰時が鎌倉に戻る。

泰時は「この先はまたしばらく、私と叔父上(時房)は京へ戻り、西国に目を光らせたいと思う」と集まった集まった時房、泰時、朝時そして、妻の初に明かします。

妻に、体が弱りつつある父・義時のことを頼むと、「いいか皆、もはや朝廷を頼る世ではない。これからは武士を中心とした政の形を長く続くものにする」

と言い、後に御成敗式目を完成させその後100年武士が政を担う鎌倉幕府が続くのです。

坂口健太郎が「鎌倉殿の13人」で演じるキャスト北条頼時(泰時)はいつから登場する?

泰時の御成敗式目。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」その時、政子は。

政子の総集がエンディングの義時の最期のシーンで描かれていました。

姉として弟・義時を労(ねぎら)いますが、頼家の母として許すことはできなかったのでしょう。

義時は弟として姉を慕い、弟として納得しての最期だったと思います。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」その時、後鳥羽上皇は。

鎌倉殿の13人のまとめはこちら
大河ドラマ2022年「鎌倉殿の13人」のあらすじ(ネタバレ)と感想の一覧。

「鎌倉殿の13人」第48話「報いの時」の感想。

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、ついに最終第48話でしたね。見終わってしばらく、何も言えないくらいの圧巻のラストシーン。

「鎌倉殿」とは、頼朝でも、頼家でも、実朝でもなく…頼朝と共に乱世を生き、その意志を継いで生き抜いてきた義時のことだったのですね。

1年をかけて、北条義時という武将を通してその壮絶な生き様を見る事ができました。

ラスト、画面が真っ黒になることで義時の目には何も映らなくって、その耳に聞こえるのが政子のすすり泣く声。

ただ哀しいだけの泣き声ではなく、弟への愛情が伝わる泣き声に、握ってくれている手の温度まで伝わるようです。

最後の最後に、義時も報われたのかなぁと思いました。

政子を呼ぶ義時の声が、昔の小四郎のそれであったように聞こえて涙腺崩壊でした。

歴史上の史実を忠実に描くというよりは、その時代に生きた人々の心情を中心に描いた「鎌倉殿の13人」。

今までにない大河であり、「見事!」としか言いようのない作品だったのではないでしょうか。

三谷幸喜さん、演者の皆様、素晴らしい作品をありがとうございました!

視聴者の感想。

まとめ。

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が終了しました。三谷幸喜脚本は本当に素晴らしく史実であろう「吾妻鏡」の描き方が凄かったですね。

さて、2023年の大河ドラマは「どうする家康」です。大河らしく戦国時代の室町時代後期から江戸時代までを描いています。

「鎌倉殿の13人」からバトンを受け取ったのは、「どうする家康」。年明け、1月8日からの放送ですね。

次作の主人公本人が現放送の作品に登場するという大河でも初めての試みでの引継ぎとなりました。

実は、この案を出したのは北条義時役の小栗旬さんだそうです。

小栗さんから三谷さんに話しがいき、そこから「どうする家康」の脚本家である古沢さんに話しが行って実現したのだそう。

冒頭部分は古沢さんが書き下ろしたそうですよ。

最高の形でバトンを受け取った「どうする家康」も、今までの家康とはどうやら違う描かれ方をする様子。

2023年も大河ドラマから目が離せません!

脚本はいま最も期待されている古沢良太が新たな視点で描く大河ドラマです。

タイトルとURLをコピーしました