12月4日の放送は第46話「将軍になった女」です。いよいよ最終章、承久の乱へ

「鎌倉殿の13人」第26話「悲しむ前に」のあらすじ(ネタバレ)と感想。

2022年鎌倉殿の13人
Pocket

「鎌倉殿の13人」第26話は「悲しむ前に」です。そのあらすじ(ネタバレ)と感想をお届けします。

25話のエンディングで頼朝は鎌倉へ戻る途中で落馬し意識がなくなります。

源頼朝の容体を心配する政子や安達盛長が涙に暮れていました。

そんな中、義時は先を見据え、大江広元らと頼朝の嫡男・頼家を次の鎌倉殿とする新体制作りを始めます。

しかし、比企能員の力が増すことを嫌う「りく」が、夫・北条時政をたきつけてこの流れに対抗します。

鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻り父・頼朝の容体を知らされた頼家の行動とは・・・。

「鎌倉殿の13人」第26話「悲しむ前に」のあらすじ(ネタバレ)。義時の行動。

放送:7月3日
視聴率:12.9%(△0.7%)

建久9年(1198年)12月末。

頼朝は御所に運ばれ、安らかに眠っています。しかし医師の見立てはとても厳しく、もって後数日とのことでした。

「神仏がこぞってお助けしても持ってあと数日」

頼朝の命が尽きようとしている中、義時らは次の政(まつりごと)の形を定める為に動き始めます。

頼朝の命とともに鎌倉殿の権威が消えることを知っている人々は、頼朝の命が尽きる前にその権威を手中に収めようと画策を始めました。

頼朝が治めたはずの鎌倉が、今また暴れ始めたのです。

義時が動く。

義時は頼朝は助からないことを知ります。そして、義時は迅速に動くのです。

最初の動きは、梶原景時と畠山重忠に事実と真実を告げます。

義時はこの二人を信頼できる人物だと見込んでいたのでしょう。

次は比企能員でした。

頼朝の嫡男・頼家の乳母夫である能員に伝えないわけにはいきません。義時の正妻・比奈は能員の姪ですからね。

三番目に報告したのは、頼家が跡を継ぐために必要な手筈を知るために相談した次の面々です。

大江広元や中原親能、三善康信に手筈を聞き、三浦義村にも相談しました。

頼朝のために動く義時には悲しむ暇もなく一人になり、腰を下ろしたときには疲れ切った様子が伝わってきました。

義時の願い。

父・時政は頼朝の異母兄である阿野全成を二代目鎌倉殿にするつもりです。

新納慎也が「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは阿野全成。全成は義経の同母兄。

時政は御台所を北条から出したいと口にした時、義時は「それは父上のお考えですか」と聞くシーンがありました。

その声色と表情には今までの義時にはなかった強い緊張感がありました。

義時は決して北条が栄えることを望んでいないわけではないのですが、義時の願いは頼朝が築き上げた鎌倉の安泰でした。

だからこそ、北条と比企の競い合いによって鎌倉が2つに割れることだけは避けたいと願っていたのです。

頼朝が亡くなった後も、義時の忠誠心は頼朝の下にあったのです。

「悲しむ前に」やるべきことを果たす、それが頼朝に身を捧げてきた自身の最後の仕事だと考えていたのでしょう。

義時の行動。

頼朝の最期が近付いてくるのに歩みを合わせるように、義時は頼家を次の鎌倉殿にするため朝廷への根回しを進めます。

同時に頼朝の崩御に備え、八田に荼毘の手筈を整えるように命をくだしました。

更に比企と北条の争いが激しくなることも予見した義時は、、、

盟友である三浦義村に源氏の直流であるつつじと頼家の間に男児が生まれたら三浦の家から乳母を出して欲しいと長い出ます。

「鎌倉殿の13人」で山本耕史が演じるキャストは三浦義村。義時の盟友。

そうすることで比企と北条の間に立ってもらおうと考えたのです。

その頃、やっと頼家が鷹狩から戻ってきました。

頼家は、朝廷への文書が完成するまでは御家人には病状を伏せておいた方が良いという義時の意見を一蹴し、現状を御家人たちに伝えるよう指示をくだします。

御家人たちが混乱を極める中、義時は臨終出家など淡々と頼朝の崩御に向けて準備を整えます。

義時の決意、頼朝が崩御。

政子のかいがいしい看護も実らず、頼朝は崩御し荼毘に付されました。

同時に御家人たちは、次の鎌倉殿を全成にするか頼家にするかでもめにもめ始めます。

しかし、義時が「我らの誰にも決める事は出来ませぬ。後は御台所のお裁きに委ねるしかございませぬ」と一喝しました。

政には口を出すなと頼朝にきつく言われていた政子は断りますが、義時はそれを許しません。

「これからは、姉上のご沙汰で事が動く事が多々ございましょう。そういうお立場になられたのです。

好むと好まざるとに関わらず。哀しむのは先にとっておきましょう」

義時の言葉を受け、政子は頼家を鎌倉殿にし、支え続ける決意をします。

小池栄子が「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは北条政子。政子は頼朝の妻。

義時の決意、時政とりくそして実衣の反乱。

時政とりくは比企の肩を持ったと政子と義時を責めます。

義時は「北条あっての鎌倉ではなく、鎌倉あっての北条」鎌倉が栄えてこそ北条も栄えるのだと説得しますが、二人は聞く耳を持ちません。

政子も、全成に頼家を支えて欲しいと懇願しますが、実衣がそれを冷ややかにあしらいます。

「御台所の座を明け渡したくなかっただけでしょう」と。

なんとしても比企を引きずり下ろしたい「りく」は時政に新たな策を話します。

宮沢りえが大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じるキャストは”牧の方”りく。

「頼家は頼朝に似ずに気性が荒く、そして頼朝に似て女癖が悪い。いずれ必ずどこかでぼろがでる」ぼろがでないのならば「そうし向けるだけの事」と。

義時が安堵した頼時(太郎)の言葉。

義時が素直に悲しみに暮れることができたのは、火葬を終えた広場に佇んでいるときだったと思います。

嫡男の太郎がやってきて、頼朝の落馬の真相について推測したとき、義時はようやく穏やかな表情を浮かべるのです。

頼朝が落馬で命を落としたことに疑念を感じていた太郎は、自分なりの考えを義時に話しました。

頼朝の着衣は肩のあたりが汚れていたことから、頼朝は落馬したのではなく、先に気を失って肩から落ちたのではないか、と。

「決して振り落とされたわけではありませぬ」真相を見抜いた息子を、義時は讃え、これで自分の仕事は全て終わったと鎌倉を去る決意をしました。

坂口健太郎が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる北条頼時(泰時)とは?

義時の手に渡った小さな観音像。

義時は、

「私は頼朝様のためにこの身を捧げて参りました。頼朝様が亡くなった今ここにいる意味はありません。

頼朝様に憂いなく旅立っていただく事が私の最期の仕事と思っておりました」

そう政子に伝え、伊豆へ帰ることを告げた義時を政子は許しませんでした。

義時に言われて腹をくくったのに、全てを私に押し付け自分だけ逃げるなんて卑怯だと非難します。

「これまで頼朝様を支えてきたように、これからは私を支えてください」そう懇願し、政子は義時にあるものを手渡します。

それは、頼朝が生前元結の中に入れ、大切にしてきた小さな観音像。

「鎌倉を見捨てないで。頼朝様を、頼家を」その言葉を聞いた義時は、小さな観音像を握り締め、決意に満ちた目で政子を見るのでした。

小栗旬が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる北条義時とは?

さて、大河ファンのあなたは「鎌倉殿の13人」の何話が好きですか?

頼朝の火葬が行われ、新たな権力争いがスタートした第26話「悲しむ前に」ですか?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した大河ファンはNHKオンデマンドです。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)ですが、U-NEXTを経由すると、31日間の無料体験があります。

公式⇒無料トライアル実施中!<U-NEXT>

先ずは無料で視聴してみて下さい。

詳細⇒大河ドラマをもう一度見るなら「U-NEXT」経由の「NHKオンデマンド」。

「鎌倉殿の13人」のあらすじ(ネタバレ)。ライバル能員と時政の対立。

次の鎌倉殿の座をめぐって時政と能員が対立します。義時が「御台所のお裁きに委ねるしかない」と言ってその場を鎮めます。

頼朝が助からないと知った時政の妻・りくは、今こそが比企の一族を引きずり下ろす好機だと時政を焚きつけます。

「この鎌倉は、あなたが御造りになったのです。あなたがいなければ頼朝様は挙兵できなかった。人に盗られてはなりません」

その言葉に納得した時政は、りくの知恵を借りて頼朝の弟・全成を次の鎌倉殿にたてようと動き始めるのです。

時政は、渋る全成を解き伏せ、実衣には「全成が跡を継いでくれれば、お前は御台所だ」と甘い言葉を囁きます。

坂東彌十郎が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じる北条時政とは?

大泉頼朝の大河が終わりました。

エンディングで頼朝の観音像を手にし、力強く握るシーンは義時が姉・政子の願いを聞き頼朝の意思を継ぐ決意をした証でしょうか。

26話「悲しむ前に」では私欲が垣間見える時政と能員です。しかし義時は、鎌倉のため、頼朝のためという筋の通った信念がありました。

鎌倉殿の後家である政子に腹を括るよう説得する義時は「悲しむのは、先に取っておきましょう」とも言いました。

政子は伊豆で左殿にゾッコンだった頃の少女のような笑顔、頼家を支えていくと決意した時の凛とした母の表情!

本当に目が離せませんでした。

今後は御台所政子が鎌倉幕府の中心人物になると思いますが、義時自身にも言い聞かせてたようでもありました。

さて、さて今後の名場面も、今まで感動した場面も「NHKオンデマンド」でもう一度視聴しましょう。
「NHKオンデマンド(月額990円)」の「見逃し配信」はアマゾンプライムビデオ経由とU-NEXT経由があります。

アマゾンプライムビデオ(月額500円)経由の「NHKオンデマンド」は30日間無料です。
アマゾンプライムビデオで大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を視聴する。

U-NEXT(月額1200円)経由の「NHKオンデマンド」は31日間無料です。
U-NEXT経由で申し込むと「31日間の無料体験」ができるので先ずは無料でイッキ見。

登録も解約も簡単ですよ。 ぜひ「鎌倉殿の13人」を見逃したなら先ずは無料で視聴!

「鎌倉殿の13人」第26話「悲しむ前に」の感想。

頼朝の死で「そうか!今回の大河はここからが本筋なんだ!」と改めて感じてしまう程の長い頼朝パート、鎌倉殿の13人の序曲が終了しました。

いよいよ鎌倉の合議制がスタートするようですね。

脚本の三谷幸喜さんからは「以上で題名に即した舞台準備が整いましたので、これより皆さんお待ちかね、地獄のピタゴラスイッチを始めていきたいと思います」とのお言葉が!…え?!

まだ始まってなかったの?!今までも充分苦しかったり切なかったり面白かったりで大変だったのですけどー!!

早く27話が見たいところですが、来週(7月10日)は参院選のため放送はナシ。

「鎌倉殿の13人」ならぬ「永田町の248人」ですかね。冗談はさておき、楽しみに第27話「鎌倉殿と13人」を待ちましょう!

視聴者の感想。

まとめ。

いよいよ謀殺のバトンが頼朝から義時の手に渡ります。スタートは次回第27話「鎌倉殿と十三人」ですね。

その時の義時は八重のもとに食べ物や花を運び続けたあの明るい小四郎の笑顔は無くなってしまうのでしょう。

それが義時の運命なのかもしれません。

第26話「悲しむ前に」の終盤で義時は父・時政に「鎌倉あっての北条」と言います。

優しい北条のパパ時政も人が変わってしまうのでしょう。

鎌倉のために行動する義時の決意を感じる姿がとても印象的な第26話「悲しむ前に」でした。

さて、大河ファンのあなたは「鎌倉殿の13人」の何話が好きですか?

頼朝の火葬が行われ、新たな権力争いがスタートした第26話「悲しむ前に」ですか?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した大河ファンはNHKオンデマンドです。

NHKオンデマンドは月額990円(税込)ですが、U-NEXTを経由すると、31日間の無料体験があります。

公式⇒無料トライアル実施中!<U-NEXT>

先ずは無料で視聴してみて下さい。

詳細⇒大河ドラマをもう一度見るなら「U-NEXT」経由の「NHKオンデマンド」。

タイトルとURLをコピーしました